2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

鉄道車両

2020年1月26日 (日)

えちごトキメキ鉄道 ET122形ラッピング車両

Etrhokuhoku1a えちごトキメキ鉄道とほくほく線のキャラ及び沿線のゆるキャラが描かれたラッピング車両が走っています。

後日公開したら、列車の運行そのものが無くなっているかもしれないと思い、臨時で公開することにしました。

ほくほく線の方もラッピング車両があるのかもしれませんが少なくとも私は見ていないので今回はえちごトキメキ鉄道の方だけを採りあげます。
 
Hokkuntokitetsukune1 まずは…
双方の鉄道会社のマスコットである、ホックンとトキテツくんです。

トキテツくんは何回かここで紹介していますが、ホックンは初めてです。
どこか某ワーナーブラザーズのうさぎに似ていると思うのは指摘しないでおきます。
以後のキャラについている(E)(H)はEえちごトキメキ鉄道沿線のキャラ、Hはほくほく線沿線のキャラです。双方に駅がある上越市のみ両方のイニシャルが付きます。
Itoigawae1ジオまる・ぬーな・ブラック番長(E)
ジオまるとぬーなは糸魚川ジオパークマスコットキャラクターで、ブラック番長は糸魚川ブラック焼きそばのPRキャラ。

所属が違いますが、ともに糸魚川ではよく見かけるメンツです。
私自身、糸魚川に行っているのでこのブログで複数回紹介しているのはここだけです。
Kenkense1 けんけんず(E)(H)
けんけんずは上越市PRマスコットです。
確か1回だけ、このブログに登場したはずです。
上杉謙信(左)・直江兼続(右)がモチーフにそして、直江兼続に助けられた犬(中)で3体で描かれていますが、一番歴史上影響力のない犬が真ん中です。

ちなみにけんけんと言います。
 
Myokosane1 ミョーコーさん(E)
ミョーコーさんは妙高市の観光PRキャラクターです。
モチーフとなっているのは妙高山です。

胸のマークは妙高市章ではなくはね馬。

春になると妙高山の中腹にはね馬の形をした雪形が見えるそうで、ここからえちごトキメキ鉄道も妙高はねうまラインと名前が付けられています。
Kometsugukune1 こめつぐ君(H)
こめつぐ君は南魚沼市の観光PRキャラクターです。

こめは言うまでもなく、コシヒカリの米です。
そして、「つぐ」は上越市のけんけんずでも触れましたが、直江兼続です。

異説は存在しますが、直江兼続は今の南魚沼市出身だそうです。
Neigee1ネージュ(H)
ネージュは十日町雪まつりのキャラクターです。
今年は2月14日から16日までの3日間、市内一円で行われます。
ちなみにネージュはフランス語で雪と言う意味だそうです。
このキャラだけ著作権表示されていますが、小野塚秋良氏のデザインと言うことです。
そして、もうひとつゆるキャラがありました。
Lerche1 レルヒさん
レルヒさんは新潟県を代表するゆるキャラ。
県の観光をPRしています。

県を代表するゆるキャラでも知名度があるので結構いろんなところに出張しています。

昨年の彦根でのご当地キャラ博にも出ていて、後日登場する予定です。
このラッピング列車の注目するべき点はよく行政当局が用意したデザインだけが載っているのではなくオリジナルカットが存在する点。
Etrhokuhoku1b 例えば…
入浴している図。

こめつぐ君は粥にならないかと心配したり、ミューコーさんでお湯が無くならないかと無駄な心配をするのですが、普通に入浴しています。
ブラック番長に至っては普段取ることのないサングラスを取っています。
写真はないですが、けんけんずやミョーコーさんがスキーをしてたり、ネージュが空を飛んでいたりと普段お目にかかれない図が描かれています。
ただ、ラッピング車両いつ走るのか分からないので見かけたらラッキーと言うレエベルです。
そういう意味ではこの日の私はラッキーだったのかもしれません。

2019年10月 7日 (月)

みなでのらんけ

Aブログで書いた通り、海の駅東洋町に行ってきました。

海部駅までJRで行き、海部駅で阿佐海岸鉄道に乗り換えて終点の甲浦駅が会場の最寄り駅になります。

海部駅から乗った車両がゆるキャラのラッピング車両でした。
P1420234 行きは乗客が何故か多かったので写真はやめて帰り甲浦駅で撮影。

徳島県のマスコットキャラのすだちくんのヘッドマークが掲げられています。

海部方面のヘッドマークはすだちくんなのですが、実は反対側のヘッドマークは違うのです。
反対側、つまり甲浦方面行のヘッドマークは…

 
P1420231 甲浦駅を含めた東洋町のキャラクターであるぽんかんくんだそうです。

東洋町のHPにはぽんかんくんが描かれていますが、プロフィールの類がありません。

Bブログで書いた通り、ぽんかんの産地なのでゆるキャラのモチーフとしては王道でしょう。
ヘッドマークだけで行き先が分かるようになっているのかもしれません。
P1420232一応、ヘッドマークだけでなく、ラッピング車両という証拠がこれ。

すだちくんの方が目立ちますが自宅に帰るまでぽんかんくんのことを知らなかったから仕方がありません。

すだちくんの隣に「みなでのらんけ」の文字がありますが、みんなで乗ろうよと言う意味で、乗客数が少ないのが分かるスローガンです。
車内はすだちくんもぽんかんくんもいませんが私が乗車した日は幼稚園児が描いた鉄道の絵がギャラリーとして展示されていました。
個人的にはこの車両は残ってほしいです。

2017年3月 4日 (土)

もとまるvol.1

Motomaru1a大垣から樽見鉄道に乗車した時のこと。

車両に本巣市のイメージキャラクターである「
もとまる」のイラストが描かれていました。

本巣(もとす)なのでもとまるという名前なのでわかりやすいです。

本巣市にある根尾谷薄墨ザクラが有名なので桜をモチーフにしています。

と同時に富有柿の産地でもあるので柿のバンダナをしています。

タイムリーなことに誕生日は3月9日。
サンキューから来ているので特に本巣市のどうたらということは関係なさそうです。

市内にあるモレラ岐阜にも「もとまる商品券」が使える旨の貼り紙がしてあり、市内では結構露出が高いキャラというのを実感しました。

今度はグッズを買いたいと思いますが、どこで売っているのか分かっていません。

2017年2月25日 (土)

チュッピーvol.1

Chuppi1b 福山駅の福塩線ホームに停車している列車です。

何の変哲もない鉄道車両ですが、ドアの部分に何か貼っています。

何が貼っているんだろうとドアのそばまで近寄ります。

そうしたら…



 
Chuppi1aどこかで見たことのあるゆるキャラでした。

子育て王国そうじゃのマスコットキャラクターのチュッピーです。

昨年のゆるキャラグランプリで3位に輝いたキャラです。

福山駅から井原鉄道経由で総社に行くのでこの列車にチュッピーがいるのもおかしくありません。

高評価の割に総社市のHPも含めてあまり露出がないのは著作権は総社市にあるが、著作権者人格権の不行使に触れられなかったため、チュッピーの使用方法について元々の作者の許可が必要でグッズ販売など制約があるからだそう。

ですのであまりプロフィールも細かく書かれていません。
ここからは私の想像になりますが、こどもがたくさん住む街を目指したいので繁殖の象徴である、ねずみをモチーフにしたのは?
個人的には露出を増やしてほしいと思います。


2016年10月15日 (土)

おばませんキャラ号6

Obamasenchara6敦賀駅で停泊している「おばませんキャラ号6」です。

敦賀駅のエスカレーターのあたりにこの列車をPRする看板があり、存在は知っていたのですが、実物を見るのは初めてでした。

夜なので画像が悪いのを承知で撮影しました。
普段はフラッシュの類を使わないですが、運転していないのがわかっているので今回はフラッシュを使いました。
車両の胴体部分に小浜線沿線の6市町のゆるキャラが描かれています。
(厳密に言えば、舞鶴市も小浜線の沿線ですがこのキャラの中には含まれていません。)

Akafunboya1aまずは先頭から。
紹介順は西側の自治体からになります。

高浜町の「赤ふん坊や」です。
昭和の時代に誕生したかなり昔からあるゆるキャラです。

昔、高浜町に臨海学校で来ていた子供が赤いふんどしで泳いでいたエピソードがあり、これをヒントに作られたそうです。
(広報たかはま2015年10月号より)

昔からいるせいか、このキャラだけは知っていました。

Umirin1a次はおおい町のゆるキャラの「うみりん」です。

海と山の豊かな自然を擬人化したものだそうです。

写真は着ぐるみなのでどうしても元のやつより胴体が長くなりがちで元のイラストを見ると違和感がありますが、これはこれでありかなと思います。

色のついたテルテル坊主に似ているとは口が裂けても言えません。
 

Sabatorananachan1a

小浜市のゆるキャラの「さばトラななちゃん」です。


じゃりんこチエに出てくるアントニオJrみたいですが、ななちゃんなので、雌猫です。

さばトラ柄の猫で、鯖が名産の小浜のゆるキャラらしいといえばらしいです。
好きなものは鯖のへしこなので、後述するへしこちゃんとは離れたほうがいいのかもしれません。
ちなみに、ブログもやっているようです。

Umebou1a次は若狭町のゆるキャラのわかさ梅ぼうです。

このキャラが1番謎なキャラで、町のHPにもプロフィールが出てきません。

現在、福井梅と呼ばれるものですが、発祥の地が若狭町(旧・三方町)だそうで、大阪人である私が梅といえば南部を連想するのでこの地方で梅が取れるのは初耳でした。
長老のふくい梅じいがいるのですが、若狭と名前がついている方が趣旨に合いそうです。

Heshikochan1a次は美浜町の観光キャンペーンガール「へしこちゃん」です。

鯖のへしこ、そのまんまのキャラで美浜町がへしこの町として登録商標まで取っています。

学歴を見ると大学はノルウェーに留学しているのは架空のものですが、中学高校は実在の学校というのもリアルではあります。
ななちゃんに食べられる恐れがあるのか、間にうめぼうがいるけれどうめぼうはへしこちゃんを守り切れるか?
Tsunugakun1a最後に敦賀のゆるキャラのツヌガくんです。
つるがとの誤植ではありません。

敦賀の語源が古代朝鮮半島にあった意富加羅(おほから)の国の王子、都怒我阿羅斯等(ツヌガアラシト)がこの地に来着した故事からだそうです。


好きな食べ物はこんぶ、かまぼこ、ソースカツ丼だそうで、昆布製品は北前船の影響から有名で、かまぼこは私もよく購入しています。
ソースカツ丼は福井が有名ですが、敦賀にも福井で有名なソースカツ丼屋さんの店舗が複数あります。
最初に見たときは河童をモチーフにしているのかと思ったのですが、どうやら違うようです。
でも何をモチーフにしているのかはわかりませんでした。

夜に停泊している列車を撮影しただけですので乗車していません。
今度乗車する機会があればと思います。

2016年4月23日 (土)

江ノ電号(嵐電)

Enodengo1a京都の嵐電と鎌倉の江ノ電と姉妹提携を結んでいます。

で、ゆるキャラも同時に誕生しています。

写真は嵐電の車両の江ノ電号です。

江ノ電のカラーになっていますが、この電車の車体に江ノ電のキャラの
えのんくんと嵐電のあらんちゃんが描かれています。

描かれている車体はこんな感じです。

Enodengo1b嵐電の車両ですが、江ノ電号なので、江ノ電の江の字をモチーフにしたえのんくんが主体です。

小さく嵐山の嵐の字をモチーフとしたあらんちゃんが描かれています。

えのんのHPによるとあらんちゃんはえのんの妹ということになっています。

兄妹で別々に住んでいるので実は年のいった兄妹なのか家庭の事情で別々に暮らさないといけない状態なのかどうでもいい想像をしてしまいます。
シンプルですが、個人的には好きです。

2016年4月 2日 (土)

越美南線全通開業80周年記念 ラッピング列車

P1300305私が長良川鉄道に乗車した時のこと。

越美南線全通開業80周年記念のラッピングがされていた列車でした。

その列車、沿線のゆるキャラが描かれていたので、このブログ向きと判断したので写真に収めました。

本当はこの列車の存在は始発の美濃太田駅で分かったわけですが、アングルの関係で、この写真だけ違う駅で撮影してます。
紹介は長良川鉄道の起点の自治体から終点の自治体の順番になっています。
 
Kamomaru1aトップは乗車駅のある美濃加茂市を中心とした「みのかも定住自立圏」のマスコットキャラクターのかも丸です。

1850年生まれの設定で、かも丸のプロフィールは正直笑えます。

史実をもとにして作ったフィクションだそうですが、考えた人はえらいです。

美濃加茂だから鴨なんだろうと思われるのですが、鴨よりも河童に見えてしまうのは私だけではないでしょう。
河童と違い、手ではなく翼なのですが…
Kamomi1aそのかも丸の配偶者である、かも美です。

京都の鴨川(賀茂川)で1897年生まれという設定になっています。

こちらもかなり笑えるプロフールとなっています。

18の時に大阪の少女歌劇団に入るとありますが、OSKに入団したということでしょうか?

ちなみにかも丸との歳の差は47歳で、本当の鴨なら何回輪廻転生をしているかわかりません。
Tomipan1a
次は美濃加茂市の隣町の富加町のマスコットキャラクターのとみぱんです。

最近出来たゆるキャラですが、この列車の表示位置は最も美味しいところです。

パンダ以外に何がモチーフになっているのか分からないですが、一応、町の特産物の古代米まんじゅうがモチーフだそうです。

画像がダウンロードできるのもありがたいです。
このブログでも使えるのでしょうが、今回は写真にします。
Hamomin1a次は関市のご当地キャラの「関*はもみん」です。

関市は刃物で有名な街で、耳の部分がはさみになっています。

関が苗字で、はもみんが名前らしいです。
そして、多くの方が気付いたであろう、*(アスタリスク)の存在。

*が花のように見えるから敢えてつけているようで、この記号が入っているゆるキャラはあまりいないと思います。
Udatsukun1a美濃市のゆるキャラのうだつくんです。

HPを見ると波乱万丈の人生を送っているようですが、表情からは苦労がわかりません。

美濃和紙が有名な町ですが、既にあるキャラなので、うだつのままでいいのではないかと思います。




 
Gujorara1a最後に郡上市のゆるキャラの「郡上良良(ぐじょうらら)ちゃん」です。

ゆるキャラには珍しい四字熟語。

郡上はわかるけれど、良良は何か?
市内を流れる長良川と和良川の「良」みたいです。

クイズ形式にして知ってもらう方法には感心しました。

頭の花はこぶし、葉は紅葉で市の花・木です。
胸のマークは郡上市章で市の魚のアユをモチーフにしています。

2015年11月 7日 (土)

わくたまくんvol.1

P1290070金沢駅で撮った七尾線の電車です。

何だかイラストがありますが…











P1290069イラストのキャラは和倉温泉のPRキャラクターの「わくたまくん」です。

和倉温泉はシラサギが発見したそうで(そういえば、シラサギが発見した温泉って下呂温泉もそうだった気がする)、シラサギが産んだ卵らしいです。

頭にタオルを載せているのは温泉ということなのでしょうか?

七尾線の普通電車は和倉温泉まで行かないのですが、和倉温泉のPRにはなるでしょう。
今度七尾方面に行ったら、グッズを買おうかなと思います。