カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月25日 (火)

道の駅グルメシリーズ1 道の駅 越後市振の関―たら汁定食

新潟県と富山県の県境付近に道の駅 越後市振の関があります。

名前の通り、昔はこの地に関所がありました。


国道8号に面していて、その場所から富山方面に進むとたら汁街道と呼ばれるたら汁を出すお店が点在しています。

なので、この道の駅もたら汁を販売しています。

道の駅は昔ながらの郷土料理を出したり、地域の食材を使ったユニークな創作料理を出したりと最近私が注目をしている施設であります。

道の駅グルメシリーズをここから始めたいと思います。
第1弾はたら汁にしました。

たら汁定食(1,000円)を食券販売機で購入後、食券をカウンターに提出。
そして、ネットの評判をみたら、もつ煮の評価も高いのでもつ煮(単品)も購入。
ただ、こちらの単品は600円のボタンを押して金額分の食券を提出し、もつ煮と指定。

Ichiburinoseki1 出来上がった食事がこちら。

右上がたら汁でたら汁の左にあるのがもつ煮。

もつ煮の下にあるのが小鉢で、この日の小鉢はもやしとわかめの煮物。

たら汁ともつ煮を注文したので取り皿が2枚あります。

早速いただきました。
まず、たら汁から。
出汁が効いて、塩辛くない汁で蓮華を握る手が次々に動いていきます。
たら自体も独特なにおいを出すこともなく処理が丁寧なことが分かります。
Ichiburinoseki2 そして、取り皿にたらの頭を置いてみました。
 
ぶつ切りされたたらがいくつかありましたが、頭があると味わいたくなります。

食べ応えがあり、たらの骨を置き場に困りませんでした。

もつ煮も評価が高かったのと私自身、あまり食べていないので注文しましたが、こちらも臭みを感じることはなく美味しくいただきました。

うれしい誤算なのは小鉢の存在。
あっさりとした味はこれだけでもセットの箸休めではなく一品として味わいたいくらいでした。

糸魚川は日本を東西に分けるフォッサマグマのある場所。
と言うことで、きつねうどんも関東風と関西風とどちらもあるという風変わりなメニューが存在しています。(ちなみに隣の売店ではどん兵衛の東西バージョンのセットを販売しています。)

次にここを訪れた時にはうどんの食べ比べか新潟名物(と言ってもここから新潟市内まで200km近く離れていますが)のタレカツ丼を味わってみたいなと思います。

道の駅 越後市振の関(食堂部門)
糸魚川市市振1035番地50
8:30-18:30(L.O 18:00)

2022年1月21日 (金)

元酒蔵を利用した洋食屋さん

近鉄電車に乗り、京都に行きました。
桃山御陵前駅のすぐそばにある京阪伏見桃山駅のエレベーターの更新工事が終わっていたので確かめたかったのが理由です。
特急も停車する丹波橋の方がアクセスは便利ですが、伏見区で一番賑わっているのは京阪伏見桃山駅周辺だと思っています。

そして今回紹介するお店は駅近くにある大手筋商店街から少し離れた場所にあるお店。
昨年、某ユーチューバーがこのお店に行っていたので行ってみたくなりました。

優柔不断の私が注文したのは人気No1とされる照焼ステーキとサラダ(1,410円)のグリルセット(570円)にライスの大盛(100円増)にしました。

グリルセットはスープかドリンクの飲み物の選択とライスかパンを選べます。

Fushimimomoyamasancho2 私はコーンポタージュスープを選びました。

料理の前にスープが到着しました。

濃くて美味しいスープをいただくと料理の方も期待できます。

料理が来る前にスープを飲み終えるとほっこりと過ごしますが、その時間は長くはなく料理が来ました。
 
Fushimimomoyamasancho1 店名にサラダのお店と名乗っているだけあって、付け合わせ程のサラダではなく、料理と同じ皿でありながら、単品で出しても遜色のないくらいの量です。

私がライスを選んだのはライスの方が好きなのと特別栽培米という文字に惹かれたからです。

その特別栽培米の名に恥じないくらい、米自体が美味しくいただきました。
 
もちろん、主役の照焼ステーキは少しガーリックの効いたまろやかな味わいでごはんもサラダも進みます。
自家製のサラダドレッシングも素人では出せない「プロの味」のドレッシングでここに来てよかったと思える味でした。

ハンバーグもいろいろと種類があったので今度はハンバーグをいただきたいと思いました。
 


サラダの店サンチョ 伏見店
京都市伏見区魚屋町573番地
11:30-22:00(L.
O 21:00)
定休日:毎週水曜日(月1回連休あり)

2022年1月20日 (木)

喫茶店のカレーー藤井寺編

道明寺天満宮に行ってきました。
昼食時間を逃した私ですが、夕食まで食べないのは堪えるのでかなり遅い時間でも昼食を食べようと探したら1軒の喫茶店がありました。
その喫茶店はカレーが有名でカレーを食べることにしました。
道明寺天満宮でお参りをした後近鉄道明寺駅の戻るときに立ち寄りました。
Domyojicherry 注文したのはカツカレー(1,100円)です。

写真ではカレールーと同化して見えにくいかもしれませんが、しっかり入っています。

私に変な固定観念があります。それは「うどん(そば)屋さんの丼物と喫茶店なカレーは美味しい。」

主力商品でないもので私が食べたいと思うのはこの2つぐらいです。

注文してカレーを待っている間に見かけたのは、某カンテレの朝の番組「よーいドン!」で人間国宝の認定ステッカーが貼られていたことです。
(普段は仕事をしているので見ていませんが…)

カツカレーが到着しました。

カレーは最初そんなに辛くないと感じていましたが、段々、辛さとコクが同時に伝わる一品になってきました。
カツも専門店のカツではないにせよカレーに合う程良い脂身と肉質で美味しくいただきました。

今度はカレースパゲティーをいただきたいです。

珈琲館 チェリー
藤井寺市道明寺一丁目22番19号
8:00-17:00
定休日:毎週木曜日

2022年1月11日 (火)

ご当地グルメの競演

本当なら今回紹介するお店は2年半ほど前に紹介する予定でした。
私がそのお店に行く数日前にお店が火事になって休業を余儀なくされて行けなくなりました。
2年半ぶりにリベンジということで行ってみることにしました。

食べたいものは決まっています。
TKGYという食べ物でこれを日本語にすると卵かけご飯焼きです。

これは(白山市)鶴来のご当地グルメで地元の商工会が町おこしのために開発し、その商品を実店舗で最初に販売したお店ということで食べてみたかったのです。
しかも値段を調べたら500円だったので安いなと感じました。

お店に行く前からこれにしようということは確定していましたが、飲食店で500円ということでこれだけでは私もお店も物足りないと思ったので何かを追加で頼もうと思いました。

メニューを見てはっとさせられたメニューを注文することにしました。
ハントンライスです。
金沢のご当地グルメで鶴来町から見たら隣町になります。
ちなみに金沢市への通勤率も3割近く金沢市のベットタウンと言っても差し支えないです。
で、ハントンライス(890円)の大盛(150円増)とTKGY(500円)を注文しました。

先に来たのは…
Tsurugiwakatake1 ハントンライスでした。

今から約14年ほど前に金沢でハントンライスを食べた記事があるのでハントンライスについてはそちらに任せますが、14年間ハントンライスを食べなかったわけではなく、何回か食べたのですが、納得できる味ではなかったので記事の公開を見送っていました。

先に出てきたのでさっさと食べました。

白身魚のフライが載っていました。

同じ値段でカツハントンライスというのがありましたが、地元が金沢ではない私から見たらそれはボルガライスではないかという気がしたので敢えて注文しませんでした。

ケチャップにタルタルソースなのでソースは濃いのですが、バターライスそのものの味付けは薄味で意外とあっさりと食べられました。

そのハントンライスを食べている途中で…
Tsurugiwakatake2 TMGYがやってきました。

思っているより大きなものが登場しました。

大した大きさではないだろうと思っていたのがいい意味で裏切られました。

TKGをそのまま焼いただけなのかという予想も外してしまいました。

元々がお好み焼き屋さんということもあってお好み焼きみたいにふわっとしています。

このお店ではTKGYは「すじ・こんにゃく」と「カレー味」と選べたのですが、私は前者にしました。
すじ・こんにゃくは神戸でいう「ぼっかけ」という感じで甘辛く煮込まれたもので、それがTKGYの中に入っています。
こちらはハントンライス以上にあっさりしていて、すじ・こんにゃくの味付けをそのまま使っているのか意外と上品な味に仕上がっています。

気付けば両方とも完食しました。
このお店は元々はお好み焼き屋さんですが、うどんやカレー、丼物もあり、大衆食堂のようにいろんなものを提供しています。
すじコンがあるなら、ぼっかけうどんもぼっかけカレーもすじコン入りのお好み焼きもできそうですが、どれもやっていません。
いろんなものを出すので全種類制覇するのはかなり時間がかかりそうです。
今度お好み焼きを注文したいなと思いました。
 
若竹
白山市鶴来本町四丁目ニ部97番地
11:30-22:00
(月曜日のみ11:30-14:00)

2022年1月 4日 (火)

知るも知らぬも逢坂の関

静岡に行ってきました。
静岡鉄道県総合運動場駅に降り立った私はとある建物を見て気になりました。
お店の名前は「蝉丸」。蕎麦屋さんでした。
お昼を過ぎた時間帯でしたが、駐車している車の数が多かったので人気があるのかなと思い、お店もまだ空いているので入ってみることにしました。
初めて入ったのでメニューを見ていて散々迷いました。
Surugasemimaru

迷った挙句、決めたのはのりとろろそば(1,000円)の大盛(300円増)にしました。

後で知ったのですが、ここのセットメニューはコスパがいいらしのですが、この日はそのセットメニューは無かったので次回以降の楽しみにしたいと思いました。

見ての通り、とろろに海苔が付いているだけのそばです。
とろろそばでも海苔ぐらいはついているとは思いましたが、海苔の香りが漂ってきました。

「もしやこれは期待できるぞ」

私はそう思いました。

そばの茹で加減もいい塩梅、つゆも辛くなく、とろろも粘り気のあるもので薬味も含めた蕎麦という一品がまとまっていて美味しくいただきました。

写真を撮った後で運ばれてきた蕎麦湯もいただきましたが、蕎麦湯を飲んで初めて蕎麦を楽しむのが分かった気がします。
場所柄なかなか行ける距離ではありませんが、また訪れたいと思います。
 
手打ち蕎麦 蝉丸
静岡市駿河区栗原11番9号
平日 11:30-14:00
土・日・祝日 11:30-15:00
定休日:毎週木曜日

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

最近のトラックバック