2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 稲敷いなのすけvol.1 | トップページ | かきたんvol.1 »

2021年6月26日 (土)

丹波竜のちーたんvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係のない話ですが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止になりました。
Tambaryu_chitan1a もうイベント開催から1年半以上も経っているのですが、第59回目となる今回は丹波市のPR特命大使の丹波竜のちーたんです。
 
2006年に丹波市で恐竜の化石が発掘され、その後の調査で新種だと確認され、タンバティタニス・アミキティアエという学名が付きました。

愛称を丹波竜とし、この丹波竜でまちづくりや地域活性化を目的に丹波市経済産業部に恐竜課ができたようです。

しかし、福井県のラプトと違い、恐竜といういで立ちではありません。

余談ですが、この写真にちーたんの左手を握っている人は私の知り合いでもなんでもないです。

そのちーたんですが…
「ち」は層、いの球、大を表し、
「ー」は長く、永遠、つながり、未来を示し、
「たん」はたん波、たん生などを示しています。

名前の由来は前々回のとまチョップに似ています。
Tambaryu_chitan1b さて、私が初めて見たときはこの縞々は何なのか?です。
 
この縞模様は地層を示しています。
こんなに明確な地層なら素人でも考古学に関心を持ってもらえそうです。
そして、模様は発掘されたであろう化石のイラストです。
ただし、ゆるキャラさんの世界ではアップリケという設定です。
また頭の上にある葉はこれから育っていく生命の兆し、命のつながりを示しています。
そのように考えるとただ単に恐竜で町おこしというのがスタートラインだとしても製作者の想いが込められているのが分かります。
2次元であるイラストのちーたんとはギャップはありますが、どちらもありではないかと思います。
もしかしたら「第2の勝山市」として恐竜で有名になるかもしれません。
そのときにはちーたんの知名度も上がるでしょう。
ちーたんグッズというものはあるのか分からなかったですが、せめて丹波竜化石工房では扱ってほしいです。

« 稲敷いなのすけvol.1 | トップページ | かきたんvol.1 »

着ぐるみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 稲敷いなのすけvol.1 | トップページ | かきたんvol.1 »