2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
フォト

マンホール/マンホールカード

2024年3月 5日 (火)

ちきりくんvol.1

以前、Aブログの為にJR久米田駅に行った時のこと。 
 
Chikirikun1a 久米田駅の駅舎を取っているときにマンホールが見えました。
 
そのマンホールを見た時にこれはこのブログで使えると思って撮影しました。
 
このキャラの正体は岸和田市のマスコットキャラクターである、ちきりくんです。
 
ちきりくんの名前の由来は岸和田城の別名である、千亀利(ちきり)城から取っています。
 
なので頭に載っているのは岸和田城であり、だんじりではありません。
好きなものにみかん、包近(かねちか)の桃、水なす、ワタリガニ、しらす、かしみん焼きがありますが包近の桃というのが分かりませんでした。
調べると、大阪府下で最大の桃の産地で桃の糖度がギネスに載ったこともある糖度の高い桃だそうです。
桃と言えば岡山のイメージですが、身近に高品質の桃があるとは知りませんでした。
かしみん焼きはお好み焼きのような食べ物でかしわのミンチが入っているのが特徴のご当地グルメです。
岸和田と言えば南海電車で1本で行けるところですが、大阪市内でかしみん焼きが食べられるお店は少ないです。
ちなみにたこは絶対に食べないらしいのでたこ焼きが好きなわたしは仲良くなりそうにありません。
今度岸和田に行った時にはちきりくんを探そうと思います。

2023年7月20日 (木)

ミャクミャクvol.1

Myakumyaku1a 阪神千鳥橋駅近くの北港通の歩道で発見した、2025年関西万博のマスコットであるミャクミャクデザインのマンホールです。
 
会場が夢洲なので同じ此花区内ではありますが、この辺りから夢洲まで乗り換えなしで行けるのか謎です。
 
正直言って可愛くない。
 
クッキーモンスターの出来損ないとまで思っています。
 
とは言え、地元開催の万博なので盛り上げたいと思っているのでミャクミャクもこのブログに登場させて応援していこうと思います。

2022年8月13日 (土)

にーみんvol.4

Niimin4a 満奇洞(まきどう)に行った帰りに新見駅のそばにある観光協会に立ち寄った時のこと。
  
にーみんのマンホールを発見しました。
 
にーみんのマンホールは何種類かあるらしいのですが、時間の都合上、探せたのは新見駅のそばにあったこれだけ。
 
マンホールにあるQRコードを読み取ると45秒の新見の観光紹介動画が流れました。
もちろん、にーみんのモチーフとなっている、千屋牛とピオーネも。
Niimin4b 観光の後に観光協会に行ったのはマンホールカードを貰うため。
 
貰ったマンホールカードはこれ。
 
駅前のマンホールのデザインと違います。
 
またこのデザインのマンホールを探したいと思った西九条でした。

2021年10月30日 (土)

ひこにゃんvol.3

2019年10月19日・20日、彦根でご当地キャラ博がありました。
いろんなキャラがいて、写真を撮るのに苦労しました。
今回は関係ありませんが、時期が時期だったのでハロウィン仕様になっているキャラさんが多くいました。
蛇足ですが、2020年のご当地キャラ博は中止で2021年開催分は2022年2月19・20日に延期されました。
もうイベント開催からもう2年経っているのですが、第77回目となる今回はこのシリーズの最終回となります。
やはり最後はひこにゃんで締めたいと思います。

Hikonyan5b この時のイベントの会場のひとつであるひこね食賓館四番町ダイニングでマンホールカードの配布があります。
彦根市のマンホールカードは投稿日現在、2種類のマンホールカードがあり、もう片方は彦根市役所1階にある上下水道お客様サービスセンターで、それぞれ違うデザインのカードになっています。
このブログが採り上げるのはゆるキャラなので当然、ひこにゃんの図柄の方です。

他と比べたら簡単とは言えないアンケートに答え、ひこにゃん柄のマンホールカードをゲット。

当然のことながら、実在するマンホールでなければマンホールカードも作成できません。
ということはひこにゃん柄のマンホールが存在するわけです。
係員の方に尋ねてみました。
そうすると彦根駅前と彦根城の近くにある京橋口駐車場付近にあるとのこと。
彦根城でひこにゃんを見るため、京橋口駐車場の方に行く。
そしてひこにゃんのマンホール発見。
Hikonyan5a こちらがそのマンホールになります。

可愛いです。
ひこにゃんの最もオーソドックスなデザインですが、「最初にして最強」の可愛さです。

車道とは縁のないところでの設置なのでマンホールそのものもきれいです。
2ヶ所以外は彦根市のノーマルのマンホールだと思われるのでちょっと探すことになりますが、この記事を書くにあたって、いろんな記事を見ましたが、ひこにゃんのマンホールの写真は彦根駅前の方が多かったです。

それこそマンホールカードを配布した四番町ダイニング付近に設置してもいいのかなと思います。