カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年8月

2021年8月28日 (土)

梅田の中心でTMGを食べる

時々、梅田経済新聞を見ています。
そこでの記事が気になり、行ってみることにしました。
運営はJR九州フードサービス
会社の名前は初めて聞くけれど、JR九州の関連会社なのは容易に想像ができます。
「JR九州の関連会社が阪急三番街に?」と思われるかもしれませんが、店舗の大きさ、営業時間を見たらこの場所が適切なのでしょう。
しかも、JR博多シティの核テナントが博多阪急なのでもしかしたら優先的に阪急系列にしたのかもしれません。
3bangaiuchinotamagoオープンが8月22日なので久しぶりに開店直後のお店訪問ということになりました。
朝食時間に行ったので、メニューは朝ごはん(500円)オンリー。
ただ、トッピングとして明太子(100円)があるので注文。
当然、博多の明太子という期待感があるから。
空のお椀はたまごかけご飯にする時のもの。

醤油は2種類あったのですが、だし醤油を使いました。
どうもこのだし醤油、同じJR九州の関連会社が作った商品で、また、たまごも醤油とはまた別のJR九州の関連会社が生産しているものです。
 
ここまでくるとただの片手間でやっている感じがしません。

おかわりができない朝食に500円は高いと思うかもしれませんが、コクがあって美味しい卵と醤油で食べられるものなので毎日とまではいかなくても気合を入れたいときに食べたい一品になります。
お味噌汁も九州の味噌を使っているのかどこか甘く美味しくいただきました。
明太子もピリッとしていてさわやかな辛さで納得のいく味でした。
昼間は親子丼があるみたいなので今度は昼の時間に行きたいと思います。
 
うちのたまご
大阪市北区芝田一丁目1番3号 阪急三番街北館1階
7:30-21:00(土・日・祝日は10:00-21:00)
(上記の営業時間は通常の営業時間です。)
定休日:阪急三番街の休日に準じる

2021年8月23日 (月)

ピネライスって何?

京都に行ってきました。
主な目的は買い物ですが、1年ぐらい前から気になるものがあったので行ってみました。
京都に「ピネライス」というものがあるみたいです。
京都を代表するB級グルメとか言われているのですが、知りませんでした。
これでも4年間、京都の学校に行っていたのですが…
それでも知らないものは知らなかったので学校を卒業してから随分経ってから知ることとなりました。
行ってきたのは六角高倉にあるキッチンゴン六角本店さん。
大丸京都店が四条高倉にあるので大丸から北に上がったところになります。
「丸竹夷二押御池、姉三六角蛸錦、四綾仏高松万五条…」なので四条通から見たら六角通は3本北にある東西の通りになります。
六角高倉を東に入ったところにお店がありました。
ピネライスを食べたかったので当然ピネライスを注文するとして、何のセットにしようか迷いました。
Takakurarokkakugon 少し迷ったうえ決めたのはBピネライスセット(税込み1,650円)にしました。
 
ピネライスにビーフカツとエビフライかカニコロッケ、サラダ、スープが付いています。
ちなみにAピネライスセットはビーフカツではなくハンバーグで、税込み1,320円です。
 
ピネライスですが、チャーハン+とんかつ+カレーソースorデミグラスソースの組み合わせの料理で、Bピネライスセットをチョイスしたということは前回おおさかぐりるで食べたダブルカツ定食の豪華版みたいな感じになります。
 
ピネライス自体が組み合わせの料理ですが、さらにトッピングというのも存在してまして、ガーリック入りとか玉子載せ、チーズ載せやわらじとんかつ載せもあります。
最初なのでノーマルなピネライスにしました。
またピネライスのご飯も普通のチャーハンかケチャップで炒めた赤ピネライスがありますが、赤ピネライスを選んだ場合はカレーソースは選べません。
ちなみに今回はf痛のピネライスにデミグラスソースを選びました。

冬場ならカレーソースを選んだのですが、夏場にカレーを食べて汗が拭いたら大変だと思い、デミグラスソースにしたのですが、ビーフカツについているソースがデミグラスソースなので少々後悔しました。

ビーフカツととんかつの食べ比べができたり、サラダにかかっているドレッシングが少しパンチの効いた味でなかなか楽し間ました。
意外とカップスープが美味しくおかわりが欲しかったくらいです。
エビフライですが、エビが開いて揚げていたのですが、それでもボリューム感があって美味しくいただきました。
チョイス次第で何通りにも味が楽しめるので何度行ってもいいお店だと思いながらお店を後にしました。
 
キッチンゴン六角本店
京都市中京区六角通高倉東入堀之上町129番地 プラネシア高倉六角1階
平日:11:00-14:30,17:00-21:00
土・日・祝日:11:00-21:00
定休日:毎週水曜日
(上記営業時間は通常の営業時間です。)

2021年8月 9日 (月)

梅田にある大衆的な洋食屋さん

新梅田食道街というJRの高架下にある食堂街があります。
最近、昭和の風情の残っているものが一部で流行っていますが、ここは流行り廃りとは縁がなく、昭和のいでたちまっしぐらの場所です。
100店近くあるこの食堂街ですが、私が昔から行っているお店があります。
おおさかぐりるというお店です。
安くてボリューム満点の「大阪の洋食屋さん」といった感じのお店です。
ここは武生のB級グルメであるボルガライスを大阪で食べられる数少ないお店ですが、個人的にお得感があるダブルカツ定食(1,000円)の食券購入。
Umedaosaka_grill 程なくして出てきたのはこちら。
 
ライスは追加料金なしで大・中・小と選べますが、貧乏性の私は大を注文。

おかずの左側にデミグラスソースがかかっているのは牛カツ。
おかずの右側にカツだけなのがとんかつ。
牛カツととんかつの間にキャベツの千切りが仕切り代わりとしてあります。
とんかつソースが写真の上にあります。
 
庶民の味方の洋食屋さんということでスープではなく味噌汁。
それでも、しっかり出汁をとっていてシンプルながらも美味しい味噌汁です。
 
デミグラスソースそのものは特筆すべき点はありませんが、安さを考えたら及第点を出せます。
とんかつも牛カツとのセットの値段と考えたら結構厚みのある一品で満足しました。
今度はボルガを食べたいなと思います。
 
おおさかぐりる
大阪市北区角田町9番26号 新梅田食道街1階
11:00-22:00(通常営業時間)
定休日:なし

2021年8月 1日 (日)

北極のペンギン

難波で映画を見てきました。
映画館の近くに北極があったので久しぶりに購入しました。
Nambahokkyoku 昔はテレビCMしていたなぁ。ペンギンがアイスキャンディを持っているCMだったかな。
 
味はいろいろあったし、抹茶もあったのですが、それこそ久しぶりにいちごにしました。

お値段1本150円。
リーズナブルなお値段で幸せになれます。

甘いだけでなく、しっかりいちごの味がして暑いこの季節でもさっぱりする後味です。

551のアイスキャンディと違って常設店舗が戎橋筋にしかありません。
なので、難波に行くと近くに551の本店があるにもかかわらず、どうしてもこちらを購入しまいます。(現在、551の本店はリニューアル工事のために休業していますが…)
 
この北極のアイスキャンディ、普通のアイスキャンディと違うのは棒が斜めに刺さっていること。

昔、テレビで持ち帰り用にドライアイスを入れるために入れやすいように斜めに刺さっていると聞いたのですが、お店にHPにはアイスキャンディが落ちにくく食べやすいようにするためと書かれています。

今度久しぶりに家族にお土産で買うたろう。

北極
大阪市中央区難波三丁目8番22号
10:00-22:00
年中無休

« 2021年7月 | トップページ | 2021年9月 »

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のコメント

最近のトラックバック