カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月30日 (水)

久しぶりのもつ鍋

P1040841 西九条交差点の近くに「ふくみ屋」というもつ鍋屋さんがあります。
 
屋台のような感じのお店ですが、中に入るとレトロ調な店内です。
 
私自身もつ鍋は久しぶりです。
 
寒いので、体の温まるメニューがありがたいです。
 
このお店のメニューはもつ鍋・つくね鍋・豚鍋の3種類で、どれも1人前900円です。

追加メニューが300円でもつ・つくね・豚ばら肉以外にもいろいろあり、油かすがあったのには驚きました。
 
写真のとおり、山盛りの状態でやってきますが、野菜が多いので、熱で野菜の水分が抜け、ちょうどいい高さになります。
 
唐辛子が入っているのでピリッとくるのですが、だしそのものはしょうゆベースのあっさりした味でおいしくいただきました。
地鶏の刺身などサイドメニューも気になるものばかりでしたが、あまり食べ過ぎるのもよくないので今回は見送りました。

まだまだ寒い日が続くので、体が温まる鍋を食べたいと思います。
 
ふくみ屋 西九条店
大阪市此花区西九条三丁目9番13号
定休日:毎週水曜日
 
追記:現在、現在地では閉店されていますが、姉妹店である以下の2店で営業。
ふくみ屋 
福島店
大阪市福島区福島八丁目13番12号
17:00-23:30(L.O 23:00)
不定休
 
野田店
大阪市福島区野田三丁目12番21号
17:00-23:00(L.O 23:00)
不定休

2008年1月27日 (日)

素朴な味-きなこ団子

P1040820近鉄坊城駅で降りた私は1軒のだんご屋さんの看板を見て、だんご屋さんのほうに引き寄せられました。
以前もこの駅で降りたことがあるのですが、なぜか気がつきませんでした。

店に入り、ちょっと悩んだ末、8本入りを購入しました。
家に帰ってHPを見たら店内でも食べられるみたいでしたが、持って帰りました。

途中でその団子を食べました。
だんごそのものは小さく、食べやすいです。
また、黄な粉が添えられているのですが、かけずに食べました。
それでも甘くておいしくいただきました。

素朴な味でまた購入したいだんごでした。

だんご庄 本店
橿原市東坊城町860番地
8:30-17:00(売り切れ次第閉店)
毎週火曜日および第1水曜日定休

2008年1月26日 (土)

視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚

注)この記事は旧・西九条舞のグルメ日記より転載しました。

P1010701 北浜を歩いていて、ずっと気になっていたお店があります。
それが、堺筋に面した五感というお店です。

重厚な西洋建築を利用したお店で外観だけでなく、内装も歴史を感じさせられます。

ここに入って知ったことなのですが、梅田阪急と四条河原町高島屋の地下にも店があるみたいですが、ケーキサロンがあるのはここだけです。

P10107022階のケーキサロンでケーキを注文。

1階で売っているケーキをこちらで食べることができ、有機栽培のコーヒーや紅茶を飲みこともできます。
コーヒーをあまり飲まない西九条はちょっと迷ったけれど、アイスティーにしました。

店員さんが1階のケーキを目の前まで持ってきてくれて選びます。
西九条は豆富花(トウファ)というものを選びました。

店員さんが説明してくれていたのですが、ボーとしていて聞きそびれてしまいました。
肝心のケーキは1階の売り場で確認したので名前を覚えましたが。

他のケーキもおいしそうでしたが、豆腐のデザートは珍しかったのでこれにしました。

やさしい味と言えばいいのでしょうか?さっぱりした甘さでお気に入りになりました。

1階の売り場は人が結構いて、人気のあるお店だと思いました。

昔の建築物を使っているので、1階の売り場も段差があるのですが、それを差し引いてもお勧めです。

五感北浜本館
大阪市中央区今橋二丁目1番1号 新井ビル
10:00-20:00(オーダーストップ19:30)  

2008年1月24日 (木)

雰囲気も楽しむレストラン

先週のとある日、たまたまこのお店の前を通りました。
店を見て気になったので、日を改めて訪れようと思いました。

お店の名前はil passo(イルパッソ)。
地下鉄桜川駅のあたりの千日前通りと道頓堀川の間にお店があります。

西九条はBのランチを注文しました。
P1040782 Antipasto
前菜3種盛り合わせ
寒ブリのマリネとにんじんのムースと後ひとつは聞きそびれました。
個人的にはこの3種盛りの中ではにんじんのムースが良かったです。

P1040783 Primopiatto
小エビとブロッコリーのスパゲッティか子柱とカリフラワーのスパゲッティの選択ですが、私は
小エビとブロッコリーのスパゲッティを選択。
彩りもきれいなスパゲッティ。
このようなスパゲッティをあまり食べたことがないのですが、良かったです。
麺の湯で具合も良かったです。

P1040784 Secondopiatto
魚料理か肉料理の選択。
この日の肉料理が牛のほほ肉の煮込みだったので、こちらを選択。
お肉がよく煮込まれて、ナイフに力を入れなくてもすっと切れます。
味付けも良く、個人的には1番良かった料理でした。


P1040785 最後にコーヒーか紅茶とデザートです。
この日はガトーショコラでした。
見た目もきれいなデザートでした。

今度はピザを注文したいです。

il passo(
イルパッソ)
大阪市浪速区幸町二丁目2番30号
11:30-15:00(L.O14:00),17:30-23:00(L.O22:00)
月曜日定休

2008年1月22日 (火)

キャッチコピーは大事です-其の2

P1040780 浜松と言えばうなぎ。
うなぎの蒲焼も有名ですが、うなぎパイも有名です。

このうなぎパイなんですが、実は購入したことがあまりありません。
購入を躊躇った時期があったからです。
最大の原因はキャッチコピーにあります。

うなぎパイには「夜のお菓子」

と書かれています。

しかも、このうなぎパイにV.S.O.Pの入ったものにいたっては

「真夜中のお菓子」

と書かれています。

とてもじゃないけど買う勇気ありませんでした。

ヘタレな私の代わりに友人が浜松出張の時にお土産で買ってきてくれました。

封を開けると洋酒の香りがして食べたくなります。
食べてみると美味しい。
食べ終わるとまた取り出して買ってきてくれたお土産、すぐになくなりました。

「真夜中に食べたら太るやん!!」
(注・西九条は真夜中に食べておりません)

浜松に行った時は購入しようかと思いました。
それ以来、浜松に行ったときはよく購入しています。

ちなみに、このメーカーえび汐パイというものもありますが、こちらは昼のお菓子と書かれています。

春華堂
浜松市中区鍛冶町321番地10

2008年1月20日 (日)

ご当地グルメシリーズ-浜松編Part1

浜松に行ってきました。
浜松といえばうなぎです。

私が浜松に行くときによく行くお店です。
浜松駅のそばなので、利用しやすいというのも事実ですが、それだけではありません。
浜松の他のお店にもいったことはありますが、たれが醤油辛かったりして口に合わないお店もあります。

少なくともここは私の口に合います。
P1040774 写真はうな重です。
並なのですが、肝吸いもありこれだけでも満足なのですが…



P1040773 冬季限定でうなぎの刺身が味わうことができます。
うなぎの刺身はあまり食べる機会がないので、この時期に行くと追加で注文してしまいます。
しょうが醤油、もみじおろし付きのポン酢、酢味噌の3種類の味付けで刺身を味わうことができます。

うなぎそのものの甘みを感じることができる一品でした。

うなぎを満喫して大阪に帰りました。

一兆本店
浜松市中区砂山町322番地6
11:00~14:30,17:00~22:00(L.Oは各30分前)
 

2008年1月17日 (木)

810

P1040738前々から美味しいと聞いていたのですが、今まで行く機会がなかったお店に行くことができました。
お店の名前は「やとう」。

マヌケなことに私がよく乗る市バスの経路上に店がありました。

ここで多くの人が食べるという、釜玉うどんを食べることにしました。
かけるのは生醤油ではなく、特別に作ったと思われるだししょうゆ。
これが、釜たまによく合います。
うどんはただコシがあるだけではなく、もちっとした食感もGood。

うどんが最後の一口だけになったら、店の人を呼んで、だしをかけてもらいました。
(壁に釜玉うどんの説明があり、だしをかけてもらうことができます。)
釜玉うどんの味を2度楽しむことができます。
だしをかけたうどんも美味しいです。

1度でここの釜玉ファンになりました。

手打ちうどん やとう
大阪市福島区海老江七丁目10番21号
平日 11:00-15:00,17:00-22:00
土曜 11:00-22:00
日・祝 11:00-21:00
水曜日定休

2008年1月14日 (月)

水羊羹は冬に食べるもの

Egawamizuyokan水羊羹は冬に食べるもの。
他のところだと「何を言ってるの?」と言われそうですが、福井では冬に水羊羹を食べる習慣があり、水羊羹は冬季限定の商品なのです。
写真は福井で1番有名な水羊羹であるえがわの「水羊かん」。
この商品、小さいものは密封されていますが、箱入りの分は密封されていません。
かばんの中に入れたのはいいのですが、少し斜めになったのでしょう。
水羊羹の水分が箱についたようで、上箱の右半分がそのことを物語っています。


人様へのお土産には向いていません。
消費期限も5日しかありません。

しかし、この水羊羹を買いたいのは福井だけでしか買えないから。

冬季限定の水羊羹も珍しいのですが、味も独特で、特に黒砂糖を使っているせいか、黒砂糖の味がはっきりわかりますし、また、甘すぎず、上品な味です。

一度食べたらやめられなくなりました。
「寒い時期に水羊羹なんて…」と思うかもしれませんが、暖かい部屋で冷たい水羊羹を食べてみてください。美味しいです。


えがわ

福井市照手三丁目6番14号

お魚屋さんのお食事処

福井から家に帰るとき、途中の敦賀に寄って食べました。
P1040733 私はせっかく敦賀まで来たのだからと、浜焼きさば御膳とぶりの刺身を別に注文しました。
同行者は刺身盛り合わせ御膳とマグロの刺身を注文しました。
浜焼きさばですが、脂が乗っていてが乗っていて、たまりません。
貧乏性な私はご飯が少なく感じるくらいご飯が進む一品です。
また、同行者が注文した、刺身盛り合わせ御膳も写真こそありませんが、こちらもボリュームがあってお勧めです。
P1040734 最初に刺身まで注文をしたので、
浜焼きさば御膳・刺身盛り合わせ御膳のボリュームがあることを知らなく、この刺身まで食べたら動きたくないというくらいおなかが膨れました。
敦賀駅からさほど離れていないところにあり、メニューも豊富にあるのでお勧めです。



地魚料理 まるさん屋
敦賀市
白銀町6番14号 (2階がまるさん屋で1階はお魚屋さんです)
平日11:00-14:00,17:00-22:00(L.O21:30)
      土曜11:00-14:30,17:00-22:00(L.O21:30)
日祝11:00-15:00,16:30-21:30(L.O20:30)

2008年1月13日 (日)

ご当地グルメシリーズ 福井編 vol.2

P1040728 福井に行ってきました。
今回は1人ではなく、2人で行動したのですが、ソースカツかそばのどちらがいいかと尋ね、そばを選択しましたので今回もそば屋さんに行くことにしました。
今回も観光マップを片手に、その後の行動があるので、福井駅からそんなに離れていないそば屋さんにしました。

写真は私が注文した、越前皿そばです。
皿そばになっても、大根おろしはかかせません。
皿に載っているそばと比べても薬味がねぎ、かつおぶし、生卵(卵黄)、とろろと結構あり、めんつゆもあります。

皿そばのおかわりもあるようです。(追加は2枚以上から)

ここの特徴はめんつゆが薄味であるところ。
醤油辛いめんつゆをだすそば屋さんも珍しくないのに、ここのめんつゆはそのままゴクゴクいけそうなくらい薄味です。
個人的には薄味好みなのでありがたいです。

少し平べったい麺が薬味によく絡んで美味しくいただきました。
他にもいろいろ目移りしそうなメニューがあり、他にも試してみたかったのですが、時間の都合上、次回以降の機会にしました。

越前つるきそば 本店
福井市中央二丁目4番31号

2008年1月10日 (木)

蔵蔵蔵蔵蔵蔵蔵蔵蔵蔵

P1040723私がたまに行くうどん屋さんで、「蔵十」というお店があります。
旭区にある芸術創造館(と旭図書館の合築)の近くにあります。
2年前に店の前をたまたま通りがかって、しばらくは定休日ということもあってなかなか入れなかったのですが、初めて食べた釜玉うどんが美味しかったので、よく釜玉かぶっかけうどんを食べています。
(でも、この時期限定のスジコンカレーうどんもおすすめです。)

写真は釜玉ゲソ天うどん定食です。

ごはんはかやくご飯で個人的にはこのお店の隠れた一品と思うくらい、美味しいです。
(もちろん、うどんも美味しいです。)

個人的にはだしも美味しいのですが、うどんの麺そのものを味わうメニューがおすすめです。

うどん 蔵十
大阪市旭区中宮一丁目12番18号
11:00-14:30頃 17:00-21:00頃
水曜定休

2008年1月 5日 (土)

麻婆とカレーの相性

P1040719久しぶりに奈良方面に行ってきました。
近鉄電車で西大寺ぐらいまで行ったら何か店があるだろうと思い、行ったのはいいのですが、ショッピングセンターはチェーン店ばっかりで味気ないので、街中ブラブラしたら、1軒のカレー屋さんを見つけました。
チェーン店ではなさそうなので入ることにしました。

メニューを見て結構いろんなカレーがあってびっくり。
カツカレーとかエビフライカレーとか載せる具の違いではなく、ホワイトカレーとか黒ゴマカレーとか、カレーのルーが違うので、組み合わせ次第ではかなりの種類になります。
そんな中、私が注文したのはマーボーカレーです。
カレーの辛さとマーボーの辛さが混ざり合い、どちらも主張しては来るのですが、お互いを引き立てる味で良かったです。

こんなに種類があるといろいろ試してみたくなりました。


カレー館 百年屋
奈良市西大寺東町二丁目1番49号
11:00-23:00

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック