カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 明石の中心から外れたところで玉子焼きを食べる | トップページ | 金沢土産の定番商品となりそうな一品 »

2008年12月 2日 (火)

長田の青森

P1060226そばめしの発祥のお店である「青森」にずっと行こうと思っていました。
しかし、なぜかここにたどり着くことのないまま、他のお店で食べてしまい、何年もこのお店に行くことはありませんでした。
しかし、今度こそと気合を入れて行ったら、無事にたどり着きました。
言うまでもなく注文したのはそばめしです。

私が行った時間のせいかもしれませんが、観光客らしき人はいなく、地元の人か私のようによそ者でもいかにも観光客といういでたちではない人ばかりでした。

観光客ではない西九条ですので、そばめしであろうともコテで食べます。
お皿や箸は焼きそばを食べるときだけです。

そばめしに少しはソースがかかってはいるのですが、少しだけソースをかけました。
甘口と辛口があるのですが、辛口がどろソースなら嫌なので、どろソースでないことを確認してから辛口ソースをかけました。

すじコンが入っているからなのか、すじ肉のコクも混ざり合っていて美味しい。

もともと、お好み焼き屋さんなので、当然、お好み焼きもあります。
作っているのを見ると以前にも書いたことはあるのですが、大阪のお好み焼きとは別のものです。
こちらもいくつか種類があるので今度はお好み焼きのメニューを食べてみたいと思います。

青森
神戸市長田区久保町四丁目8番6号
12:00-14:00,17:00-22:30
定休日:火曜日

« 明石の中心から外れたところで玉子焼きを食べる | トップページ | 金沢土産の定番商品となりそうな一品 »

ご当地グルメ」カテゴリの記事

神戸市長田区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長田の青森:

« 明石の中心から外れたところで玉子焼きを食べる | トップページ | 金沢土産の定番商品となりそうな一品 »