カテゴリー

無料ブログはココログ

2020年2月26日 (水)

鰹のたたきを丼にすると…

少し前の話になります。
奈良・斑鳩1dayチケット(阪神電鉄版)を使ったので神戸まではエリア内なので、三宮で昼食をとることにしました。
久しぶりに三宮センター街の地下に何か新しいお店があるのかなと思い行ってみるときになるお店がありました。
カウンターだけのお店で、雰囲気はともかくいでたちは大衆酒場の感じ。
でも気になったのです。
Kobesaitaniumetaro 鰹のたたき丼が。

なので、注文したのは鰹のたたき丼です。
丼の右にあるのはお茶ではなくかつおだし。
すまし代わりにと言うことでセルフですがありました。

欲張って大盛にしたこともあり温玉の位置が真ん中ではなく左端になっていますが気にしません。
玉ねぎはいいアクセントになっていますが、鰹の量の割には少し多いのかなとも思います。
ただ、この玉ねぎの存在が鰹のタタキを生煮え状態にするのを防いでいる感じがします。

写真にはないですが、土佐ぬた(芽にんにくの酢味噌)をかけて食べると酸味と味噌が鰹のたたきにマッチしていて味の変化も楽しめて美味しくいただきました。
このブログを書く時にサンプラザのHPでもう一つのメニューである鰹カツ丼の写真を見たときにこちらも捨てがたいなと思うようになりました。
次はこちらをいただこうと思った西九条でした。

酒・肴 才谷梅次郎 サンプラザ店
神戸市中央区三宮町一丁目8番1-B135号(サンプラザB1)
11:00-売り切れ次第閉店
定休日:日曜日

2020年2月25日 (火)

あめま

前回紹介した五志貴を出て、大街道のアーケードに向かいました。
アーケードに到着した時、1軒の果物屋さんがありました。
そのお店の軒先にあるジューススタンドを見てジュースを飲みたくなりました。
P1430278 メニューを見て気になったのは甘平(かんぺい)という愛媛県でしか生産されていない新品種(2007年に品種登録)で糖度が高い柑橘だそうです。

なかなか口にすることができないのでこれを注文しました。

ミキサーで搾汁して搾りかすをこしてカップに注ぎます。
オレンジジュースと言えど、みかんの品種によってジュースの色が違うのが近くで注文していたものと比べても分かりました。

早速いただきました。
糖度が高いだけあって甘くておいしいの一言です。
もちろん、目の前で搾汁しているので砂糖を入れてないのが分かります。
甘平を購入して帰ろうと思ったくらいです。
(予算の関係上、断念)
松山で時間のある時はここに立ち寄りたいなと思いました。

noma-noma(のまのま)
松山市大街道一丁目4番20号
10:00-19:00
定休日:元日

2020年2月24日 (月)

令和2年2月22日

松山に行ってきました。
行った日が令和2年2月22日。
松山中央郵便局で風景印を押してもらおうと思っていたので、郵便局の近くにどこかお店がないかなと思って某グーグルマップを見ていたら気になるお店があったのでそのお店に行くことにしました。
Matsuyamagoshiki 注文したのは媛会席という定食。

愛媛県の会席らしくオール愛媛の料理です。

まず手前にあるのが鯛めしですが、鯛めしは中予地方の鯛めしと南予地方の鯛めしがあります。
松山は中予地方になりますが、この定食の鯛めしは南予地方の鯛めしです。
(ちなみにこのお店は中予地方の鯛めしもあります。)
鯛をご飯に載せ、薬味と後述する素麺の隣にあるタレをご飯にかけて食べます。
この鯛が新鮮で刺身定食にして食べても美味しいくらいでした。

鯛の右隣にあるのがじゃこ天。
このあたりは宇和島あたりの名物です。
 
鯛の上にあるのが松山の郷土料理である五色そうめん。
セットなのでミニサイズですが、一応五色そうめんの名前の通り五色のそうめんがありました。
ちなみにこの素麺は温かいものと冷たいのと選べます。

五色そうめんの右隣にあるのが旬の天ぷら。
メニューの通りに読むと季節によって中身が若干変わるのでしょう。
サクサクとしていました。

左上にあるのがみかんいなりです。
あまりみかんみかんしていない感じでした。

みかんいなりの右隣にあるのが今治せんざんき。
から揚げと言った方がわかりやすいですが、今治やきとり盛り上げ隊のHPに書かれているので詳しくはそちらを参照してください。
天ぷらと同様、うまく揚げられていると感心しましたが、玉ねぎは無くてもいいかなと言うのが個人的な感想です。

せんざんきの右隣にあるのが釜揚げちりめんサラダです。
愛媛県で言えば佐田岬あたりがしらすの漁場のようで、この産地のしらすを初めていただきましたが、釜揚げされているにもかかわらず新鮮さが感じられる一品でした。

最後に右上にあるのがふくめんです。
ふくめんについては宇和島市観光協会のHPに記載されているのでそちらを参照していただけると助かります。
色合いが全然違いますが、こんにゃくが主役なのは変わりません。
創業何百年のお店ですが、ふくめんについては家庭的な盛り付けでした。

いろんな料理が出てきてよかったです。
それでも、まだこのお店に鯛そうめんや伊予佐妻など食べていない料理が盛りだくさんなのでまた行ってみたいと思います。

郷土料理 五志貴
松山市三番町三丁目5番4号
11:00-15:00(L.O:14:30),17:00-23:00
定休日:元旦、大晦日の夜の営業および不定休日あり

2020年2月16日 (日)

日帰り温泉で意外な一品を食べる

天竜峡に行ってきました。
ご湯っくり」と言う日帰り温泉があるのですが、その建物の中にそばの郷 農耕百花と言うお店があり、そこで食事をしました。
P1430261 券売機で食券を買うのですが、ご湯っくり御膳を注文しました。

そば御膳と言うのもあるみたいですが、要予約だったのでこちらにしました。
(食券を買うお店で要予約商品があるなんて珍しいですが、食券のボタンに(予約)という文字がありました。)

そばが信州大そばを使っていると書いてあったので、そばをできるだけ味わいたいので大盛にしました。

出てきた料理ですが、御膳と書かれているのですがご飯ものはありません。

でも、そばを大盛りにしたこともあり、ご飯ものがなくてもいいやと思える量でした。
早速そばをいただきました。
そばの風味が感じられる一品で美味しくいただきました。
うれしい誤算なのはかき揚げの野菜の美味しさ。
かき揚げにすると一品の良さがかき消される感じがするのであまり好んで食べないものなのですが、野菜の甘みが活きていて食べ応えがありました。
写真はないですが、そば湯もいただきましたが、濃いそば湯が出てきて満足しました。
畑そばやガレットなど珍しいものもあったので遠いけれどまた行きたいと思いました。
 
そばの郷 農耕百花
飯田市川路4992番地5
11:00-14:00(土・日・祝日は17:00-20:00も営業)
定休日:毎週水曜日および年末年始

2020年1月26日 (日)

穴子づくし?

岡山に行ってきました。
帰りの電車の前に岡山駅にほど近いイオンモール岡山で食事をすることにしました。
岡山に来てまでチェーン店で食べるのは馬鹿らしいのでチェーン店は当然却下。
消去法という残念な方法で気になったお店が瀬戸内海鮮料理と書いていたお店。
幸い、焼あなごめしがお手頃価格なので入ることにしました。
P1430200
入口で焼あなごめしが手頃だと思って入店したのに、メニューを見て散々迷う西九条。

無駄に悩んだ挙句注文したのは、焼あなごめし(特上)。
(ちなみに上と特上しかありません。)

