カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 昼と夜2つの顔を持つ鶏料理屋さん | トップページ | 悪戦苦闘 »

2009年2月 1日 (日)

本業はすし屋だが…

P1060599私が初めてかつめしを食べたお店がこのお店です。
加古川の名物ですが、最寄駅のホームから見える看板には「高砂名物」と堂々と書かれています。

しかも、このお店の本業は寿司屋さん。
しかし、かつめしを注文する人が多いのです。
(私もそんな一人なのですが)

前回このお店でかつめしを食べたのは4年以上前のことです。
最寄り駅から離れていないこともあって、迷わずにお店に行くことができました。

オーソドックスにかつめしをいただきました。
少し甘めのデミグラスソースをビフカツ(とんかつではないのです)にかかっているだけなのですが、これが美味しい。
(ソースが甘めなのは、昔からのお客さんはソースをかけることから、それを想定しているらしいのです)

そして、キャベツもただ茹でているだけなのですが、箸やすめにちょうどいいのです。
久しぶりに食べたかつめしに満足しました。
また行きたいなと思います。


一平
高砂市伊保港町一丁目4番24号
10:00-21:00(L.O)
定休日:月曜日

« 昼と夜2つの顔を持つ鶏料理屋さん | トップページ | 悪戦苦闘 »

ご当地グルメ」カテゴリの記事

兵庫県東播磨地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本業はすし屋だが…:

« 昼と夜2つの顔を持つ鶏料理屋さん | トップページ | 悪戦苦闘 »