カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« ちょっと変わったネーミングのお菓子―その1 | トップページ | 蕎麦のようなラーメン »

2008年8月30日 (土)

逆転の発想

P1050840_2 鳥取で購入したお土産の梨シャーベットです。

「シャーベットをどうやって持って帰れるのか?」と疑問に思うかもしれません。

もちろん、冷たいまま持って帰るのは不可能です。

これは逆に家に持ってから凍らせるのです。

子供のころに親が買ってきたチューチューを冷凍庫に入れるのと同じ感覚です。

逆転の発想です。

感心しながら大阪に持って帰りました。

箱にも書いていますが、4時間以上凍らせます。

そして、先程食べました。

元々液体のままの状態なので、液漏れ防止のため結構封が硬いです。

何とか開けて、食べます。

梨の甘さでない甘さが少しばかり勝ってしまいますが、なかなか美味しかったです。

よその場所でもお土産用のシャーベットが売っているのを見かけますが、誰かにお土産に買っていくと驚くかもしれません。

宝販売

鳥取県東伯郡三朝町大字大瀬1230番地

« ちょっと変わったネーミングのお菓子―その1 | トップページ | 蕎麦のようなラーメン »

お土産」カテゴリの記事

鳥取県中部地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 逆転の発想:

« ちょっと変わったネーミングのお菓子―その1 | トップページ | 蕎麦のようなラーメン »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック