カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 隠れ家的ジェラート店 | トップページ | 住宅街の中華料理屋さん―神戸市垂水区編 »

2011年7月21日 (木)

拝啓 平賀源内様

平賀源内様

私は平賀源内様がうなぎ屋さんに「本日(土用の)丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めてからおおよそ190年後の世界で生きています、西九条舞と申します。

私が生きている時代も平賀源内様のキャッチコピーが健在で、土用の丑の日はうなぎたちは1年で最も受難の日を迎えるくらいです。

私も本日、神戸のうなぎ屋さんに行きました。

店先に「本日土用の丑の日」と書かれた紙が貼られていました。

私が注文したのは上うなぎ丼を注文しました。

P1170085

丼といってもうな重といっても差し支えないものでした。

蒲焼は関西風の焼き方です。

ですので、脂が乗っています。

蒲焼に色が付いていないような感じがします。

確かに薄味ですが、うなぎそのものの味を活かしていて美味しくいただきました。

うなぎといえば肝吸いなのですが、ここは赤だしでした。

しかも肝入りです。

その肝が独特の苦さを感じさせないくらい処理がされていて満足しました。

日本にこのような風習を作ってくれた平賀源内様にお礼を言いたくて筆を取らせていただきました。

 

 

平成23年7月21日 

                                          西九条舞  

追伸

先程述べましたうなぎ屋さんの場所を記すのを忘れましたので、場所を紹介したいと思います。

うなぎ 横丁

神戸市中央区元町通一丁目6番17号

11:00-21:00(L.O20:30)

定休日:毎週日曜日・年末年始・お盆

« 隠れ家的ジェラート店 | トップページ | 住宅街の中華料理屋さん―神戸市垂水区編 »

グルメ」カテゴリの記事

神戸市中央区」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 拝啓 平賀源内様:

« 隠れ家的ジェラート店 | トップページ | 住宅街の中華料理屋さん―神戸市垂水区編 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック