カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月

2018年1月30日 (火)

付箋の舞

P1360786

金沢市の近郊都市に野々市市という街があります。
平成のご時世に単独で市制移行した珍しい街です。

今回はこの街周辺を行った時の話。

金沢の繁華街なら気にもしないですがそうでなければ気になるのが食事場所。
ローカル線の駅近くには飲食店どころか民家しかないところが珍しくありません。
なので最近は事前に飲食店をネットで調べておきます。
野々市駅(石川線)からさほど離れていないところに1軒のそば屋さんを発見しました。

高評価だったので行くことにしました。

このお店は月限定のそばがあり、それを選びました。
ちなみにこの月は新発田産のそばを使ったものでした。
そばを待っている間にどんなものがあるかメニューを見て待っていると付箋がいろいろ貼られていました。

期間限定のメニューが書かれているのが多かったですが、仕事で付箋を多く使う私には仕事を思い出すアイテムです。

出てきたそばはよくできた一品でそばの香りと茹で加減、またつゆの味も申し分ありませんでした。
多くの客が1人で複数の品を注文していましたが、そばを食べてみてその理由がわかりました。
「もっと味わいたい」という気持ちが。
電車の時間もあり追加注文はしませんでしたが、そばを注文してもいいくらいの出来でした。
また行こうかなと思います。

敬蔵
野々市市本町一丁目8番28号
11:30-14:30
定休日:毎週水曜日および第3火曜日

2018年1月 6日 (土)

ご当地グルメシリーズ 鳥取編 vol.3

P1360687少し前に鳥取に行ってきました。

数年前にネットで調べて気になるカレー屋さんがあったのですが夕食時に食べようと思いお店に行ったら営業終了していたのでリベンジで行くことにしました。

私はやくぜん牛筋カレーを注文しました。
やくぜんカレーと名前がありますが漢方薬が入っているわけではなく、香辛料のことだそうで、逆に言えば普通のカレーも香辛料委は入っているだろうとツッコみたくなりました。
このお店の特徴と言えば、地産地消。
つまり、原材料に鳥取県産を使っていること。
国産米使用と表記している飲食店は多いですが、敢えて県産米使用とエリアを限定する飲食店は珍しいと思います。
カレーをいただきました。
中辛と言われるだけあってあまり辛いという感触はありませんでした。
しかし、辛いという香辛料ではないのか、辛くはないのですが体がポカポカしてきました。
そして、スパイスを入れてみました。(カレーの左斜め上に写っているやつです)
これで辛さを調節できます。
うれしい誤算なのはサラダが美味しかったこと。
鳥取駅の近くにあるので(鳥取信金本店別館を目指すとわかりやすいです)気軽に行けそうです。

木の香り
鳥取市栄町659番地
11:00-18:00
定休日:毎週月曜日

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

最近のトラックバック