カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« ご当地グルメシリーズ 広島編 vol.1 | トップページ | 餅は餅屋、たまごはたまごや »

2006年12月13日 (水)

駅弁シリーズ vol.1 広島駅-夫婦あなごめし

(注)この記事は旧・西九条舞のグルメ日記より転載しました。

P1010504 広島駅の駅弁「夫婦あなごめし」です。
(注・電車の座席に置いていますが、座席を汚さないように置きましたし、食べる時はずっと手に持って食べました。)

実は駅弁が好きで、時間の関係から移動中にしか食べる時間がないので、広島に日帰りで行った時の晩ご飯は駅弁になります。

いつもは「しゃもじかき飯」を購入しているのですが、既に紹介したので(このブログではありませんが)、別のものにしました。

とは言え、こちらも広島駅の名物駅弁です。

煮穴子が2匹入っているお弁当で、奈良漬と穴子の骨を揚げた物が付いています。
焼き穴子のパサパサ感が好きになれない西九条は焼き穴子より煮穴子の方が好きです。

煮穴子だと脂が落ちてそうな気がするかもしれませんが、意外と脂はのっていて、美味しくいただきました。
これからはしゃもじかき飯と交互に食べようかと思います。


ひろしま駅弁

広島市東区矢賀五丁目1番2号

« ご当地グルメシリーズ 広島編 vol.1 | トップページ | 餅は餅屋、たまごはたまごや »

広島市東区」カテゴリの記事

駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅弁シリーズ vol.1 広島駅-夫婦あなごめし:

« ご当地グルメシリーズ 広島編 vol.1 | トップページ | 餅は餅屋、たまごはたまごや »