2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« ひやわんvol.1 | トップページ | しろまるひめvol/3 »

2020年5月30日 (土)

与一くんvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
何十回続きますが、公開していこうと思います。
今回は時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんでした。
Yoichikun1a 第30回目となる今回は大田原市観光協会のマスコットキャラである与一くんです。

与一くんは歴史上の人物である那須与一がモデル。

弓の名手で会った那須与一は源平の戦いの際、屋島で平氏の船にあげられた扇を射抜くという神業を披露した人物です。

平成の大合併後の高松市のマンホールのデザインが源平の戦いの与一の的であるため、高松のゆるキャラではないのかと首をかしげましたが、那須与一自身、大田原市で幼少期を過ごしているなら納得です。

大阪人である私はどうも東北新幹線の沿線になると地理感覚が疎くなりがちです。

与一くんの所属する大田原市観光協会のHPで大田原市のアクセスを見ました。
東北新幹線の那須塩原駅からバスで20分弱とあり、東北新幹線の停まるところではないと思っていましたが、在来線である東北本線(宇都宮線)で野崎駅だけが大田原市に含まれていますが、市の中心部は隣町にある那須塩原駅や西那須野駅の方が近いらしいです。

なので、通り過ぎるということ自体がなかなかなさそうなところになります。
(ちなみに東北自動車道も大田原市にICがないそうです。)
Yoichikun1b さて、与一くん。どこがハロウィンかと言いますと頭の上にある三角形の帽子です。

珍しくしゃがんだ与一くんを撮影。

先程の写真よりは帽子を確認しやすいのではないかと思います。

ちなみに地元のヒーローである那須与一のお墓も大田原市の玄性寺にあるそうです。

また、松尾芭蕉が奥の細道で訪れているので歴史散歩で大田原を訪れるのもいいかもしれません。
その時には与一くんグッズを手に入れようかなと思います。


« ひやわんvol.1 | トップページ | しろまるひめvol/3 »

着ぐるみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひやわんvol.1 | トップページ | しろまるひめvol/3 »