フォト
無料ブログはココログ
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 歩道上の休憩スペース | トップページ | JPタワー大阪-第1章 »

2023年10月16日

JR久米田駅

R38kumeda1 2023年9月25日にJR阪和線久米田駅の西口が開業したので行ってみることにしました。
 
事前に調べたら、今まで和歌山方面行のホーム側にしか改札が無く、反対側へは跨線橋で連絡しており、跨線橋にはエレベーターでアクセスできるので一応、バリアフリー化はできていました。
 
実は久米田駅に行くのは初めてでしたのでついでにバリアフリーチェックもしてきました。
R38kumeda2 まず、今回の西口が開業したことにより、天王寺方面行ホームと写真の通路を経て改札につながり、スロープでに地上にアクセスします。
 
この通路の最寄りのドアは4両編成・6両編成とも前から2両目の真ん中のドアになります。
 
西口は基本的には駅員がいないので改札機そばにあるインターホンでやり取りをすることになります。
R38kumeda3 西口の点字運賃表と点字付き案内図です。
 
点字案内板を点字運賃表の隣に設置できそうですが、将来、自動券売機の増設に合わせてそのスペースを確保しているのでしょう。
 
ただ、当局が紙の乗車券を減らそうしているのにこれ以上増えるとは思えないのですが…
 
R38kumeda4 地上から改札まで12段の階段があります。
 
その分、高さがあるのでスロープも長くなりがちです。
 
こちらには送迎車のロータリーができたのでベンチで待つと言ったことができます。
 
スロープが長いのでそれを取り囲むスペースもそれなりにあるのでベンチがあるのはありがたいです。
ただ、車いす乗降スペースからスロープの乗降口と若干離れているのは残念です。R38kumeda5 天王寺方面行ホームから従来の東口に行くのは先述した通り、エレベーターを2回乗り、反対側に行きます。
 
この駅のエレベーターはOTIS製の11人乗りの通り抜けタイプのエレベーターにはなるのですが、90度方向を変える必要のある物です。
 
天王寺方面ホームでエレベーターに乗ると跨線橋では右に90度曲がって降ります。そして、和歌山方面行ホームに行くエレベーターは跨線橋、和歌山方面行ホーム、改札と3停止します。
R38kumeda6 このエレベーターの最寄りは先頭車両の前のドアにはなるのですが、狭くなるところなので先頭車両の後ろのドアが現実的にはいいのかもしれません。
 
個人的に電車の停止位置をあと180㎝前方にしてもらえるとエレベーターも西改札口も近くなるのでありがたいのですが…
 
跨線橋を経て改札階に行く場合、跨線橋で乗った場合、改札口では右に90度曲がることになります。
(ちなみに和歌山方面行ホームの場合乗った方と同じドアが開くので通りぬくに名なりません。)
R38kumeda9 そして、写真の通路を通って、東改札に行きます。
 
東口改札階のエレベーターを降りるとすぐにトイレがあります。
 
男女別トイレとは別にバリアフリートイレがあります。


 
R38kumeda7 バリアフリートイレはオストメイト装置と写真にはないですが、ベビーベッドがあります。
 





 
R38kumeda10 通路を進むと東口改札ですが、幅の広い改札なら手前にあるのでいいのですが有人改札を通るなら反対側になる上にホームからのスロープの途中になるので左側に傾く形で進むことになります。
 
ですので、有人改札を通るなら、ホーム階で降りてスロープを使う方がいいのかもしれません。

ただ、ひとつ問題なのはどちら側のホームもエレベーターの位置に屋根がないことです。晴れていたら問題ないのですが…
R38kumeda8先述の通り、和歌山方面行ホームと改札はスロープでもアクセスができます。
(ちなみに和歌山方面行ホームはエレベーターが1番後ろの車両の和歌山寄りのドア、スロープは後ろから2両目の和歌山寄りのドアが最寄のドアになります。)
 
今回、駅の西側の住民には便利になっただけでなく、西口を利用できることでエレベーターのかごの中で90度に曲がることができないシニアカーの方も使えるようになりました。

« 歩道上の休憩スペース | トップページ | JPタワー大阪-第1章 »

バリアフリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 歩道上の休憩スペース | トップページ | JPタワー大阪-第1章 »