カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 道の駅グルメシリーズ1 道の駅 越後市振の関―たら汁定食 | トップページ | This is the Akashiyaki!! »

2022年2月 1日 (火)

ご当地グルメシリーズ 姫路編vol.3

山陽電鉄白浜の宮駅南口のエレベーター入口のそばに澤田店(さわだみせ)という名のおでん屋さんがあります。
観光客が行く姫路と言えば姫路城周辺だと思うので、同じ姫路でもピンとこない場所かもしれません。
しかし、とあるサイトでこのお店が出ていて気になりました。

お昼時に姫路に着いたので立ち寄ることにしました。

事前にお店のHPを見ていたので注文するものは決めていました。
Shirahamanomiyasawadamise めし(210円)と関東煮(おでん)です。

おでんの具はすじ、ひら天、ごぼ天、こんにゃく、ちくわ、厚あげです。
全種類1つづつ注文しました。
すじは170円、それ以外は各130円です。

店先には姫路おでんの幟が掲げらていますが、姫路おでんの他のお店にあってこのお店にないものと言えばジャガイモ、たまご、大根がメニューから無いこと。

長時間煮込むので形が崩れ、だしが濁るということでこれらの食材は入っていないらしいです。

既に煮込まれている関東煮なので、注文からすぐに出てきました。
食べてすぐに気が付くのは全然甘くないです。
しょうが醤油でいただくのですが、あらかじめかけられています。
擦り下ろしのしょうがではなく、しょうが汁と醤油を合わせた調味料になっています。
かけられたしょうが醤油の絶対量は少なめのため濃いものではないのですが、すじ肉の脂のせいかこってりとした味わいです。
これはこれでアリかと思います。

おでんだと日本酒が合うとは思うのですが、コロナ禍の外出なのでお酒は控えています。

練り物が中心のこのお店の関東煮ですが、練り物の材料にこだわっているせいか、味が染みていることもあり薄味の中に練り物の主張が感じられて美味しくいただきました。

今回紹介した関東煮以外にメニューにあるのはうどんと丼物です。
珍しいと思ったのは天かすうどんときつね丼です。
ハイカラうどんという名前で売っているか天かすはかけ放題でメニューに存在しないかのどちらかが多い中、珍しいメニューになります。
きつね丼は大衆食堂のメニューから無くなっていて、今や希少価値があるのではないでしょうか?
今度行った時にはどちらかを食べてみたいなと思いました。

澤田店
姫路市白浜町甲339番地の21
11:00-20:00
定休日:毎週月曜日

« 道の駅グルメシリーズ1 道の駅 越後市振の関―たら汁定食 | トップページ | This is the Akashiyaki!! »

ご当地グルメ」カテゴリの記事

兵庫県中播磨地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道の駅グルメシリーズ1 道の駅 越後市振の関―たら汁定食 | トップページ | This is the Akashiyaki!! »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

最近のトラックバック