2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世vol.2 | トップページ | おおまぴょん vol.2 »

2020年2月29日 (土)

イヌナキンとゆるナキンvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
何十回続きますが、公開していこうと思います。
今回は関係のない話ですが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多かったです。
Inunakinyurunakin1a 第17回目となる今回は泉佐野市公式キャラであるイヌナキンです。

写真左がイヌナキンで、右がイヌナキンの分身であるゆるナキンです。

デザインはキン肉マンの作者であるゆでたまご

イヌナキンの公式HPにも書かれていますが、義犬伝説がきっかっけで犬鳴山と改名しています。
その犬鳴山から犬をモチーフとしたキャラになっています。
泉佐野と言えば、今や関空のイメージしかないですが、犬鳴山も泉佐野だったんですね。

泉佐野の公式キャラなので胸のマークは泉佐野市章です。

ゆるナキンの方はともかくイヌナキンはゆるキャラなのか疑問を持ちますが、泉佐野市当局がゆるキャラグランプリにも出場させて、2019年は2位に輝いているので問題ないのでしょう。
Yurunakin1a とは言え、ゆるキャラらしいのはゆるナキンの方なのでピンで写っている姿を取りました。

ゆるナキンの手を引いている方のTシャツを見てもイヌナキンではなくゆるナキンのデザインです。

グッズを見てもゆるナキンの方が多いのでグッズを作りやすいのかなと思います。
イヌナキンをSDキャラ化したらしっくりこなさそうだし。

胸の泉佐野市章はともかく、顔の「犬」は分かりやすいです。
今なら南海特急ラピートにイヌナキンがデザインされた車両が走っているので、時間を見計らって写真に収めようかな。


« ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世vol.2 | トップページ | おおまぴょん vol.2 »

着ぐるみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴィクトワール・シュヴァルブラン・村男III世vol.2 | トップページ | おおまぴょん vol.2 »