カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

« 果物屋がスイーツを作ったら… | トップページ | 伊賀肉で作る牛丼 »

2022年8月 2日 (火)

駅弁シリーズvol.55 草津駅 近江牛すき焼き弁当

今も信じられないのですが、大阪駅や京都駅の地元駅弁業者が撤退したのに駅弁の需要が無い草津に地元の駅弁業者があります。
(大阪駅や京都駅に駅弁そのものは売っていますが、神戸の淡路屋を筆頭にいろんな地域の駅弁を売っていますが、地元の駅弁はないです。)
気になったので購入することにしました。
Nanyokenoumigyuusukiyaki1 購入したのは近江牛すき焼き弁当(1,380円)です。
 
実はうばがもちの回と購入場所は同じで、製造業者も同じです。
ですので、うばがもちと駅弁と同時に購入ができます。
 
草津線の電車に乗り込んだ私はお弁当を広げました。
この先の関西線に乗り換える予定ではありますが、ロングシートなので、列車内で食べるのはこの電車しかありません。
Nanyokenoumigyuusukiyaki2 蓋を開けるとすき焼きらしく、お肉を筆頭にすき焼きそのものを駅弁にした感じの内容になっています。
 
強いて言うなら、麩が無いことだろうか?
 
お肉の味付けが少し濃いのか焼き豆腐や椎茸は薄めの味付けになっています。

卵は衛生面から生卵ではなく、少し硬めの温泉卵になっています。それがお肉によく絡んで美味です。
うれしい誤算は葱が甘くて美味しいこと。
すぐに平らげました。
関西でもこの駅弁を知らない人が多いと思うので大阪でも販売してほしいと思いました。


南洋軒
草津市追分一丁目1番33号

« 果物屋がスイーツを作ったら… | トップページ | 伊賀肉で作る牛丼 »

滋賀県湖南地域」カテゴリの記事

駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 果物屋がスイーツを作ったら… | トップページ | 伊賀肉で作る牛丼 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

最近のトラックバック