カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月

2022年8月16日 (火)

ご当地グルメシリーズ 三島編vol.1

三島で名物料理を食べるため東海道線の車内で調べていました。
 
そう言えば、みしまコロッケを店で食べたことが無いことを思い出しました。

 
みしまコロッケが食べられるお店を探したら、出てきたお店はうなぎ屋さん。

三島のうなぎは有名なので、好都合でした。
しかも三島駅のそばにあるのも途中下車をする身にしてみればこの上なくありがたい。
 
ということで三島駅南口のそばにある、源氏さんにGo!

注文するものはすでに決まっていましたが、他に何かないか気になってメニューを見ました。
 
Mishimagenji 地元の魚を使った料理が目白押しでこちらも気になりましたが、当初の予定通り、注文はうなぎ丼(2,350円)、三島コロッケ(1個200円)を2個を注文しました。
 
うなぎを蒸す時間があるので時間がかかるのかなと思っていたら、意外とすぐに出てきました。
 
うなぎが半匹分丼に載っています。
早速いただきました。
少々甘い味付けかと思いましたが、醤油辛い蒲焼をイメージしていたのでありがたいです。
 
また、蒸されていないのか脂がのっていて美味しくいただきました。
 
コロッケはみしまコロッケの定義として箱根西麓で採れた三島馬鈴薯(メ―クイーン)を100%使用したもので認定店となると三島馬鈴薯の仕入れ先が確認できることも条件に入ります。(馬鈴薯以外の具材はお店の独自でいいそうです。)
もちろん、このお店は認定店です。
 
このお店のコロッケは余分な具材は一切入っていないシンプルゆえにジャガイモの素材そのもので直球勝負のコロッケになります。
ジャガイモの本来のうまみを引き立たせた一品で1個はそのままでもう1個はソースをかけていただきました。
どちらもコロッケの良さが出ていて美味しくいただきました。
 
三島駅のそばということもあって新幹線で帰るとき、晩御飯をここでいただいてから新幹線に乗り込んでもいいなと思いながらお店を後にしました。


 
御食事処 源氏
三島市一番町15番22号
11:00-21:30(L.O 21:00)
不定休

2022年8月 3日 (水)

伊賀肉で作る牛丼

伊賀上野に行ってきました。
最近、伊賀上野に行くことがなかったので、久しぶりに伊賀牛を食べようと思いました。
駅チカでネットで調べたら、伊賀牛の牛丼があると知ったので行くことにしました。
場所は上野天神宮のそばにあるつかささん。
注文するのは牛丼一択。(焼肉定食や牛鍋定食もありましたが…)
後は牛丼のサイズの選択です。
小:1,250円・中:1,400円・大:1,630円
Igatsukasa で、私が選択したのは大です。
理由は簡単。

小と大でも380円しか違わないのに滅多に食べられない伊賀牛をできるだけ堪能したいから。

初めて行くお店でもし美味しくなかったら…という発想は全くない私。
もちろん、失敗した経験は人一倍あります。
しかし、伊賀牛の素材そのものは知っているので無茶な調理でなければ問題ないだろうという変な安心感がありました。
牛丼と言ってもここの牛丼は煮込まれたものではなく、炙っている牛丼の為、意外とすぐに着ました。
ちょっとしたサラダと酢の物、赤だしが付いていますが、何はともあれ、肉だけの牛丼です。
玉葱という普通の牛丼にはあるものがありません。
それだけで牛肉を堪能するのに十分な環境が整っています。
ちなみに葱と紅しょうがは別皿から取るスタイルです。
早速いただきました。
程良く脂の乗った牛肉とちょうどいい塩梅の味付けです。
炙り牛丼という特性から、途中でごはんが汁を吸ってふやけることもなく、最後まで牛丼のごはんのままでいました。
気軽に食べられるイメージのある牛丼ですが、これは伊賀上野のご当地グルメと言っても差し支えないでしょう。
とは言え、寒い時期になったら牛鍋定食を味わいたいなと思っている西九条でした。
 
つかさ
伊賀市上野丸之内39番地16
11:00-16:00
月曜不定休

2022年8月 2日 (火)

駅弁シリーズvol.55 草津駅 近江牛すき焼き弁当

今も信じられないのですが、大阪駅や京都駅の地元駅弁業者が撤退したのに駅弁の需要が無い草津に地元の駅弁業者があります。
(大阪駅や京都駅に駅弁そのものは売っていますが、神戸の淡路屋を筆頭にいろんな地域の駅弁を売っていますが、地元の駅弁はないです。)
気になったので購入することにしました。
Nanyokenoumigyuusukiyaki1 購入したのは近江牛すき焼き弁当(1,380円)です。
 
実はうばがもちの回と購入場所は同じで、製造業者も同じです。
ですので、うばがもちと駅弁と同時に購入ができます。
 
草津線の電車に乗り込んだ私はお弁当を広げました。
この先の関西線に乗り換える予定ではありますが、ロングシートなので、列車内で食べるのはこの電車しかありません。
Nanyokenoumigyuusukiyaki2 蓋を開けるとすき焼きらしく、お肉を筆頭にすき焼きそのものを駅弁にした感じの内容になっています。
 
強いて言うなら、麩が無いことだろうか?
 
お肉の味付けが少し濃いのか焼き豆腐や椎茸は薄めの味付けになっています。

卵は衛生面から生卵ではなく、少し硬めの温泉卵になっています。それがお肉によく絡んで美味です。
うれしい誤算は葱が甘くて美味しいこと。
すぐに平らげました。
関西でもこの駅弁を知らない人が多いと思うので大阪でも販売してほしいと思いました。


南洋軒
草津市追分一丁目1番33号

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

最近のトラックバック