カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« ご当地グルメシリーズ 広島編 vol.5 | トップページ | お得感満載の定食-観音寺市編 »

2021年12月22日 (水)

駅弁シリーズvol.54 広島駅 ミタイケンひろしま弁当

Hiroshimamitaikenhiroshima1 広島駅で帰りの電車の中で食べる弁当を購入しました。

広島から随分離れたところまで行って他の乗客が少なくなってからいただきました。

昨年の秋、「せとうち広島ディストネーションキャンペーン」が行われました。

その記念の駅弁ですが、昨年の秋と言えばコロナ禍で外出を控えていた時期。

キャンペーンが終わっても駅弁を体験できなかった私のような人向けに期間限定で販売されているらしい。

1年遅れのキャンペーンに駅弁だけ参加しました。
箱はこんな感じになっています。
箱を開けると…
Hiroshimamitaikenhiroshima2 どこかで見たことがあるような…

限りなく、以前に食べた広島旅弁当に似ているなと。

でも違っているのも目立ちます。
もみじの形をした揚げたものを筆頭に左下のゼリーも旅弁当にはなかったと思います。

広島旅弁当も広島の魅力が詰まった弁当ですが、こちらもミタイケンの名にふさわしいです。

アナゴめしのアナゴはアナゴの味が良く分かるように薄味気味にしています。
小イワシの南蛮漬けは旅弁当でもありましたが、小イワシ自体ミタイケンな食べ物かと思います。
肉じゃがのジャガイモ抜きだと思っていたものは広島産亜麻仁牛の牛肉煮です。
カキフライやだし巻き卵はミタイケンとは縁遠いものですが、ゼリーは広島産レモンのゼリーで口の中がさっぱりとして、極めつけのもみじの揚げ物になります。
これはもみじ饅頭を揚げたもので宮島でちょっとした名物になっています。
ちなみにこのもみじ饅頭はにしき堂のもみじ饅頭らしいです。
駅弁なので揚げもみじ饅頭は冷めているのですが、それでも美味しくいただきました。
期間限定にするのがもったいないと思う駅弁でした。
 
ひろしま駅弁
広島市東区矢賀五丁目1番2号

« ご当地グルメシリーズ 広島編 vol.5 | トップページ | お得感満載の定食-観音寺市編 »

広島市東区」カテゴリの記事

駅弁」カテゴリの記事

期間限定」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご当地グルメシリーズ 広島編 vol.5 | トップページ | お得感満載の定食-観音寺市編 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

最近のトラックバック