カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 駅弁シリーズvol.11 浜松駅-しらす弁当 | トップページ | ご当地グルメシリーズ 富士宮編 vol.1 »

2010年4月 8日 (木)

店名の由来はイニシャル?

P1100146
京都は北区の住宅街にこのお店があります。
インターネットで調べるとこのお店が出てきたので、行ってみることにしました。
お店の名前は
Petit restaurant T.H(プティレストラン テ・アッシュ)。
フランス語読みなのでTHは「ティー・エイチ」ではなく「
テ・アッシュ」なのでしょう。
お店の人に尋ねることはなかったのですが、イニシャルなんでしょう。

私はランチセットを注文しました。
P1100147
まずサラダが出てきました。
酸味の強いドレッシングがかかっていて最初は驚くのですが、慣れるとこの味がよくなってきます。
P1100148
スープです。
この日は(いつもかもしれませんが)ジャガイモのスープです。
あっさりとしてはいるのですが、ジャガイモの良さが分かるスープでした。
P1100149
パンです。
パンかご飯か選べますが、パンにしました。
にんじん入りのパンで、自家製だそうです。
これがなかなかのもので、お店の人が一押ししているような感じがしましたが、納得しました。
P1100150
今日のメイン料理です。この日は以下の物から選べました。
a春野菜入り、トマトソースのスパゲッティーニ
b旬魚と春キャベツのソテー、マリナーラソース
c筍入り和風ハンバーグステーキ
d地鶏もも肉のパン粉焼き、マスタード風味のデミソース
e牛フィレ肉のソテー、和風ソース(ただし、500円up)
私はeを選びました。

意外とこの和風ソースがお肉とよく合い、美味しくいただきました。
そして特筆すべきなのは、付け合せの野菜で、この野菜が美味しいのです。
このコースではなくサラダランチというのが別にあるのが今になって気づきました。

なかなか行きにくいのですが、行って良かったと思います。


Petit restaurant T.H(プティレストラン テ・アッシュ)
京都市北区紫野東泉堂町11番地の1
11:30-14:30(L.O),17:30-22:00
定休日:毎週水曜日および月1回不定休

« 駅弁シリーズvol.11 浜松駅-しらす弁当 | トップページ | ご当地グルメシリーズ 富士宮編 vol.1 »

グルメ」カテゴリの記事

京都市北区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 店名の由来はイニシャル?:

« 駅弁シリーズvol.11 浜松駅-しらす弁当 | トップページ | ご当地グルメシリーズ 富士宮編 vol.1 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック