カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 温泉街のジェラート(和倉温泉編) | トップページ | 初めて食べるホルモンハンバーグ »

2020年3月20日 (金)

普通のそば屋と雰囲気が違うけれど…

大正橋から千日前通を東に進んで日吉橋交差点までに今回紹介するお店があります。
某グーグルマップを見て気になったお店で行ってみることにしました。
Hiyoshibashijidaiyu和風テイストの店構えというイメージのあるそば屋さんとは全然違い、橋のたもとという立地条件もあって、お店は入口を入ると階段を降りて半地下にある席につくことになります。

注文したのはとろろそば。
冷たいそばは十割そばと細切り(そば85%、つなぎ15%)が選べますが、十割を出すお店が少ないのでここは十割にします。
出てくるまでに少し時間がかかるのでじっと待つことに。
出てきたおそばはこちら。
十割そばということもあり、二八そばと比べて少し固めですが、それでも固いだけでぷちぷち切れる十割そばではなく、食感がたまらなくいいです。
また、「これがそばだ!!」と言わんばかりにそばがそばであることを主張していて味わい深い一品となっていました。

後でそば湯もいただきましたが、濃いそば湯が出てきてそばを堪能しました。

今度は温かいそばを選んで味わいたいと思います。


そば切り 治太夫(じだいゆ)
大阪市浪速区幸町三丁目8番15号
11:30-14:00(L.O),17:30-21:30(L.O)
定休日:毎週木曜日および毎週水・金曜日の昼

« 温泉街のジェラート(和倉温泉編) | トップページ | 初めて食べるホルモンハンバーグ »

大阪市浪速区」カテゴリの記事

そば」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 温泉街のジェラート(和倉温泉編) | トップページ | 初めて食べるホルモンハンバーグ »