カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 器の違い | トップページ | 駅弁シリーズvol.54 広島駅 ミタイケンひろしま弁当 »

2021年12月21日 (火)

ご当地グルメシリーズ 広島編 vol.5

西広島駅でAブログの取材をしたら、お昼ごはんの時間だったのでお好み焼きを食べることにしました。

予め、どこで食べようか考えていたのですが、お店が見つけられなく焦っていたこともあって駅前のお店に入ることにしました。
お店も人が並んでいるので間違いはなさそう。
私も少し並んで待つことにしました。
その間、お店の外に置いてあった持ち帰りメニューを見ていました。
Nishihiroshimahassho
店内で食べるのですが、持ち帰りメニューがあるということは店内でも食べられるだろうと思い、持ち帰りメニューで目星をつけていました。
やっとお店に入れたのですが、その時に迷わずに注文しました。

注文したのはちゃんぽん肉玉(1,050円)にイカ天(160円増)のトッピング。

持ち帰りメニューと違うのはそば(うどん)肉玉(840円)にそば(うどん)ダブル(210円増)扱いということ。

このお店のちゃんぽんというのは中華そばとうどんを載せたものになります。

広島でお好み焼きを頼むとき、そば程でなくてもうどんを載せられるお店もかなりあります。

大阪で「広島焼」と称するものを注文するときはうどんが入ることはないため地元ならではという気分になります。
また、イカ天も衣が付いたものでもなければ、練り製品でもなく、お菓子の方のイカ天です。
これを入れるのも広島ならではかなと思います。
広島でお好み焼きを注文するとき、これをトッピングにすることが多いです。

じっくり焼き上げるため、お好み焼きが出てくるまでに時間がかかります。
少しイライラし始めた頃にお好み焼きが焼き上がりました。

そばはあんかけ焼きそばのようにパリパリになっていました。
そばの食感は今まで食べていた広島のお好み焼きの食感ではないですが、これはこれで美味しい。
お好み焼きの腕の見せ所というより、生産者の腕の見せ所なのかもしれませんが、キャベツの甘さが焼いた後でもわかる一品。
ソースもあまり濃く塗られていなく、マヨネーズは後からかけるだけで何もかけないのがデフォルトですが、デフォルトのままで食べました。
トッピングのイカ天のうま味が滲みて深みのある味になっていました。

うどんとのちゃんぽんも味の変化があり、良かったと思います。

半熟たまごが出てくるお店は珍しく、半熟気味たまごが混ざったお好み焼きがこんなに美味しいとは思いませんでした。
待ったかいがあったと思います。

八昌 西広島駅前店
広島市西区己斐本町一丁目12番8号
11:00-14:30,17:00-20:00
定休日:毎週月曜日

« 器の違い | トップページ | 駅弁シリーズvol.54 広島駅 ミタイケンひろしま弁当 »

ご当地グルメ」カテゴリの記事

広島市西区」カテゴリの記事

お好み焼き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 器の違い | トップページ | 駅弁シリーズvol.54 広島駅 ミタイケンひろしま弁当 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

最近のトラックバック