2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月30日 (土)

与一くんvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
何十回続きますが、公開していこうと思います。
今回は時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんでした。
Yoichikun1a 第30回目となる今回は大田原市観光協会のマスコットキャラである与一くんです。

与一くんは歴史上の人物である那須与一がモデル。

弓の名手で会った那須与一は源平の戦いの際、屋島で平氏の船にあげられた扇を射抜くという神業を披露した人物です。

平成の大合併後の高松市のマンホールのデザインが源平の戦いの与一の的であるため、高松のゆるキャラではないのかと首をかしげましたが、那須与一自身、大田原市で幼少期を過ごしているなら納得です。

大阪人である私はどうも東北新幹線の沿線になると地理感覚が疎くなりがちです。

与一くんの所属する大田原市観光協会のHPで大田原市のアクセスを見ました。
東北新幹線の那須塩原駅からバスで20分弱とあり、東北新幹線の停まるところではないと思っていましたが、在来線である東北本線(宇都宮線)で野崎駅だけが大田原市に含まれていますが、市の中心部は隣町にある那須塩原駅や西那須野駅の方が近いらしいです。

なので、通り過ぎるということ自体がなかなかなさそうなところになります。
(ちなみに東北自動車道も大田原市にICがないそうです。)
Yoichikun1b さて、与一くん。どこがハロウィンかと言いますと頭の上にある三角形の帽子です。

珍しくしゃがんだ与一くんを撮影。

先程の写真よりは帽子を確認しやすいのではないかと思います。

ちなみに地元のヒーローである那須与一のお墓も大田原市の玄性寺にあるそうです。

また、松尾芭蕉が奥の細道で訪れているので歴史散歩で大田原を訪れるのもいいかもしれません。
その時には与一くんグッズを手に入れようかなと思います。


2020年5月23日 (土)

ひやわんvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
何十回続きますが、公開していこうと思います。
今回は関係のない話ですが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多かったです。
Hiyawan1a_20200523115401
第29回目となる今回は名張地区まちづくり協議会のマスコットキャラのひやわんです。
ここでいう、名張地区と言うのは名張市の中にある名張地区を指します。
なので、名張市でもかなり限定したエリアになります。
名前の由来は名張にある狭い路地をひやわいと言うらしいのですが、そこにいる犬だからひやわんのようです。
Hiyawan1b_20200523115401 最初に見たときは「偽スヌーピー」と思いました。

能面顔だそうで、言われてみれば真由と目は能面のように見えます。

マントに描かれているのは星ではなく名張市の花である桔梗。
名張に桔梗が丘という地名を付けたくらいですから。
(とは言え、桔梗が丘は名張地区にはございません。)

驚いたことにエリアが狭いのにもかかわらず、あまり購入が見込めないと思われるのにグッズ展開があること。

HPでは具体的に何か分かりませんでしたが、販売店は記載されていたので今度名張に行った時にお店をのぞいてみようかなと思います。

2020年5月16日 (土)

とみぱんvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
何十回続きますが、公開していこうと思います。
今回は関係のない話ですが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多かったです。
Tomipan2b 第28回目となる今回は岐阜県は富加町(とみかちょう)のマスコットキャラクターのとみぱんです。

とみかってミニカーみたいな名前ですが、別にミニカーを作っているわけではありません。

一応、とみぱんを採りあげるのは初めて見たいなタイトルですが、実はとみぱんは4年前に一度登場しています。

越美南線全線開業80周年記念ラッピング列車で他の市町のキャラと一緒に出ています。

で、この越美南線を現在運行している長良川鉄道に乗車しているので、途中駅である富加駅を通っています。

名前と白黒の模様からパンダがモチーフと思っていましたが、実は富加町の名物である、古代米のまんじゅうがモチーフだそうです。

おなかにあるマークは富加町章。

Tomipan2a マントは半布里戸籍(はにゅうりこせき)らしいです。
で、半布里戸籍は奈良の正倉院にひっそりと残されていた現存する最古の戸籍だそうです。
作られたのは今から1300年程前のこと。
今の富加町内にあるとされるものです。

ロマンを感じさせる話です。

富加町のHPを見てもあまりグッズ展開とかしていないみたいなので着ぐるみが貴重な3次元物のように思えてきました。

取りあえず。古代米まんじゅうを味わってみたくなったのは確かです。
Bブログの作者視点で見ると町の特産品である古代米を使った定食物をご当地グルメで売り出すのもいいかなと思いました。

2020年5月10日 (日)

しんじょう君vol.4

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
何十回続きますが、公開していこうと思います。
今回は時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんでした。
Shinjokun4a第27回目となる今回は須崎市のキャラクターである、しんじょう君です。

敢えて説明する必要がないくらい有名になったキャラですが、私が着ぐるみで見るのは初めてです。

見ての通りしんじょう君の衣装がハロウィン仕様です。

しんじょう君がしゃがんでいるのは前回紹介したぐらんでぃがしんじょう君のバッチが付いているか確認しているところ。

この瞬間、人だかりができていてぐらんでぃのスタッフから「さすがは人気のあるキャラは違う」という声が漏れたのを聞き逃しませんでした。

人気があってもこういう細かい心配りができるところにしんじょう君の人気の秘訣があるのかなと思いました。

同郷のくろしお君との2ショットは見られなかったですがそれでも満足しました。

今度、着ぐるみしんじょう君にお会いするのは須崎であってほしいです。

2020年5月 9日 (土)

ぐらんでぃvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
何十回続きますが、公開していこうと思います。
今回は時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんでした。
Gurandy1a 第26回目となる今回は北海道は鹿追町の非公認キャラである、ぐらんでぃです。

さて、地元以外の方で馴染みのない鹿追町ですが、帯広の北西にある町で面積が404.70㎢で人口は5,275人(令和2年3月末日現在)で人口密度は北海道の平均の5分の1になっています。

町内になる然別(しかりべつ)湖畔温泉で冬期限定で世界でここだけのアイスバーや氷上露天風呂があり、調べてみて初めてここは聞いたことがあるぞと思いました。

犬のように見えますが、鹿追町なので一応鹿がモチーフとなっています。

ハロウィン仕様は帽子だけですが、法被のようなものを着て多数のバッチが取り付けています。
他のゆるキャラさんとの交流の証につけているみたいでこういうゆるキャラ同士の交流もこの手のイベントの楽しいことのひとつだと思います。

手作り感満載のチラシをいただき、身の丈あった活動に地味と思いつつ好感が持てました。

いつかは然別湖畔温泉の冬のイベントに行ってみたいと思います。

2020年5月 2日 (土)

いーわくんvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
何十回続きますが、公開していこうと思います。
今回は関係のない話ですが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多かったです。
Iwakun1a 第25回目となる今回は岩倉市のPR大使のいーわくんです。

5月5日生まれのいーわくん。実はもうすぐ誕生日ですが…
今年はリアル生誕祭は難しそうです。

ちなみにわたしはいーわくんを調べるまでロシアのマトリーシカ人形かと思っていました。

岩倉市は名鉄電車で通り過ぎるくらいで降りたことはありません。
が、昔一宮に住んでいた親戚筋のところに行くとき一宮駅から岩倉駅前行きのバスに乗っていたので地名の聞き覚えはあります。

話を元に戻して、マトリーシカに似たものと言いましたが、実は鯉のぼりで市内を流れる五条川で春になるとこの鯉のぼりの糊を洗い流す「のんぼり洗い」と言うのがあるそうです。
そして、その五条川は桜の名所だそうで五条川の流れと桜、そして鯉のぼりがこのキャラに込められています。

マトリーシカ人形だと思っててすみません。

好きな食べ物は岩倉焼きそばと名古屋コーチンで、岩倉市内でも名古屋コーチンを育てているところがあるらしいです。
岩倉焼きそばは赤味噌ベースのソースと温泉玉子が乗っているのが特徴のようですが、食べたことがないのでどんな味か分かりません。
それを食べに岩倉まで行ってもいいかなと思いました。

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »