2022年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

着ぐるみ

2022年7月30日 (土)

ののちゃんvol.1

2022年7月1日から9月30日まで岡山デスティネーションキャンペーンが行われます。

それに先駆けてキャンペーンの直前である6月25・26日に大阪駅2階アトリウム広場で岡山県PRイベントが行われました。
私は6月25日の方に行ってきました。
観光PRにゆるキャラがいてるだろうと思い現地に行ったらいました。
今月はその時にいた、ゆるキャラを紹介したいと思います。
Nonochan1a 第5回目(最終回)の今回は番外編としてののちゃんを紹介したいと思います。
 
ののちゃんは今までのキャラと違って、朝日新聞の朝刊に連載されているキャラです。
 
今回、ののちゃんは玉野市のキャラ扱いで来ています。

というのも作者のいしいひさいちは玉野市出身でののちゃんの舞台もたまのの市になっています。(架空の市ですがどう考えても玉野市のことでしょう。)
 
Nonochan1bなので、玉野市当局はののちゃんをイメージキャラにしていて、他の自治体のゆるキャラと一緒に出演しています。
 
私も玉野市を訪れていますが、ののちゃんがいました。
 
そのときは写真を撮らなかったので、惜しいことをした気分になりました。
玉野市というより廃止された宇高連絡船の宇野港のほうが分かりやすいのかもしれません。
宇野港からフェリーに乗るつもりであるいるのでその時にののちゃんを撮ってみたいと思います。

2022年7月23日 (土)

にいみんvol.3

2022年7月1日から9月30日まで岡山デスティネーションキャンペーンが行われます。

それに先駆けてキャンペーンの直前である6月25・26日に大阪駅2階アトリウム広場で岡山県PRイベントが行われました。
私は6月25日の方に行ってきました。
観光PRにゆるキャラがいてるだろうと思い現地に行ったらいました。
今月はその時にいた、ゆるキャラを紹介したいと思います。
Niimin3a 第4回目の今回は新見市のマスコットであるにーみんです。
 
正直言って、今回紹介するゆるキャラで最も会いたかったキャラです。
 
純粋にかわいいし、今回紹介する市で最も遠いので会える機会が少ないというのもあります。
にーみんのマグネットを机の端につけているので個人的には身近です。
 
Niimin3b このイベントの中で岡山県の観光アンケートをしてにーみんグッズを結構もらったので上機嫌です。
 
そのグッズ紹介はいつかは…ということで。
 
個人的には列車の乗り換え(+その間に食事)で新見にはよく降ります。
 
でも観光となると行っている割にはあまり見ていないです。
 
新見美術館も挑戦的な企画展をしているので行ってみたいと思いながら未だ行けてません。
(ちなみに先日までシナモロール展をしていました。)
 
グッズも貰ったこともあり、観光PRで一押しした満奇洞(まきどう)に行ってみようかな。

2022年7月16日 (土)

でんちゅうくんvol.1

2022年7月1日から9月30日まで岡山デスティネーションキャンペーンが行われます。

それに先駆けてキャンペーンの直前である6月25・26日に大阪駅2階アトリウム広場で岡山県PRイベントが行われました。
私は6月25日の方に行ってきました。
観光PRにゆるキャラがいてるだろうと思い現地に行ったらいました。
今月はその時にいた、ゆるキャラを紹介したいと思います。
Denchukun1a 第3回目の今回は井原市のマスコットキャラであるでんちゅうくんです。
 
井原市と言われてもピンと来ないかもしれませんが、西隣は福山市と接していて県境の街になります。
南隣に笠岡市があります。

平成の大合併で今は井原市になった美星町ですが、昨年、アジア初の星空保護区に指定され、PRも星空をプッシュしていました。
Denchukun1b でんちゅうくんの名前ですが、現在の井原市出身の彫刻家、平櫛田中からきています。
 
「田中」は「たなか」と呼ばず「でんちゅう」です。
島崎藤村みたいな呼び方です。
 
また出で立ちは平櫛田中の代表作である鏡獅子をモチーフにしています。
(ちなみにモデルは六代目尾上菊五郎だそうです。)
 
癖は子守唄を聴けばいつでもどこでも眠くなること、流れ星を見ると願いごとをするらしい。
後者は市域に星が美しいところがあるので分かりますが、子守唄というのは中国地方の子守歌の発祥地が井原市高屋町だそう。
 
ちなみに苦手な事は人前で話すことで、この会場に来るのはさぞかし苦痛だったに違いないです。

グッズに関して言うと栞が気になっています。
でんちゅうくんのサブレやクッキー、トートバッグはAブログの作者が好きそうです。
井原に行った時はグッズを手に入れようかなと思います。

2022年7月 9日 (土)

くまなくvol.2

2022年7月1日から9月30日まで岡山デスティネーションキャンペーンが行われます。

それに先駆けてキャンペーンの直前である6月25・26日に大阪駅2階アトリウム広場で岡山県PRイベントが行われました。
私は6月25日の方に行ってきました。
観光PRにゆるキャラがいてるだろうと思い現地に行ったらいました。
今月はその時にいた、ゆるキャラを紹介したいと思います。
Kumanaku2a 第2回目の今回はJR西日本岡山支社のマスコットである、くまなくです。
 
このイベントそのものもJR西日本も共催なので当然、岡山支社のマスコットが登場します。
 
なので、初回登場のももっちの次に出てくるのは自然です。
逆さづりされても笑顔のキャラはたびにゃんです。
Kumanaku2b 今回、初めて着ぐるみくまなくを見ました。
 
ある意味、レアな存在かもしれません。
 
昔、岡山支社管内で売っていた吉備之国くまなくおでかけパスを使っていましたが、あれが無くなってから岡山方面に行く機会がガクッと減りました。

「くまなく」という単語も含まれていたのでそれなりに身近な存在だったのに…
Cブログの作者に成り代わって愚痴を言わせていただきました。
くまなく・たびにゃんのグッズが無いのでPOPを撮りたいと思います。

2022年7月 2日 (土)

ももっちvol.4

2022年7月1日から9月30日まで岡山デスティネーションキャンペーンが行われます。

それに先駆けてキャンペーンの直前である6月25・26日に大阪駅2階アトリウム広場で岡山県PRイベントが行われました。
私は6月25日の方に行ってきました。
観光PRにゆるキャラがいてるだろうと思い現地に行ったらいました。
今月はその時にいた、ゆるキャラを紹介したいと思います。
Momocchi3b 第1回目の今回は岡山県のマスコットであるももっちです。
 
意外にも着ぐるみももっちとは結構お会いしています。

とは言っても前回お会いしたのはコロナ禍前の話で、もう5年前になります。
 
この時は同じ大阪駅ですが、時空の広場でした。

今回の企画は岡山県のPRイベントなのでトップバッターはやはりこの人以外考えられません。
Momocchi3c ただ、今回も前回お会いした時と同様、うらっち以下のキャラは来ませんでした。
 
最初に会場に来たこともあって長い時間会場にいたので中の人は暑かったのではないかと思います。
 
久しぶりに公式HPを見ましたが、コロナ禍における新しい生活様式のイラストもあり、イラストそのものの数が多いことに驚きました。
いろんな場面でのPRグッズも作れそうです。
そういえば、まだももっちグッズを手に入れていないので岡山に行った時に手に入れたいです。

2022年3月19日 (土)

くまモンスクエア

前回のこのブログでみきゃんパーク梅津寺を採り上げました。
よく考えたら2年ほど前に熊本に行った時、くまモンスクエアに行ったことを採り上げていなかったなと思い、過去の写真データを探しました。

探したら見つかりましたので採り上げたいと思います。

くまモンスクエアの場所ですが、テトリア熊本ビル1階にあります。
テトリア熊本ビルってどこ?と思われるかもしれませんが、熊本市民ならわかっていただけるとは思いますが、水道町電停の傍にある鶴屋百貨店の東館のある建物です。(ちなみにくまモンスクエアの部分以外は鶴屋の売り場になっています。)

Kumamonsquare1 くまモンスクエアの入口にくまモンがお出迎え。

何でみんな外で待っているんだろうと思いながら館内に入りました。

そうしたらくまモンのステージを待っていることに気が付きました。



 
ステージの部分にくまモンのPOPがありました。Kumamonsquare2

外で待っていた人たちはこの後に始まるステージを待っていた人たちでした。

運良く私は最後の1人で入場することができましたが、その後の親子連れは係員の方が満席の旨で断られました。

悲しそうにしている子供をよそに私が観覧することになりましたが、私がいなくても親子連れに時点で1人ではないため断られたんだと思って居座りました。

なので、ステージを見たい方は整理券が配られるのでその整理券の配布時間に行った方がいいでしょう。
Kumamonsquare3 待ちに待ったくまモンのステージです。

梅雨のシーズンに行ったため、くまモンがレインコートを着て踊っていました。

最後の1席なので座席は当然、最後列で前の人の手が映っている写真しか撮れませんでした。

着ぐるみなので表情は変わらない筈ですが、仕草で表情が変わっているように見えます。

常設でこんなステージまであるのはくまモンの人気はすごいと感じました。
言うまでもなく、くまモングッズや飲食コーナーもあり、ショップ機能も充実しています。
私のように県外からの人間ならちょっとした観光スポットになるのかもしれません。
私がくまモンスクエアで購入したものはまた後日紹介したいと思います。

2022年1月 1日 (土)

くまモンvol.1

今から10年程前の話になります。
Kumamon1a 姪がまだ小学生の頃、あべのキューズモールに行った時にたまたまくまモンが来ていました。
確か熊本産の商品販売の宣伝に来ていたと記憶していますが、今では説明不要なゆるキャラではありますが、当時は熊本ではともかく、大阪では知る人ぞ知る存在でした。

今となっては信じられないくらい至近距離で撮影できました。

この時に私も姪もくまモンを後ろから蹴っている小学生と思われるクソガキ男児を目撃。

ドン引きしました。

反撃できない着ぐるみの苦労が目の当たりにしました。

今となっては熊本でなくてもくまモングッズが購入できますし、鶴屋百貨店の東館が入居しているテトリアビルにくまモンスクエアというのがあり、休館日を除き、ほぼほぼ毎日くまモンショーが行われています。

熊本に行ったらあちこちにくまモンがいて、くまモンファンにはたまりません。

今年は何回かくまモンを登場させたいと思います。

2021年10月16日 (土)

せんとくんvol.3

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止で2021年開催分は2022年2月19・20日に延期されました。
Sentokun2c もうイベント開催からもう2年経っているのですが、第75回目となる今回は奈良県のマスコットキャラクターであるせんとくんです。

着ぐるみになった途端、筋肉質で色が濃くなったイメージのあるせんとくんです。

この写真だとあまり人だかりができていない様子ですが、この時も人気があってやっと1枚撮れた感じです。

府県レベルのゆるキャラだと知名度は関西一ではないでしょうか?
「ひこにゃんは?」と思われるかもしれませんが、彦根市のキャラで会って滋賀県のゆるキャラではありません。

関西の府県レベルのゆるキャラでお土産物屋さんで売っているのはせんとくんぐらいではないでしょうか?
それぐらい知名度があります。
Sentokun3a せんとくんの名刺もいただきました。

シンプルな図柄ではありますが、「奈良のキャラ」が良く分かるもので好感が持てます。

個人的には奈良県のキャラなので奈良市内だけでなく、県内の観光名所もせんとくんを通じて紹介するのも県のプロモーションになるのではないかと思います。

この名刺にも書かれているではありませんか。「奈良県観光プロモーション課」と。

コロナの影響を受けているのはせんとくんも例外ではなく、秋の行楽シーズンにもかかわらず、せんとくんの出番があまりありません。

ここで、よそを見習って動画の公開をすればいいと思います。
それで、県内のゆるキャラとコラボして県内各地を紹介することでプロモーションもできるのではないかと思います。

折角の知名度を活かしてほしいと思います。


2021年10月 9日 (土)

滝ノ道ゆずるvol.5

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止で2021年開催分は2022年2月19・20日に延期されました。
Takinomichiyuzuru5c もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第74回目となる今回は箕面市のマスコットキャラである滝ノ道ゆずるです。
 
滝ノ道ゆずるは今回で5回目の登場ですが、前回はもう2年以上も前になります。
(ご当地キャラ博in彦根のシリーズが長いのが原因ですが…)
 
着ぐるみの滝ノ道ゆずるを何度かお目にしていますが、こんなに至近距離で滝ノ道ゆずるに遭遇できるのは初めてです。
 
全国的にも有名なキャラと言うこともあり、まわりに人だかりです。

なので、撮れた写真はこれ1枚。しかも、終盤間近でした。
 
意外なのは人気キャラにもかかわらず、グッズ類の品目や販売場所が限られるところ。
 
もうすぐもみじの季節なのだから箕面駅から箕面の滝へ続いているお土産屋さんで売ってもよさそうなのに、これを見る限り、寂しい限りです。
 
コロナ禍で着ぐるみの登場も少なくなったので、ここは映像で露出を増やしてほしいものです。

2021年10月 2日 (土)

ちょるるvol.2

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係あるのかどうかわかりませんが時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止で2021年開催分は2022年2月19・20日に延期されました。
Choruru1b もうイベント開催から2年近く経っているのですが、第73回目となる今回は山口県PR本部長であるちょるるです。
 
いつもと違う格好でちょるるが登場しました。
 
これがハロウィンの仮装ならわかるのですが、どう見ても正装なのでこれがハロウィン向けなのかどうかわかりかねます。

実はちょるるの写真を撮れたのはこれ1枚。イベントも終盤近くなってやっと撮れた1枚でした。

写真お出来が悪かったらお蔵入り間違いなしでした。
(実際、お蔵入りになったキャラがいます。)

幸か不幸か横顔しか取れなかったので頭の立体感が良く出ています。
平面では分からなかった部分であります。

頭が「山」、顔が「口」を示している分かりやすいキャラで名前も「~ちょる」と山口弁の語尾に使われる単語からということでオール山口といったキャラです。
Choruru3a ちょるるが来たときに係員からちょるるの名刺を貰いました。
 
このイベントの時にいくつか貰いました。
 
手軽に配布出来るので配布するお財布にやさしい記念品です。
とは言え、貰う方も非売品と言うこともあり、希少価値があります。

グッズ類も結構変わったものがあります。
特に食品のパッケージに使われているものは他にないものがあり、瓦そばなんて他にはお目にかかれないでしょう。麦茶パックとかウインナーもよそでもできそうですが見たことがありません。
名刺もあるのですが、山口県内の企業でないと知名度がネックになります。
作ったら面白いかもしれませんが…
個人的に10月10日に下関に行こうと思っていましたが、イベントが無くなったので下関行きも無くなってしまいました。残念。
どこかでリベンジしたいと思います。
待っててねちょるる。

より以前の記事一覧