カテゴリー

無料ブログはココログ
フォト

ご当地グルメ

2022年9月20日 (火)

ご当地グルメシリーズー小野編vol.1

小野に行ってきました。
 
この地に行くにあたってご当地グルメが何かないのかなと思い調べたら、「おの恋ホルモン焼きそば」と言うものがあり、昭和30年代に小野市内の焼肉店で始められたメニューだそうで、当時は金物職人やそろばん職人(ちなみに小野市はそろばんの生産量の約7割を占めています。)の間でよく食べられたそうです。
 
今回訪れた花きゃべつは県道18号と県道23号の交差する市場交差点(ただし、双方ともこの交差点で90度曲がります。)の角にあります。
 
Onohanacabbage なので、注文したのは特盛りホルモン焼きそば(1,485円)を注文。
 
特盛りなのは商品が来てから分かったのですが、麺の量が特盛ではなく、ホルモンの量が特盛でした。
ホルモンが普通の量がどれだけかは知らないですが、普通量のホルモン焼きそばである、おの恋ホルモン焼きそばが968円から考えると、特盛は2倍くらいなのかなと想像してしまいます。
 
早速いただきます。
 
お好み焼き屋さんが作る焼そばなので、味のベースは焼きそばソース。
ホルモンの焼うどんや焼きそばというメニューはいろんな所にありますが焼肉のタレのベースが多いので、新鮮でした。
 
そして、焼肉のタレがベースでないので味が比較的あっさり目で、ホルモンの甘味と交わって美味しくいただきました。
途中で生卵を崩して味変。
まろやかさが加わり、味変がしっかりと味変の仕事をしてくれます。
 
そして、特盛りの名にふさわしく、ホルモンの量が多く、ホルモンを堪能しました。

 
私が入店した時は空いていたのですが、次々と来店客が来たのでテーブルを1人で占拠している私が長居するのは申し訳ないので追加注文をするのを躊躇い、お店を後にしました。
 
メニューを見たら、多くのメニューがあり、それに比例するように風変わりのメニューがあり、今度、肉まみれ焼き(お好み焼き)、インデアンそばめしあたりを食べようかなと思います。

花きゃべつ
小野市市場町1523番地
11:00-14:00(L.O 13:30),17:00-22:00(L.O 20:30)
定休日:毎週水曜日

2022年9月 6日 (火)

ご当地グルメシリーズ 広島編 vol.6

広島に行ってきました。
 
芸備線の駅に降り立つのであまり列車の本数が無いというイメージなので、せめて駅の近くで食べられるところがいいと思い、某グーグルマップを見たら、お好み焼きのお店を発見。評価も高いので行ってみることにしました。
 
Nakafukayayakisuke 注文したのはうどん肉玉入(W)・900円にイカ天(100円)のトッピングにしました。
 
ここでいうイカ天はイカの天ぷらではなく、お菓子というかお酒のあてにもなる方のイカ天で、広島のお好み焼き屋さんではポピュラーのトッピングです。
 
大阪人なのでコテでお好み焼きを食べることは難なくできるので鉄板で食べることにしました。
 
ちなみにうどんではなくそばでもお値段ですし、実際、お好み焼きではそばの方を注文する人が多いのですが、うどん玉をお好み焼きに載せる食べ方の方がマイナーなのでこちらにしました。

肉玉入(W)のWは肉の量が増量のようで、うどん玉が増量なのかと勘違いするくらいうどんの量が多くて厚いお好み焼きです。
 
早速いただきました。
 
ソースが薄めに塗られていて思ったよりあっさり目のお好み焼きですが、野菜の味がソースに隠れることが無く、お好み焼きを食べたという感覚になります。
また、蓋をせずに焼き上げるのでベちょっとしていないお好み焼きで個人的に好感が持てます。
元々駅の近くで…という発想で選んだのですが、来て良かったと思いました。
今度はそば入りも食べてみたいと思いました。
 
