2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

2021年10月23日 (土)

あいさいさんvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止で2021年開催分は2022年2月19・20日に延期されました。
Aisaisan1a もうイベント開催からもう2年経っているのですが、第76回目となる今回は愛西市のマスコットキャラクターであるあいさいさんです。
 
着ぐるみの姿を写真に収められなかったので愛西市のブースにあったPOPを撮りました。
 
愛西市は平成17年に当時の(愛知県)佐屋町・立田村・八開村・佐織町の2町2村が合併した市で、名前の通り、愛知県の西部にある市です。

旧・佐屋町と佐織町に鉄道路線が通っていることもあり、名鉄電車で通っていたことがありますし、先日、JRで蟹江駅まで行った時に隣の駅が永和駅があったのでここが愛西市にある駅だと知りましたが、降りたことはなく、文字通り「名前だけ知っている」街であります。

レンコンをモチーフにしているのかなと思ったのですが、プロフィールを見ると「愛西市のマスコットキャラクターを作成するにあたっては、ある一つの物(者)に特化することとせず、市全体のイメージにあい、明るいイメージで、市の発展につながるような親近感のある抽象的なものとして作成することとしました。」と書かれていました。

しかし、レンコンの特産地で、市の花がハスなのでどう考えてもレンコンをモチーフにしているだろうと疑っています。
別にレンコンをモチーフにしていいじゃないかと思うのは私だけではないはず。
特産物を知って、その街に関心を持ってもらうのも街のPRなのだから。

愛西市観光協会のHPであいさいさんテーマソングがあるのを発見して、歌っているのがナナ・イロを書かれているのを見て、どこかで聞いたことがあると思い調べたら、福井で活動している2人組のユニットで片方は愛西市出身みたいです。正直これには驚きました。
 
グッズ類はあるにはありますが、比較的他では見られないバンダナとエプロン以外はどこでもあるようなグッズですが、それでもあるだけでもありがたいです。
道の駅立田ふれあいの里の中にある観光協会で販売されているみたいです。
市のHPや観光協会のHPにあいさいさんが多数出ていて好感が持てました。

2021年10月20日 (水)

うずしおくんvol.1

鳴門駅前でバスを待っていた時のこと。
Uzushiokun1a 私が乗車しない1台のバスがやってきました。
鳴門市地域バスです。
バス車体である日野のポンチョをよく見たら…





 
Uzushiokun1b 鳴門市のマスコットであるうずしおくんがいました。
 
私が乗車するバスではないのでバスの車内には入れないので中をのぞき見をした程度になりますが、内装は特にうずしおくんはいませんでした。
 
気になって、鳴門市のHPを見たら10年程前に鳴門市バスから運行を路線によって民間委託になったり、民営バスに転換されたりですが、写真のバスの場合は前者になります。
 
うずしおくんと対になっているうずひめちゃんの姿は見られませんでした。

うずしおくんの好きなもののなかに砂糖をかけた赤飯というのがありますが、鳴門では砂糖をかけた赤飯が珍しくないそう。

一度、鳴門でこれを食べてみたいとBブログの作者は思ってしまうのでした。

 

2021年10月16日 (土)

せんとくんvol.3

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止で2021年開催分は2022年2月19・20日に延期されました。
Sentokun2c もうイベント開催からもう2年経っているのですが、第75回目となる今回は奈良県のマスコットキャラクターであるせんとくんです。

着ぐるみになった途端、筋肉質で色が濃くなったイメージのあるせんとくんです。

この写真だとあまり人だかりができていない様子ですが、この時も人気があってやっと1枚撮れた感じです。

府県レベルのゆるキャラだと知名度は関西一ではないでしょうか?
「ひこにゃんは?」と思われるかもしれませんが、彦根市のキャラで会って滋賀県のゆるキャラではありません。

関西の府県レベルのゆるキャラでお土産物屋さんで売っているのはせんとくんぐらいではないでしょうか?
それぐらい知名度があります。
Sentokun3a せんとくんの名刺もいただきました。

シンプルな図柄ではありますが、「奈良のキャラ」が良く分かるもので好感が持てます。

個人的には奈良県のキャラなので奈良市内だけでなく、県内の観光名所もせんとくんを通じて紹介するのも県のプロモーションになるのではないかと思います。

この名刺にも書かれているではありませんか。「奈良県観光プロモーション課」と。

コロナの影響を受けているのはせんとくんも例外ではなく、秋の行楽シーズンにもかかわらず、せんとくんの出番があまりありません。

ここで、よそを見習って動画の公開をすればいいと思います。
それで、県内のゆるキャラとコラボして県内各地を紹介することでプロモーションもできるのではないかと思います。

折角の知名度を活かしてほしいと思います。


2021年10月 9日 (土)

滝ノ道ゆずるvol.5

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止で2021年開催分は2022年2月19・20日に延期されました。
Takinomichiyuzuru5c もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第74回目となる今回は箕面市のマスコットキャラである滝ノ道ゆずるです。
 
滝ノ道ゆずるは今回で5回目の登場ですが、前回はもう2年以上も前になります。
(ご当地キャラ博in彦根のシリーズが長いのが原因ですが…)
 
着ぐるみの滝ノ道ゆずるを何度かお目にしていますが、こんなに至近距離で滝ノ道ゆずるに遭遇できるのは初めてです。
 
全国的にも有名なキャラと言うこともあり、まわりに人だかりです。

なので、撮れた写真はこれ1枚。しかも、終盤間近でした。
 
意外なのは人気キャラにもかかわらず、グッズ類の品目や販売場所が限られるところ。
 
もうすぐもみじの季節なのだから箕面駅から箕面の滝へ続いているお土産屋さんで売ってもよさそうなのに、これを見る限り、寂しい限りです。
 
コロナ禍で着ぐるみの登場も少なくなったので、ここは映像で露出を増やしてほしいものです。

2021年10月 6日 (水)

トキテツくんvol.3

Tokitetsukun3a Cブログで公開している通り、直江津D51レールパークに展示されていたトキテツくんのヘッドマークです。

鉄道会社のゆるキャラらしく、電車と朱鷺をモチーフにしています。

直江津駅から約2km離れたところに直江津港があり、ここから佐渡島に行くジェットフォイルが運行しています。(ただし、通年運航ではなく、GWから10月いっぱいまでの運行になります。)

佐渡島と言えば朱鷺の飼育をしているところで有名で会社名のトキめきも朱鷺とかけています。
本当ならここでトキテツくんグッズを購入したかったのですが、売っていなかったので展示していたヘッドマークを撮りました。

またトキテツくんのグッズが出ますように。
 

2021年10月 2日 (土)

ちょるるvol.2

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係あるのかどうかわかりませんが時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止で2021年開催分は2022年2月19・20日に延期されました。
Choruru1b もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第73回目となる今回は山口県PR本部長であるちょるるです。
 
いつもと違う格好でちょるるが登場しました。
 
これがハロウィンの仮装ならわかるのですが、どう見ても正装なのでこれがハロウィン向けなのかどうかわかりかねます。

実はちょるるの写真を撮れたのはこれ1枚。イベントも終盤近くなってやっと撮れた1枚でした。

写真お出来が悪かったらお蔵入り間違いなしでした。
(実際、お蔵入りになったキャラがいます。)

幸か不幸か横顔しか取れなかったので頭の立体感が良く出ています。
平面では分からなかった部分であります。

頭が「山」、顔が「口」を示している分かりやすいキャラで名前も「~ちょる」と山口弁の語尾に使われる単語からということでオール山口といったキャラです。
Choruru3a ちょるるが来たときに係員からちょるるの名刺を貰いました。
 
このイベントの時にいくつか貰いました。
 
手軽に配布出来るので配布するお財布にやさしい記念品です。
とは言え、貰う方も非売品と言うこともあり、希少価値があります。

グッズ類も結構変わったものがあります。
特に食品のパッケージに使われているものは他にないものがあり、瓦そばなんて他にはお目にかかれないでしょう。麦茶パックとかウインナーもよそでもできそうですが見たことがありません。
名刺もあるのですが、山口県内の企業でないと知名度がネックになります。
作ったら面白いかもしれませんが…
個人的に10月10日に下関に行こうと思っていましたが、イベントが無くなったので下関行きも無くなってしまいました。残念。
どこかでリベンジしたいと思います。
待っててねちょるる。

2021年9月25日 (土)

ぐんまちゃんvol.2

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止でした。
Gunmachan1b_20210924080601 もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第72回目となる今回は群馬県宣伝部長であるぐんまちゃんです。
 
有名なキャラなので説明不要ですが、知らないうちにアニメ放送まで開始するようです。
(10月からの1クールかな?)
 
群馬県と言えば草津温泉ぐらいしか思い浮かびませんが、昔、横川駅で「峠の釜めし」を購入した記憶があります。
 
スケジュールを見ると延期の文字が多いですが、施設訪問という文字が目立ちます。
 
全国的に知名度はあっても地道に頑張っているぐんまちゃんに好感が持てます。
群馬のキャラなので、なかなか会うができません。

前回紹介した時は徳島で今回は彦根で大阪からも結構距離があります。
Gunmachan2a そして、この時にもらったのが非売品であろうシール。大の大人がもらいましたが、こどもにあげたら喜びそう。
 
ぐんまちゃんではなく、その隣に描かれているのは群馬県の名産品だと思うのですが、おっきりこみとかギンヒカリって何だろうと思います。
 
達磨は分かるのですが、こけしは宮城県のイメージしかありません。

こういうものからでも関心が湧くのでパンフ類の配布がPR活動になっているのだと思います。
グッズ類も人気キャラだけあって種類が豊富です。
私が使うことはないですが、赤ちゃんが使うよだれかけがあったり、ボーリングウェアがあったりとほかのキャラではなかなかお目にかかれないものがあります。
今度群馬県を訪れたときは何かグッズを購入したいです。

2021年9月21日 (火)

ぬーな&ジオまるvol.3

Nuunageomaru1a えちごトキめき鉄道えちご押上ひすい海岸駅上りホーム入口附近にあったぬーなとジオまるの路面シートです。
 
このブログではあまり登場していませんが、実際には意外と多くの自治体で路面シートに地元ゆるキャラを入れているケースを見かけます。
 
糸魚川も例外ではなく、糸魚川市直轄のキャラではないにも関わらずよく登場します。

ぬーなはよく見かけるデザインですが、ジオまるは右手を挙げている図は初めて見ました。
結構かわいいです。
 
このあと数キロ歩きましたがこの路面シートを見かけませんでした。
これから糸魚川市内の各所で見られるのかなと予想したりします。

2021年9月18日 (土)

しまねっこvol.4

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止でした。
Shimanekko3b もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第71回目となる今回は島根県観光キャラクターであるしまねっこです。
 
しまねっこはこのブログに登場して4回目になります。
 
係員に連れられて歩いているしまねっこです。
 
人気あるゆるキャラなのでしまねっこの周りには人だかりで撮影が難しかったです。
 
彦根で撮影しているのでひこにゃんとは同じ猫同士なので仲がいいのかもしれません。
実は着ぐるみしまねっことの遭遇率が高く、過去のブログにも登場していますし、お蔵入りになったネタもあります。
しかし、いずれも松江を含んだ島根県内で遭遇していません。
Shimanekko3c 実はこのイベントは街中を歩くだけではなくステージもありまして、しまねっこのステージもありました。
 
いろんなゆるキャラさんの撮影が多く、ステージをほとんど見ていませんが、運よくしまねっこのステージを見ることができました。
 
人が多く遠いところからの撮影だったので写真が薄くなっています。コンデジだと望遠機能が劣るのでこういう撮影には向いていません。
 
コロナでしまねっこと言えどイベントの出番が減っています。
インスタライブをやっているみたいなのでアカウントを持っている人は見に行ったらいいと思います。

2021年9月15日 (水)

やずぴょんvol.2

Yazupyon2b 若桜鉄道丹比(たんぴ)駅前に地元の観光マップがありました。
 
このマップの左端に何かキャラがいます。
 
このキャラは鳥取県は八頭町のゆるキャラであるやずぴょんです。
このブログに2年ほど前に登場しているので実ははじめましてではありません。
しかし、当時のブログの最後にこう記しています。
「今度はこの街の観光施設に行ってみようかなと思います。」
すみません。結果的には噓をつくことになりました。
Bブログで登場はしませんが、この街で昼食をとりましたし、隼駅にこの後行っています。
(隼駅にはライダーが来ていました。)
Yazupyon2a 先程のマップのゆるキャラの部分だけ写真に撮りました。
 
うさぎがモチーフである理由やライダースーツを着ている理由は前回書いた通りなので割愛しますが、今回注目してほしいのは、やずぴょんの耳です。
 
うさぎの耳にしてはどこか違和感がありますが、耳の形がY字になっています。
もちろん、YazuのYです。
以前、やずぴょんを採り上げたブログ公開の1週間後に住吉に来ていたらしい。
偶然とはいえ、ものすごくタイムリーに公開したと感じました。
しかし、着ぐるみやずぴょんに会えず終いです。
最近はイベントそのものが無くなっているので着ぐるみに会うのは困難で、会えなかったことを後悔しています。

«しらかわんvol.1