2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月26日 (土)

ちりゅっぴvol.3

本当なら先週末にご当地キャラ博in彦根が行われる予定でした。
今年もご当地キャラ博in彦根の開催が無くなりました。
Chiryuppi2a なので、今回は前回(2019年)のご当地キャラ博in彦根の会場で購入したちりゅっぴのクリアファイルを紹介したいと思います。

ご当地キャラ博には出展ブースがありまして、観光パンフレットの配布の他にゆるキャラグッズを売っていたりしていました。

パンフレットの配布はどこでもいただいたのですが、物を購入したのはこれだけだったと思います。

裏映りが少しあるので書類の持ち運びを避けているのでまだ日の目を見ていませんが、ちりゅっぴの表情がかわいいので時々、レターケースの中からクリアファイルを取り出して眺めています。
 
Chiryuppi2b 名豊間を電車で移動するとき、青春18きっぷや青空フリーパスを使っているので、名鉄線沿線である知立は通りもしない(東海道新幹線は知立市内を走行しますが、どちらのきっぷも使えない上、知立市内に駅はありません。)ので足が遠のいているのが現状です。
 
知立は東海道五十三次の39番目の宿場である池鯉鮒宿があり、馬市が立ったという歴史的な経緯があって馬のパーカーを着ています。

前にも書きましたが、市の花がカキツバタで特産品にあんまきなので身に着けています。

何気に知立で身を固めているちりゅっぴが地元愛に溢れていると感じました。

2022年2月19日 (土)

しらかわんvol.2

本当なら本日と明日ご当地キャラ博in彦根が行われる予定でした。
しかし、今年もご当地キャラ博in彦根の開催が無くなりました。
Shirakawan2a なので、今回は前回(2019年)のご当地キャラ博in彦根の会場でいただいたしらかわんのクリアファイルを公開します。

実は貰ったこと自体、すっかり忘れていました。

レターケースに入れたままずっと眠っていましたが、部屋の整理をしていたらクリアファイルを見つけてもらった時のことを思い出しました。

ただ、今のところまだ使用されずに眠ったままですが…

勘のいい方はすでに気が付いていますが、しらかわんの顔に違和感があるかもしれません。

でも、異常でもなんでもないです。それは…
Shirakawan2b クリアファイルの裏面を見れば分かっていただけると思います。

裏面のデザインが表に裏映りしていているだけなのです。

それだけクリアなクリアファイルなのです。

だから使用されずに眠っているのですが…

でもいつか、日の目を見せてあげたいと思います。

2022年2月12日 (土)

アルクマvol.7

Arukuma4a 数年前に景品でいただいたアルクマのクリアファイルです。
 
長年、私の部屋のレターケースに置いていましたが、最近使い始めました。

ちなみに私の活用方法は純粋に書類の持ち運びのために使っています。
一般名詞ではクリアファイルと呼ばれるものですが、見ての通り、全然クリアではありません。

個人情報が記載された書類を持ち運ぶことが多い職業なのでできるだけ個人情報が見えないようにするためにクリアではないクリアファイルを使うようにしています。

もちろん、違うキャラのクリアファイルを用意することでクライアントごとに書類を入れ間違えを防止しています。
Arukuma4b 久しぶりにアルクマのHPを見たら長野県内のアルクマのおともだちを紹介しているページがありました。
 
私がこのブログで採り上げたキャラもいれば、初耳のキャラもいて、紹介文が入っているのでとても参考になりました。

改めてグッズ類を見たらものすごい数のグッズ展開がされていました。
もっとも風変わりなのは八十二銀行のアルクマがデザインされた教育ローンカードでしょう。私の家の近くに八十二銀行は大阪支店しかないので、身近の銀行ではないのでアルクマグッズコンプリートはできませんが…

長野県内のお土産屋さんで店ごとに違うアルクマグッズを発見できるかもしれません。

2022年2月 5日 (土)

つぶたんvol.2

Tsubutan2a 羽曳野市のご当地キャラクターである、つぶたんのストラップです。
観光協会で購入しました。

かなりローカルな話ですが、高鷲に親戚筋が住んでいて南河内の市町村の中では個人的に最もなじみのある街です。

羽曳野市の中心である近鉄古市駅から橿原方面にひと駅行ったところに駒ヶ谷駅があるのですが、この辺りが羽曳野市のブドウの産地になっていて、つぶたんの出身地は駒ヶ谷のブドウ畑ということになっています。

ちなみに駒ヶ谷は梅酒で有名なチョーヤ梅酒の本社のある場所でもともとはブドウ栽培の農家としてスタートしています。
ぶどうをモチーフにしているだけあってつぶたんの特技はブドウの世話だそうです。
この手のキャラにはつきものの誕生日はなく、羽曳野市のPRをするのが仕事のようです。
羽曳野市当局のHPにはつぶたんのイラストがたくさん載っており、市のキャラを大切にしているという印象です。

悲しいけれどグッズ類はお世辞にも豊富ではなく、私も悩みに悩んでこのストラップを購入しました。
もっと有名になってもいいキャラだと思います。

ちなみにこのストラップはメモリーカードリーダーに取り付けています。

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »