フォト
無料ブログはココログ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

« 南海羽倉崎駅 | トップページ | JR久米田駅 »

2023年10月11日

歩道上の休憩スペース

R26wakayama1 和歌山市内を歩いていたら歩道上に休憩スペースを見つけました。
 
ベンチですが、バス停でないことは車道側に植樹帯があるので分かっていただけると思います。
 
最近、歩き疲れた時に思うことがあります。
 
「道路上にベンチが少ない」と。
R26wakayama2 大阪だと歩道の幅員が無いところが多いので導入路線の設定そのものが難しそうですが、植樹帯のないブロックだけならスペースが無くても作れそうな気がします。
 
道路上に勝手にベンチを設置できないので、ここは道路の管理者が設置するしかありません。
 
写真は国道26号の歩道ですので国道管理事務所が設置したのでしょうが、都道府県道や市道なら担当部局がその気になれば設置できるはずです。
植樹帯の代わりに花壇として整備し、市民に貸花壇として貸し出せば、植樹帯の維持に費用をかけることなく道路の緑化もできたり、防災ベンチを設置し、非常時に対応できたりします。
幸か不幸か共同溝が進んでいないところが多いので共同溝工事と並行すれば防災とバリアフリーの同時進行ができて一石二鳥だと思うのですがいかがでしょうか?

« 南海羽倉崎駅 | トップページ | JR久米田駅 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 南海羽倉崎駅 | トップページ | JR久米田駅 »