カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

蕎麦のようなラーメン

P1050848 此花区は春日出にある一信のつけそばです。
 
メニューには夏季限定とあるので、もうすぐ終了するかもしれません。

このお店は今までに数回行ったことがあるのですが、前回行ったときは前のブログもなかったので、ずいぶん前になります。
 
しかも、ここを紹介してくれたのは某ラーメン店店主です。
 
ここのメニューはシンプルで、今回注文した夏季限定のつけそばと普通のラーメンとチャーシュー麺ぐらいしかありません。
 
ここのあっさりしたスープがおいしいです。

そして麺は蕎麦のように黒っぽいです。
これがまたあっさりしたスープによく合います。
次々と箸が伸びていき、すぐに食べてしまいました。
大通りから外れていますが食べる価値ありです。
 
醤油そば 一信
大阪市此花区春日出中二丁目14番23号
11:30-13:30,18:00-21:30
定休日:毎週木曜日,第3水曜日および日曜・祝日の昼
 
追記:2009年3月10日で閉店されました。

逆転の発想

P1050840_2 鳥取で購入したお土産の梨シャーベットです。

「シャーベットをどうやって持って帰れるのか?」と疑問に思うかもしれません。

もちろん、冷たいまま持って帰るのは不可能です。

これは逆に家に持ってから凍らせるのです。

子供のころに親が買ってきたチューチューを冷凍庫に入れるのと同じ感覚です。

逆転の発想です。

感心しながら大阪に持って帰りました。

箱にも書いていますが、4時間以上凍らせます。

そして、先程食べました。

元々液体のままの状態なので、液漏れ防止のため結構封が硬いです。

何とか開けて、食べます。

梨の甘さでない甘さが少しばかり勝ってしまいますが、なかなか美味しかったです。

よその場所でもお土産用のシャーベットが売っているのを見かけますが、誰かにお土産に買っていくと驚くかもしれません。

宝販売

鳥取県東伯郡三朝町大字大瀬1230番地

2008年8月29日 (金)

ちょっと変わったネーミングのお菓子―その1

P1000155 鳥取に行く列車の中で、「大風呂敷」という名前のお菓子の広告がありました。

気になるのでどんなものか試食しようと思いましたが、このお菓子だけ試食がありませんでした。

売れているから試食がないのか、ちょっと高いから試食できないのかは分かりませんが、どんなものか分からないので困りました。

たまたま試食できる場所を発見したので、迷わず試食。

食べてみて美味しかったので、購入しました。

私はこの日までこんなお菓子があるのを知らなかったのですが、家に帰ったら知っているものが約1名。

どうやら私が知らないところで何十回も食べていたようだ。

私もあちこちでいろんなものを食べているので人のことは言えない。

ということで私も食べることにしました。

黄な粉をまぶした求肥の上から、なし蜜をかけます。

なし蜜とは言ってもあまり梨の味はないのですが、でもかけることによって鳥取のお土産という感覚が沸きます。

試食のときはなし蜜はかかっていなかったのでこれが初めての完成品を食べることになります。

美味しいです。

鳥取の新・お土産菓子と言えば、20世紀梨を使ったものか、ゲゲゲの鬼太郎関連か、かにを使ったものが幅を利かしていますが、こういうのもいいなと思います。

(なし密だから、梨を使ってはいますが、このお菓子の場合は梨は脇役です。)

宝製菓株式会社(もうひとつのリンク先)

倉吉市関金町関金宿2919番地2

2008年8月27日 (水)

砂の利用法

P1050838お土産として購入した砂たまごです。
写真は帰りの電車の中で撮影したものですが…

鳥取の新しいお土産です。
砂丘の砂を利用して卵を蒸してできたものだそうです。


P1050830 駅の売店などでは箱売りしか見当たらなかったですが、鳥取砂丘の売店ではばら売りもありました。
中に入っているたまごは大体こんな感じで結んでいる部分が黒く焦げています。
家に帰り、食べてみました。

ゆで卵と違い、黄身が真ん中にはなく偏っているために剥きにくいです。
しかし、この黄身がゆで卵とはぜんぜん違う味を出しています。
全然温かくないのに、ホクホクしています。
これを思いついた人は凄いと思った一品でした。

ふくべむら特産品本舗

鳥取市福部町湯山104番地

2008年8月26日 (火)

駅弁シリーズ vol.7 鳥取駅-元祖 かに寿し

P1050835鳥取駅の駅弁「元祖 かに寿し」です。
鳥取駅の代表的な駅弁です。
もちろん、この時期に鳥取でかにが獲れるわけではないので、保存していた材料を使っているのでしょう。

P1050837 開けてみるとかにの身がいっぱい入っています。
早速食べてみました。
かには酢漬けになっているのですが、この酸味が正直賛否両論かもしれません。
弁当なので、酸味がこのくらいないといけないと思いますが、酸っぱすぎると感じる人がいるかもしれません。

ただ、個人的にはこれぐらいの酸味は好きです。

私が購入したときは「いかすみ弁当 黒墨」や「とっとりの居酒屋弁当」は売り切れていましたが、今度購入する機会があれば購入したいなと思いました。

アベ鳥取堂
鳥取市富安二丁目28番地

2008年8月25日 (月)

ご当地グルメシリーズ 鳥取編 vol.2

P1050811鳥取市は賀露(かろ)に港があります。
そこの港で取れた魚を飲食販売する市場があります。

賀露の市場なので「かろいち」といいます。
そこで昼食をいただきました。
(実際カレーを食べてからそんなに時間は経っていないのですが。)

やはり、市場の近くで魚を食べたいです。
ということで、かろいちで一番大きい食事処でご飯を食べました。

この時期白いかがいいということだったので、白いか御膳を注文しました。
白いかの刺身とげそのてんぷら、茶碗蒸しがあります。

わさび醤油ではなく、しょうが醤油でいただくのが鳥取流だそうです。

早速白いかの刺身をいただきました。

いかの甘さが十二分に分かる一品です。
大阪で食べるいかはいかと呼んではいけないくらい違います。

他にも美味しそうな料理はありましたが、次回以降の楽しみにしておきたいと思います。


天然海水いけす 海陽亭
鳥取市
賀露西三丁目27番1号 鳥取賀露港・海鮮市場かろいち内
11:00-14:00,17:00-22:00(L.O:21:00)
年中無休

2008年8月24日 (日)

ご当地グルメシリーズ 鳥取編 vol.1

P1050832鳥取カレーというのがあります。

総務省の調査によりますと、全国47都道府県庁所在地のなかで、鳥取市が1世帯あたりのカレールゥの購入量が1番多いのだそうです。
そこで、カレーを町おこしにしていて、今売り出し中のご当地グルメなのです。
鳥取カレーは材料を県産のものを使うのが基準のようですが、素人目にはわかりません。

また、鳥取にはカレー専門店というお店は加盟店を見ても少ないです。
ですので、今回は喫茶店でカレーを食べることにしました。
注文したのはその名も「鳥取カレー」。
チキンカツとゆで卵がトッピングされています。
チキンカツを砂丘、卵を月と見立てているらしいです。
(ちょっと黒目のカレールゥは夜のようです)

カレールゥは他の材料がなくなるまで煮込まれているので、原形をとどめていません。
何が入っているのか分からないのに美味しい。
シンプルのようでシンプルではないカレーを堪能しました。

これを食べてみて鳥取カレーがもっと気になる存在になりました。
他のお店カレーがどんなものなのか試してみたくなりました。


喫茶ベニ屋
鳥取市末広温泉町151番地
8:00-19:00
定休日:水曜日

2008年8月21日 (木)

地下鉄に乗って…T-28

P1050777地下鉄阿倍野駅1番出口を出て目の前のあべの筋を渡ってから天王寺駅方向に進んだところに「ビストロカフェ 羊の家」があります。
2年ほど前に堺東駅近くのお店に入ったことがあるのですが、こちらは初めてです。
阿倍野の再開発の関係で店が移転したようで、店内は新しいです。

お昼時だったので、注文はランチメニューです。

看板メニューと書かれている我が家のこだわりシチューを注文しました。

もちろん、実際にはシチューだけでなく、スープ・サラダ・ライスがついています。
P1050779 出てきたビーフシチューを食べてみました。
よくできたシチューでした。
よく煮込まれたお肉は噛まなくてもすっと口の中に入るくらい柔らかくなっていました。
ソースはコクはあるけれど、くどくはなく、美味しくいただきました。
今度は夜に行きたいなと思います。

ビストロカフェ 羊の家
大阪市阿倍野区阿倍野筋一丁目6番17号
11:30-15:00(L.O 14:30)
17:30-23:00(月から土・祝前日),17:30-22:00(日・祝日)

2008年8月19日 (火)

移転後も味は健在―其の三

P1050771初めてこのお店を訪れたときはこの店は高砂にありました。
高砂のにくてんを食べようと思い、街中を探していたらこのお店を目にしました。
せっかくなので、食べてみたら美味しかったので、以後、数回行きました。

しかし、久しぶりにネットでお店を検索したら須磨に移転したとのことだったので行ってみることにしました。

店の名前はCopenhagen(コペンハーゲン)。
デンマーク産のソーセージを使ったホットドッグを売っています。

B'zの稲葉さんと友達らしく、メニューにイナバドッグというのがありました。

今まで他のホットドッグを注文していましたので、イナバドッグを食べるのは初めてです。
早速注文しました。
フランスパンを使い、チリソースがかかっています。
チリソースはさほど辛くありません。
ただ、ソースもソーセージも他では食べられない味で、初めてこのお店に行ったときのことを思い出しました。

P1050770 イナバドッグと同時に注文した須磨水ぷくぷくサイダーです。
最近流行の地ソーダです。
これも初めてです。
さっぱり目の甘さにシュワシュワっという炭酸が食欲をそそります。
今度須磨に行った時にお土産で買って帰ろうかなと思いました。


また、他では食べられないようなメニューもあるので、行ってみようかなと思いました。

Copenhagen(コペンハーゲン)
神戸市須磨区須磨浦通四丁目3番14号
11:00-21:00
定休日:木曜日

須磨の洋食屋さん

P1050772須磨区内を通る国道2号線の須磨浦通三丁目交差点のそばに神戸の洋食屋さんという洋食屋さんがあります。
ネットで見て気になって行ってきました。


P1050774 ランチメニューはA,B,Cがありましたが、私はメイン&パンorライスである、Aランチを注文しました。
メインはいくつか選べますが、私は手作り煮込みハンバーグキノコソースをチョイス。
チョット量が少ないのは難点ですが、このデミグラスソースは濃すぎず、水っぽくないちょうどいい具合のソースにハンバーグがよく合います。

付け合せのポテトもこのソースにつけて食べるとやっぱり美味しい。
今度は単品メニューを味わってみたいと思いました。


神戸の洋食屋さん
神戸市須磨区須磨本町一丁目1番11号
11:00-15:00,18:00-22:00(L.O各30分前)

2008年8月15日 (金)

ご当地グルメシリーズ 名古屋編 vol.6

P1050768松本から大阪に帰る途中で名古屋に寄りました。
名古屋で味噌煮込みうどんが食べたいというので、名鉄百貨店の9階にある山本屋総本家に行きました。

この回でも書きましたが、
山本屋本店と山本屋総本家とは別のお店です。

早速、親子味噌煮込みうどんを注文しました。

まず味噌煮込みうどんなのでスープをいただきます。
まろやかな味に次々とれんげですくいます。
うどんもこれが味噌煮込みうどんという味と食感でよかったです。
鶏肉は名古屋コーチンを使っていて、弾力があり、噛むと甘みを感じる肉は美味しく、卵は濃厚な味で満足の一品でした。

今度は本店で味わってみたいです。

山本屋総本家 名鉄店
名古屋市中村区名駅一丁目2番1号 名鉄百貨店9階
11:00-23:00(L.O21:45)
定休日:名鉄百貨店の休日に準じる

次回訪問のときだったお店

P1050763松本最後の日の晩のことです。
同行者が郷土料理はもういいということもあり、店の前を通っていて気になっていたお店に行くことにしました。

もしそんな話になっていなかったら、次回、松本に行くときに訪れる予定でした。
(もちろん、次回、いつ行けるかはわかりません。)

店の看板に味噌ステーキとひんやりパスタとあったので、それらを注文することにしました。

味噌ステーキは牛ではなく豚だということもあり、結構安いお値段で食べることができました。(1,000円)
味はあまり味噌というのを主張していない一品で、これはこれで美味しかったです。

P1050764 大粒アサリとムール貝の冷製スープスパゲッティーはアサリは正直イマイチでしたが、味付けそのものは薄味であっさりしてよくできていました。
雰囲気もよく、リーズナブルな値段だったのでうれしかったです。


ボン・マルシェ・タツミ亭
松本市中央一丁目5番3号
平日:11:30-15:00,17:00-22:00
土・日・祝:11:30-22:00
定休日:月曜日

2008年8月13日 (水)

山葵づくし(変り種のソフト#2-わさびソフト)

安曇野に行ってきました。

穂高駅から歩くこと30分。

大王わさび農場につきました。

ここの名物といえば、言うまでもなくわさび。

わさび尽くしでいただきました。

P1050753 本わさび丼

わさびは自分ですりおろします。

すりおろしたわさびにしょうゆを入れて丼にかけます。

海鮮丼の海鮮なしバージョンですが、わさびの茎やかつおぶしが入っています。

すりおろしたわさびは香ばしく、シンプルなのに味わいのある一品でした。

P1050754 冷やしわさびたぬきそば

改めて写真を見るまで気づかなかったのですが、天かすが入っているからたぬきだったんですね。

あげさんが入っているそばがたぬきと文化で育っているから、忘れていました。

こちらはわさびはすってあります。

わさびを添えることで、風味が出ました。

P1050752 わさびビール

わさび入りのビールです。

岩手県のとあるところにわさびのビールがあるというのを聞いたことがあるのですが、地ビールということと、まだ行ったことがないので、いまだに飲んだことがありません。

そんななかわさびビールがあったので、注文しました。

色こそ、緑色をしていますが、わさびの風味はあまり感じられませんでした。

P1050757 わさびソフト

こちらだけ同じ敷地内の別の場所で売っていたものです。

わさびが入っています。

ソフトクリームなので、基本的には甘いのですが、後でしっかりわさびの味がします。

わさびの辛さの分、さっぱりするといった感じです。

思う存分わさびを堪能しました。

大王わさび農場(レストラン)

安曇野市穂高1692番地

9:00-16:30(オーダーストップ)

2日連続の居酒屋

また居酒屋なのですが、バリアフリーということを聞いたので、入ってみることにしました。

ここでも地元の料理をと思い、注文しました。

P1050746 わさびの花や干だらなど松本の名物を味わいました。



P1050747 メニューに焼き鳥フライというのを見つけたので、注文してみると鳥のフライが焼き鳥のように切って揚げていました。

地鶏なのか、肉が硬めでよかったです。

この日もお酒を飲みました。

地元の地酒を飲みながら、地の物を食べるのもいいなと思いました。

P1050748 さて、バリアフリーということで、気になったのでトイレをチェックしました。

居酒屋にはないと思われる、車いすトイレ。

店内は民芸調なのですが、ここのトイレだけは別で、結構広めのトイレでした。

しづか

松本市大手四丁目10番8号

12:00-23:00

定休日:日曜日・祝日

2008年8月12日 (火)

久しぶりの居酒屋

私は滅多に居酒屋には行きません。

普段、お酒をあまり飲まないから、入店するとお酒を飲まないといけない雰囲気になるのであまり入りません。

今回は時間がなかったということもあり、居酒屋に入ることにしました。

松本に来たので、やはり馬刺しははずせません。

P1050724 馬肉の4種盛り(霜降り・ひれ・ふたえご・こうね)を注文しました。

脂がのっていてとろけそうな食感でした。


P1050720 だし冷奴は出汁もよかったですが、大豆そのものの美味しさが分かる一品でした。


P1050723 山賊焼きというのは鶏肉をにんにく・塩などで作った特製のタレに漬け込みから揚げにしたものです。

にんにくも入っていたこともあり、香ばしかったです。


P1050727 馬肉のもつ煮込みです。

お肉には癖がありますが、コリコリとした食感と味付けで郷土色豊かな一品になっていました。

P1050728 ゲテモノセットというものを頼みました。

蜂の子とイナゴの佃煮です。

蜂の子はともかく、イナゴの佃煮は味付けもよかったせいか、初めて食べましたが、美味しくいただきました。

2人で行ったのですが、結構食べました。

馬肉の味が忘れられませんでした。

萬来

松本市中央一丁目4番4号

15:00-24:00

無休

2008年8月11日 (月)

久しぶりの五平餅

P1050718 中津川駅で電車を降りました。

 

まったく予定がなかったのですが、ちょっとしたミスで電車を待つことに。

街をぶらぶらしていたら、五平餅の暖簾があったので、久しぶりに入りました。

メニューは五平餅のみです。

高山で食べる五平餅と違い、団子状になっていています。

こんな五平餅もあるのだと食べてみると美味しい。

くるみ味噌をつけてから炙っているので、香ばしい一品でした。

今度この辺りに行くとしたらHPの取材のときだと思われますので、そのときにまた訪れたいと思います。

おふくろ

中津川市太田町二丁目4番12号
10:30-17:00頃
定休日:水曜日

2008年8月 7日 (木)

大阪のオランダ料理屋さん

P1050706大江橋北詰を東に50mぐらい東に行ったところにOUDE KAAS(アウデ・カース)というオランダ料理屋さんがあります。
以前は今の店舗よりも大江橋よりに店があったのですが、移転しました。

オランダ料理というのはあまり聞かないので、どんな料理なのだろうと思い、ずっと気になっていました。
食べる機会ができましたので、入ってみることにしました。

1階に入口がありますが、すぐに階段で2階に上がります。
ちょっと急な階段ですので行かれる方はご注意。

P1050707 日替わりランチを注文したので、あまり、オランダ料理という感じではないような気がしますが…
かぼちゃのスープは手作りという印象を受ける一品で、完全にかぼちゃを漉しているのではなく、程よくかぼちゃとわかる食感がよかったです。
P1050708 この日の日替わりはハンバーグステーキでした。
このハンバーグは少し崩れやすいのが難点ですが、逆に言えば、やわらかくジューシーな一品でした。
もちろん、こちらも手作りとわかる一品でした。

今度はオランダ料理っぽいものを注文したいなと思います。

OUDE KAAS(アウデ・カース)
大阪市北区西天満二丁目5番6号
11:30-14:00,17:30-22:00
定休日:日曜祝祭日および第3土曜日

2008年8月 5日 (火)

そばの街でラーメンを食べる

P1050702福井に戻り、夕食はラーメンにしました。
福井と言えば、おろしそばやソースカツ丼が有名ですが、福井に行く機会が多そうなので、敢えて他のものにしました。

駅前をふらふら歩いたのですが、気になったラーメン店に入りました。

暑かったので冷やし麺にしようかと思いましたが、「黒豚炙りチャーシュー」の文字が気になり、
黒豚炙りチャーシュー麺にしました。
出てきたチャーシューは炙っているだけに今まで食べていたチャーシューとは食感も味も全然違います。
P1050703 再度メニューで注文した漁師風おにぎりです。
げんこつサイズのおにぎりには驚きましたが、今まで食べたことのない具だったので、わくわくしながら食べました。
どちらも美味しくいただきました。
ラーメン以外のメニューも豊富にあり、気になるメニューがたくさんありました。

旬菜麺茶屋 五目亭
福井市中央一丁目3番7号
11:00-24:00(L.O23:30)
年中無休

2008年8月 4日 (月)

変り種のジェラート#1

Carnamikuni三國バーガーの事をネットで調べたら、塩ジェラートが食べられると知ったので、こちらも試してみることにしました。
場所は三國湊座からさほど離れていません。

店内にはいろんな種類のジェラートがあります。
三国の海水から作られた塩ジェラートは言うまでもありませんが、シングルではもったいないので、ダブルにしました。
もうひとつは越のルビーというトマトです。

早速食べてみました。

塩ジェラートは決して辛いだけの塩ではなく、まろやかさがあり、スイカに塩を振るのと同じく、塩が甘さを引き立てます。
越のルビーはトマトの青臭さすら味わいが出ていました。

他にやりたいことがあったので、これをもって大阪には帰れませんでしたが、三国を訪れたらまた立ち寄りたいお店です。

ジェラート&スイーツ CARNA(カルナ)
坂井市三国町南本町三丁目4番34号
11:00-18:00
定休日:水曜日

三国のご当地グルメ

P1050644 坂井市は三国に行ってきました。

数日前に三國バーガーというものがあると聞いたので、三国方面に行くのは決まっていたので行ってみることにしました。

三國バーガーを売っている三國湊座まで、駅からあまり歩きませんでした。

レトロな感じの外観とは違い、明るい店内です。

P1050645 さっそく、三國バーガーを注文しました。

福井県産のビーフとらっきょう、自家製のソースなど、オリジナルのハンバーガーです。

私はその場で食べましたが、テイクアウトする人もいてました。

手作りのハンバーガーはパティといい、ソースといい、チェーン店にない味があり、美味しくいただきました。

P1050646 暑かったので、この後ジェラートを食べる予定だったのに、かき氷も注文しました。

きなこみつのかき氷です。

きなこみつというのは初めてだったので、目の前に売っていたら食べないわけには行きません。

ちょっと食べにくいのが難点ですが、きなこの風味がよく美味しくいただきました。

三國バーガーとは別に地元のえびを使ったエビクリームカツバーガーや揚げ酒まんじゅうもあり、次に三国の街を訪れたときはこちらのメニューも食べてみたいです。

三國湊座

坂井市三国町北本町四丁目6番48号

10:00-17:00

定休日:水曜日

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック