2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »

2021年9月

2021年9月25日 (土)

ぐんまちゃんvol.2

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止でした。
Gunmachan1b_20210924080601 もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第72回目となる今回は群馬県宣伝部長であるぐんまちゃんです。
 
有名なキャラなので説明不要ですが、知らないうちにアニメ放送まで開始するようです。
(10月からの1クールかな?)
 
群馬県と言えば草津温泉ぐらいしか思い浮かびませんが、昔、横川駅で「峠の釜めし」を購入した記憶があります。
 
スケジュールを見ると延期の文字が多いですが、施設訪問という文字が目立ちます。
 
全国的に知名度はあっても地道に頑張っているぐんまちゃんに好感が持てます。
群馬のキャラなので、なかなか会うができません。

前回紹介した時は徳島で今回は彦根で大阪からも結構距離があります。
Gunmachan2a そして、この時にもらったのが非売品であろうシール。大の大人がもらいましたが、こどもにあげたら喜びそう。
 
ぐんまちゃんではなく、その隣に描かれているのは群馬県の名産品だと思うのですが、おっきりこみとかギンヒカリって何だろうと思います。
 
達磨は分かるのですが、こけしは宮城県のイメージしかありません。

こういうものからでも関心が湧くのでパンフ類の配布がPR活動になっているのだと思います。
グッズ類も人気キャラだけあって種類が豊富です。
私が使うことはないですが、赤ちゃんが使うよだれかけがあったり、ボーリングウェアがあったりとほかのキャラではなかなかお目にかかれないものがあります。
今度群馬県を訪れたときは何かグッズを購入したいです。

2021年9月21日 (火)

ぬーな&ジオまるvol.3

Nuunageomaru1a えちごトキめき鉄道えちご押上ひすい海岸駅上りホーム入口附近にあったぬーなとジオまるの路面シートです。
 
このブログではあまり登場していませんが、実際には意外と多くの自治体で路面シートに地元ゆるキャラを入れているケースを見かけます。
 
糸魚川も例外ではなく、糸魚川市直轄のキャラではないにも関わらずよく登場します。

ぬーなはよく見かけるデザインですが、ジオまるは右手を挙げている図は初めて見ました。
結構かわいいです。
 
このあと数キロ歩きましたがこの路面シートを見かけませんでした。
これから糸魚川市内の各所で見られるのかなと予想したりします。

2021年9月18日 (土)

しまねっこvol.4

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止でした。
Shimanekko3b もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第71回目となる今回は島根県観光キャラクターであるしまねっこです。
 
しまねっこはこのブログに登場して4回目になります。
 
係員に連れられて歩いているしまねっこです。
 
人気あるゆるキャラなのでしまねっこの周りには人だかりで撮影が難しかったです。
 
彦根で撮影しているのでひこにゃんとは同じ猫同士なので仲がいいのかもしれません。
実は着ぐるみしまねっことの遭遇率が高く、過去のブログにも登場していますし、お蔵入りになったネタもあります。
しかし、いずれも松江を含んだ島根県内で遭遇していません。
Shimanekko3c 実はこのイベントは街中を歩くだけではなくステージもありまして、しまねっこのステージもありました。
 
いろんなゆるキャラさんの撮影が多く、ステージをほとんど見ていませんが、運よくしまねっこのステージを見ることができました。
 
人が多く遠いところからの撮影だったので写真が薄くなっています。コンデジだと望遠機能が劣るのでこういう撮影には向いていません。
 
コロナでしまねっこと言えどイベントの出番が減っています。
インスタライブをやっているみたいなのでアカウントを持っている人は見に行ったらいいと思います。

2021年9月15日 (水)

やずぴょんvol.2

Yazupyon2b 若桜鉄道丹比(たんぴ)駅前に地元の観光マップがありました。
 
このマップの左端に何かキャラがいます。
 
このキャラは鳥取県は八頭町のゆるキャラであるやずぴょんです。
このブログに2年ほど前に登場しているので実ははじめましてではありません。
しかし、当時のブログの最後にこう記しています。
「今度はこの街の観光施設に行ってみようかなと思います。」
すみません。結果的には噓をつくことになりました。
Bブログで登場はしませんが、この街で昼食をとりましたし、隼駅にこの後行っています。
(隼駅にはライダーが来ていました。)
Yazupyon2a 先程のマップのゆるキャラの部分だけ写真に撮りました。
 
うさぎがモチーフである理由やライダースーツを着ている理由は前回書いた通りなので割愛しますが、今回注目してほしいのは、やずぴょんの耳です。
 
うさぎの耳にしてはどこか違和感がありますが、耳の形がY字になっています。
もちろん、YazuのYです。
以前、やずぴょんを採り上げたブログ公開の1週間後に住吉に来ていたらしい。
偶然とはいえ、ものすごくタイムリーに公開したと感じました。
しかし、着ぐるみやずぴょんに会えず終いです。
最近はイベントそのものが無くなっているので着ぐるみに会うのは困難で、会えなかったことを後悔しています。

2021年9月11日 (土)

しらかわんvol.1

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止でした。
Shirakawan1a もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第70回目となる今回は白河市公認キャラであるしらかわんです。
 
公認キャラであって白河市当局のゆるキャラではなく、NPO法人しらかわ市民活動支援会というところの所属ですが、このNPO法人のHPを見てもしらかわんが出てきません。
しらかわん独自のHPがあるためなのかもしれませんが、なんともったいない話。
同じ白河市の公認キャラである小峰シロ白河観光物産協会のトップページにバナーがあるのと対照的です。
 
白河と言えば白河の関で有名ですが、個人的には新幹線で通り過ぎただけで白河に行ったことがありません。
観光の話になると小峰シロという萌えキャラの守備範囲になりますが、白川が生活圏外の人間が白河と関連付けをするとどうしても観光かグルメになってしまいます。
 
このご時世、イベントもままならないですが、市民活動のイベントでしらかわんが登場したのでしょう。そのせいか、グッズ類も風変わりなのがあります。
アクリルスタンドの2個組のしらかわん狛犬セットはモチーフとなっているのが犬ならではの商品。
伝統工芸品である白河だるまとのコラボもなかなか味があっていいなと思います。

実はこの日のちょっと前に現地は雨で大変なことになっていたにも関わらず白河からやってきたのでそれだけでも個人的には称賛ものだと思っています。
(もちろん、参加を見送ったゆるキャラさんもいましたがそれは仕方がないと理解しています。)
 今度は私が白河に行く番なのかなと思いました。

2021年9月 8日 (水)

ぬーな&ジオまるvol.2

2年近く前に開催されたご当地キャラ博ばかりではもう最終に近づいてきたのと今年のご当地キャラ博が開催される予定なのでもういい加減にご当地キャラ博シリーズも終わらないとと思っていましたし、外出したので各ブログで記事を書こうと思いました。
糸魚川市の本町通りを歩いているときに単管バリケードを見ました。
何の工事をしているのかと言いますと共同溝工事です。
単管バリケードがかわいいやつだったり、アニメのキャラだったりしますが、ご当地キャラがいるのには驚きました。
今更という気がしないではないと思っているのは実はこの写真そのものは最近撮ったものですが、何年も前に今は完成しているキターレの工事現場で見ているからです。
Nuuna6a まずはこちら。
 
