2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« まなりくんvol.1 | トップページ | 稲敷いなのすけvol.1 »

2021年6月12日 (土)

とまチョップvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係のない話ですが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止になりました。
Tomachop1a もうイベント開催から1年半以上も経っているのですが、第57回目となる今回は苫小牧市公式キャラクターとまチョップです。

個人的には札幌は北海道にないと思っています。
(もちろん、北海道庁が札幌にあるのは知っていますが、北海道というと広大な大地というイメージがあり、そのイメージが覆る札幌はどうしても北海道というイメージがありません。)

なので、苫小牧も含めて北海道に行ったことないし、苫小牧と言うとフェリーの発着地以外のイメージが付きません。

逆に言えば、Aブログの取材で苫小牧に到着するフェリーに乗ってみたいとは思います。

さて、とまチョップの名前の由来ですが、「とま」は苫小牧なのはわかるのですが、「チョップ」が分かりませんでした。

とまチョップのHPを見たら、ご丁寧に書かれていました。

「チョ」はハクチョ
また「ョ」にはハクチョウだけでなくハナシウブも意味もあるみたいです。
「ッ」はホキ貝
「プ」はハスカッの頭文字?なのだそう。
 
ホッキ貝は苫小牧で全国で約15%の漁獲量があり、ホッキカレーや炊き込みご飯が家庭で作られるらしい。(出展元はこちら)
また、苫小牧市では北寄貝をモチーフにしているホッキー君というのもいるらしい。
このキャラを見たときはカモメだと思っていたのですが、苫小牧市の鳥であるハクチョウらしい。
市の草の花はハナショウブで市の木の花はハスカップ、市の貝はホッキ貝ということでこれで一応、名前の由来は市のシンボルにある動植物になります。
嘴があるのに口があるという変わり種ですが、個人的にはこれはこれでありかなと思います。
私の探し方が悪いのかもしれませんが、グッズ類が見当たりませんでした。
商品化して、新千歳空港のお土産物売り場に置いたら売れるかもしれません。
(新千歳空港は苫小牧にはありませんが…)
私が苫小牧に行く時までとまチョップに会えそうもないけど、その日が来るのを楽しみに待っています。

« まなりくんvol.1 | トップページ | 稲敷いなのすけvol.1 »

着ぐるみ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まなりくんvol.1 | トップページ | 稲敷いなのすけvol.1 »