カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 灯台下暗し 第4章 | トップページ | 久しぶりに食べる油そば »

2015年9月19日 (土)

駅弁シリーズvol.44 岡山駅 千屋牛すき焼き重

新見に千屋牛というブランド牛があります。
千屋牛についてはこちらを参考にしていただくとして、その千屋牛を駅弁にしたというので食べてみることにしました。
P1280664その名もずばり「千屋牛すき焼き重」。

セロファンを取った状態の駅弁です。
(本当はセロファンが付いていた写真も撮ってはいるのですが、値段がそのまんま分かるのでお蔵入りになりました。)

P1280667
ふたを開けるとこんな感じです。

白いのは半熟卵です。

衛生上のこともあるので卵に熱を加えるのは仕方がありません。

早速いただきました。

すき焼き風に味付けしているので砂糖の甘みがあるのは当然のことなのですが、それだけではない肉独自の甘みが感じられて、また、お肉そのものが柔らかくておいしいです。
食べたときに気が付いたのですが、この駅弁は温める機能は付いていないのに、お肉が冷めた時に出てくる脂が付いていなくて工夫がなされていてよかったです。

実際にはあうので仕方がないのかもしれませんが、紅しょうがを付けると「すき焼き重」から「牛丼弁当」になってしまうので、すき焼きらしいものにしてほしかったとは思います。

三好野本店
岡山市中区桑野131番地6

« 灯台下暗し 第4章 | トップページ | 久しぶりに食べる油そば »

岡山市中区」カテゴリの記事

駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駅弁シリーズvol.44 岡山駅 千屋牛すき焼き重:

« 灯台下暗し 第4章 | トップページ | 久しぶりに食べる油そば »