カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 駅弁シリーズ vol.7 鳥取駅-元祖 かに寿し | トップページ | ちょっと変わったネーミングのお菓子―その1 »

2008年8月27日 (水)

砂の利用法

P1050838お土産として購入した砂たまごです。
写真は帰りの電車の中で撮影したものですが…

鳥取の新しいお土産です。
砂丘の砂を利用して卵を蒸してできたものだそうです。


P1050830 駅の売店などでは箱売りしか見当たらなかったですが、鳥取砂丘の売店ではばら売りもありました。
中に入っているたまごは大体こんな感じで結んでいる部分が黒く焦げています。
家に帰り、食べてみました。

ゆで卵と違い、黄身が真ん中にはなく偏っているために剥きにくいです。
しかし、この黄身がゆで卵とはぜんぜん違う味を出しています。
全然温かくないのに、ホクホクしています。
これを思いついた人は凄いと思った一品でした。

ふくべむら特産品本舗

鳥取市福部町湯山104番地

« 駅弁シリーズ vol.7 鳥取駅-元祖 かに寿し | トップページ | ちょっと変わったネーミングのお菓子―その1 »

お土産」カテゴリの記事

鳥取県因幡地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 砂の利用法:

« 駅弁シリーズ vol.7 鳥取駅-元祖 かに寿し | トップページ | ちょっと変わったネーミングのお菓子―その1 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック