カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 駅チカ・住宅街の洋食屋さん 墨染駅編 | トップページ | 下町の三ツ星洋食 »

2013年7月12日 (金)

駅弁シリーズvol.35 豊橋駅-飯田線 秘境駅オリジナル弁当

P1230109
豊橋駅の駅弁「飯田線 秘境駅オリジナル弁当」です。
P1230110
中を開けるとこんな感じになっています。
スーパーの弁当みたいで少し味気ないように感じられますが、中身は結構多くの種類が入っています。
まず、この駅弁の名前になっている秘境駅については「秘境駅へ行こう!」というサイトを参照にしてください。
上記の駅弁のイラストはそのサイトで上位にランクインされた飯田線の駅が5駅掲載されています。
豊橋駅から飯田線が出ているのでこういう駅弁があってもおかしくはありません。
鶉のたまごは豊橋の特産物で、稲荷寿司は豊川の名物で山菜ごはんは沿線の山間の名産と言うことでしょうか?
(ここの駅弁屋さんの駅弁に稲荷寿司を出しているのでわざわざ作っているのではないと思います。)
一応、沿線の名物を意識しています。
とは言え、まだまだ中途半端な感じもするのも事実で、味噌カツがあるのですが、ここは飯田線の沿線自治体である駒ヶ根市の名物である、ソースかつにして欲しいし、飯田の特産品の凍り豆腐も入れても良かったのではないかと思います。
それでも、ごぼうの巻き寿司は初めて食べる品物で意外と美味しくいただいたり、煮物があり、全体としては高評価な駅弁です。
またいただきたいと思います。
 
壺屋
豊橋市白河町10番地

« 駅チカ・住宅街の洋食屋さん 墨染駅編 | トップページ | 下町の三ツ星洋食 »

豊橋市」カテゴリの記事

駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅弁シリーズvol.35 豊橋駅-飯田線 秘境駅オリジナル弁当:

« 駅チカ・住宅街の洋食屋さん 墨染駅編 | トップページ | 下町の三ツ星洋食 »