ぬーなの単管バリケードです。
 
翡翠のまちのキャラクターなので勾玉を持っていますが、単管を持ったスタイル…にはできなかったようです。
 
頭の部分にも単管の差込口がありますが、あまり違和感を感じられません。
 
シンプルなキャラクターですが、かわいいです。
Geomaru6a そして、こちらはジオまるです。
 
ぬーなの単管バリケードの隣にありました。
 
こちらも翡翠のまちなのでおでこに勾玉が付いています。ぬーなとは身長が違うのでキャラそのものは小さいけれど単管バリケードにする以上、上下の単管間の高さはぬーなのバージョンと同じのはずです。
しかし、今の糸魚川市の人口で単管バリケードを2種類作るなんてすごいとしか言いようがありません。
少なくとも私はご当地キャラで単管バリケードになっているのを見たことがありません。
もしかしたら他にもいるかもしれないので単管バリケードのカテゴリーを作りましたがこのカテゴリーでほかのキャラの記事が書けるのか楽しみです。

2021年9月 4日 (土)

西郷つん&とさけんぴ

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止でした。
Saigotsuntosakempi1a もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第69回目となる今回は薩摩川内観光物産キャラクターである西郷つんと高知市観光PRキャラクターもやっているとさけんぴです。
 
2ショットの写真しかなかったので今回は2体まとめての紹介となります。
写真左側にいるのが西郷つんで右側がとさけんぴです。
 
このブログを書くのに西郷つんのHPを見るまで狐がモチーフだと思っていましたが、モチーフは犬でした。
しかも飼い主は西郷隆盛だそうで…
薩摩川内市東郷町に藤川天神があり、そこに西郷隆盛が参拝に訪れたときにツンという名前の犬に一目惚れした西郷隆盛は元々の飼い主に譲ってほしいとお願いしたそうです。
馬1頭とトレードだったので余程西郷隆盛はつんに惚れていたのでしょう。
と言うことでつんの故郷が薩摩川内市ですが、藤川神社は臥竜梅(がりゅうばい)の名所で、写真では分かりにくいですが耳飾りは臥竜梅になっています。
隣のとさけんぴに比べたら印象は薄いですが、首輪は川内大綱引をイメージしています。
平成の大合併で新設された薩摩川内市ですが、合併前の人口の半数ほどいた旧・川内市を示すものがないのは不憫だったのか大合併の割にはほかの町村の存在感が薄いのが気になります。今は薩摩川内市になった甑島(こしきしま)といった観光名所もあるのに…

個人的に薩摩川内市と言えば肥薩おれんじ鉄道に乗車したり、九州新幹線で鹿児島に行っているので川内駅は乗り換えたり、車窓から街を眺めてはいますが街中を歩いているわけではありません。
なので、時間が合えばゆっくり観光したいです。
Saigotsuntosakempi1b 写真右のとさけんぴですが、生まれは高知のはりまや橋で、とさけんぴの所属元であるはりま家の本社のあるところです。
 
写真では分かりにくいですが頭に載っているのは、はりまや橋です。
高知の名物である芋けんぴと土佐犬をかけているからこちらは名前から犬がモチーフなのが分かります。
 
つまり、この2体は犬同士の2ショットになります。
ちなみにとさけんぴはオスで西郷つんはメスです。
もしかしたら彦根はお見合いの場所だったのか?
 
さっきまで首輪だと思っていたのですが、西郷つんとは違い、こちらはまわし風のエプロンだそうです。
やっぱりというかとさけんぴの好物は芋けんぴがありました。そのほかにもゆずジュースやあいすくりんもありました。
あいすくりんと言えば、高知の観光地でコーンに半球のアイスをのせたものを想像するのですが、最近高知の観光地に行っていないか見かけないですが、あるのでしょうか?
薩摩川内と違って高知はまだ近いというイメージがあるのかなじみがあります。
(とはいえ、大阪からだと新幹線1本で薩摩川内に行けるので所要時間は薩摩川内の方がかからない。)
元々の所属元がお土産屋さんだからとさけんぴのグッズも増やしたらいいのにとは思いますが、県内にしんじょう君という強力なライバルがいるからグッズ展開をするには分が悪いのかもしれません。
高知を盛り上げていってほしいです。

« 2021年8月 | トップページ | 2021年10月 »