しかし、店員さんの言葉に追加で料理を注文することになる。
「本日は穴子の刺身があります」と。
P1430199 注文しました。

穴子の刺身も。

実際に先に来たのは刺身の方ですが…

初めて食べる穴子の刺身。
てっさのように薄く切られています。
てっさと違い、もみじおろしではなくわさびです。
初めて食べてみてあっさりしていて甘みがあって美味。
刺身が来て程なく、あなごめしも来ました。
今まで焼あなごを食べていて、パサパサ感があってあまり好きになれなかったのですが、今回はそういうこともなく、また、刺身で食べた甘みを閉じ込めた小見氏差が感じられて美味しくいただきました。
今度は地酒と一緒に味わいたいと思います。
 
めじろ屋 本店
岡山市北区下石井一丁目2番1号 イオンモール岡山7階
11:00-23:00(L.O22:00)
定休日はイオンモール岡山に準じる。

2019年12月22日 (日)

1枚の張り紙から

松山に行ってきました。
Aブログの記事の為ですが、本当は乗船地である呉で食べる予定でしたが、時間がなかったので食事は松山までお預け状態でした。
Matsuyamadelhi 松山に着いたからと言って時間がたっぷりあるわけでもなかったのでJR松山駅近辺で食べることになっていました。

駅でトイレを借りると焼豚玉子カレーと言う張り紙を見つけました。

松山ではないけれど、焼豚玉子飯というのがあります。

これをカレーにするなんて面白そうということと呉ではカレーを食べる予定にしていたのでカレー屋さんに決定。
なので、迷うことなく焼豚玉子カレーを注文。
程なく出てきたカレーですが、駅ナカで食べるカレーにしては結構本格的。
あまり辛くないなと思っていたら、だんだん辛さが口の中で伝わってきます。
それでいてコクがあり、美味しかったです。
意外と言えば焼豚。
カレー屋で出る焼豚とは思えない一品。
ラーメン屋で出てもおかしくないと思っていたら、お店のHPを見たら、麺小町松山店のチャーシューを使用と書いてありました。
でよく見ると、どちらもJR四国の関連会社である、ステーションクリエイト愛媛でした。
また松山に行った時は味わって見ようと思います。

デリー松山店
松山市南江戸一丁目14番1号 JR松山駅構内
11:00-21:00

無休

2019年12月11日 (水)

リーズナブルなお店のリーズナブルではない丼

氷見に行ってきました。
前々から気になるお店があったので、今回はこのお店に行きたいと思っていました。

お昼ご飯時にいざ現地に行ってみると…
滅茶苦茶混んでる。

優柔不断の割には一度決めたら曲げない性格なのでただひたすら待ちます。
時計の長針が1周半した頃、呼ばれました。

何を食べるのかはメニューがあったので少し迷ったけれど決めました。

この時期にこの街に行ったなら寒ブリしかないでしょう。

寒ブリ丼を注文しました。
迷ったのはタイトルにも書いてある値段。
税別2,800円。
昼食の値段ではないですが、滅多にないことだからと決めました。

P1420869 とは言え、出てきたのはただの丼だけではありません。

まず出てきたのは漁師汁です。

丼物と定食物を注文すると、こちらが付いています。

魚のアラがあり、魚がぶつ切りで入っているのでいかにも漁師らしい豪快な味噌汁です。
結構入っている上、骨が多いので悪戦苦闘する方も多いかもしれません。
土鍋で入ってきていて、カセットコンロに火をかけて温まってきたら食べる一品です。
建物の中ではあっても遮るものはなにもない漁港の2階なので待っていたら、結構寒かったのでこの温かい味噌汁が体をホットさせました。
 
P1420870 これが今回のメイン料理の寒ブリ丼です。

小鉢がひとつ、漬物がひとつありますが、寒ブリが丼一杯に敷き詰められています。

脂がのっていて美味とはこのことと思いました。
これならたまに食べるならいいのかなと思いました。
リーズナブルではない丼ではありますが、この後行ったひみ番屋街で寒ブリが丸々1匹売っていまして、54,000円の値段がついていました。
食堂なのでこれよりはもっと安く仕入れできるのでしょうけれど、短冊にすらなっていないものでこの値段なら、刺身にする手間賃も考えるとこれでも良心的な値段のかと思うようになりました。
とは言え、今度は他のものをいただきたいと思います。

 
魚市場食堂
氷見市比美町435番地 氷見漁港2階
6:30-15:00
無休

2019年11月30日 (土)

後から前から

Uozuyamaya 魚津に行ってきました。

本当は行きたかったお店があったのですが、定休日だったので事前に調べておいた別のお店に行くことにしました。

魚津まで行ってラーメン屋さんですが、観光協会のHPにはラーメン屋さんの記述もあります。
で、そのラーメン屋さんを評判のいいラーメン屋さんを調べたら、このお店が出ました。

いざ行ってみるとお店は表からも裏からも入れる構造になっていました。
初めて行くお店なのでチャーシュー麺を注文。

しばらく待っているとラーメンが出てきました。
こんなにスープが透きとおったラーメンはあまりないです。
そして、最初にスープをいただきます。
見た目通り、スープも透きとおっていました。
チャーシューは昔ながらの硬めのものであっさり目。
麺はもちっとしていながらコシのある麺で美味しくいただきました。
後で調べたら、一押しはワンタンメンとのこと。
今度はワンタンメンをいただきたいと思いました。

手打ちラーメンやまや
魚津市真成寺町2番11号
11:00-19:30
定休日:毎週水曜日

2019年11月29日 (金)

駅弁シリーズvol.49 折尾駅 かしわめし

Oriokashiwameshi01 小倉駅で新幹線を待っている間に購入した折尾駅の駅弁であるかしわめしです。

在来線の小倉駅には北九州駅弁当が入っているので、この商品は小倉駅で購入する場合は新幹線の改札内で購入することになります。

九州の駅弁はかしわめしが多く、北九州駅弁もかしわめしを売っています。
しかし、九州で駅弁を購入することそのものがあまりないので、意外にもかしわめしを購入するのは今回が初めてです。
Oriokashiwameshi02 封を開けてみました。

鶏そぼろに見えるかもしれませんが、そぼろではありません。
細かいですが、鶏肉のままです。
どこのやつも甘辛く煮込んでいるのですが、そんなに濃い味付けではなくパクパク食べました。

意外なところでは佃煮がなかなかいい味を出していて美味しくいただきました。
HPを見ると折尾駅では今では珍しい立ち売りをしているみたいで、今度は折尾駅の立ち売りから購入してみたいです。
 
東筑軒
北九州市八幡西区堀川町4番1号



2019年11月24日 (日)

お店が私を呼んでいるので…小倉編

Kokuraippei 小倉に行ってきました。

小倉で所用を済ませると昼食の時間が遅くなり、小倉駅近くの商店街をぶらぶら歩いてみると1軒のラーメン屋が見えました。

昭和の雰囲気が漂い、おしゃれとは程遠いお店ですが何故かこのお店に呼ばれている気がしました。
(もちろん、呼び込みがあったわけではありません。)

お店に入るとお水が出されましたが、ワンカップのグラスと言う、備品まで昭和でした。
でも、こういうお店の方が美味しい気がする西九条です。
初めてのお店なのでチャ―シュー麺を注文します。
とんこつラーメンですが、大阪で食べるものとスープから違います。
臭いはある程度するものの見た目ほど脂っこくなくあっさりしています。
チャーシューは固いのですが、何故かスープとよく合います。
私がとんこつラーメンを食べるときはかためで注文するのですが、その感覚で行くと少し柔らかめ。
とは言え、これもスープに合って美味しくいただきました。
今度は中華カレー丼と言うものを食べてみようかなと思います。

一平 本店
北九州市小倉北区京町二丁目6番2号
10:00-23:30
定休日:毎週火曜日

«ツイてるねノッてるね

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

最近のトラックバック