焼助
広島市安佐北区深川六丁目3番20号
11:00-18:00
定休日:毎週月・火曜日

2022年8月16日 (火)

ご当地グルメシリーズ 三島編vol.1

三島で名物料理を食べるため東海道線の車内で調べていました。
 
そう言えば、みしまコロッケを店で食べたことが無いことを思い出しました。

 
みしまコロッケが食べられるお店を探したら、出てきたお店はうなぎ屋さん。

三島のうなぎは有名なので、好都合でした。
しかも三島駅のそばにあるのも途中下車をする身にしてみればこの上なくありがたい。
 
ということで三島駅南口のそばにある、源氏さんにGo!

注文するものはすでに決まっていましたが、他に何かないか気になってメニューを見ました。
 
Mishimagenji 地元の魚を使った料理が目白押しでこちらも気になりましたが、当初の予定通り、注文はうなぎ丼(2,350円)、三島コロッケ(1個200円)を2個を注文しました。
 
うなぎを蒸す時間があるので時間がかかるのかなと思っていたら、意外とすぐに出てきました。
 
うなぎが半匹分丼に載っています。
早速いただきました。
少々甘い味付けかと思いましたが、醤油辛い蒲焼をイメージしていたのでありがたいです。
 
また、蒸されていないのか脂がのっていて美味しくいただきました。
 
コロッケはみしまコロッケの定義として箱根西麓で採れた三島馬鈴薯(メ―クイーン)を100%使用したもので認定店となると三島馬鈴薯の仕入れ先が確認できることも条件に入ります。(馬鈴薯以外の具材はお店の独自でいいそうです。)
もちろん、このお店は認定店です。
 
このお店のコロッケは余分な具材は一切入っていないシンプルゆえにジャガイモの素材そのもので直球勝負のコロッケになります。
ジャガイモの本来のうまみを引き立たせた一品で1個はそのままでもう1個はソースをかけていただきました。
どちらもコロッケの良さが出ていて美味しくいただきました。
 
三島駅のそばということもあって新幹線で帰るとき、晩御飯をここでいただいてから新幹線に乗り込んでもいいなと思いながらお店を後にしました。


 
御食事処 源氏
三島市一番町15番22号
11:00-21:30(L.O 21:00)
不定休

2022年8月 3日 (水)

伊賀肉で作る牛丼

伊賀上野に行ってきました。
最近、伊賀上野に行くことがなかったので、久しぶりに伊賀牛を食べようと思いました。
駅チカでネットで調べたら、伊賀牛の牛丼があると知ったので行くことにしました。
場所は上野天神宮のそばにあるつかささん。
注文するのは牛丼一択。(焼肉定食や牛鍋定食もありましたが…)
後は牛丼のサイズの選択です。
小:1,250円・中:1,400円・大:1,630円
Igatsukasa で、私が選択したのは大です。
理由は簡単。

小と大でも380円しか違わないのに滅多に食べられない伊賀牛をできるだけ堪能したいから。

初めて行くお店でもし美味しくなかったら…という発想は全くない私。
もちろん、失敗した経験は人一倍あります。
しかし、伊賀牛の素材そのものは知っているので無茶な調理でなければ問題ないだろうという変な安心感がありました。
牛丼と言ってもここの牛丼は煮込まれたものではなく、炙っている牛丼の為、意外とすぐに着ました。
ちょっとしたサラダと酢の物、赤だしが付いていますが、何はともあれ、肉だけの牛丼です。
玉葱という普通の牛丼にはあるものがありません。
それだけで牛肉を堪能するのに十分な環境が整っています。
ちなみに葱と紅しょうがは別皿から取るスタイルです。
早速いただきました。
程良く脂の乗った牛肉とちょうどいい塩梅の味付けです。
炙り牛丼という特性から、途中でごはんが汁を吸ってふやけることもなく、最後まで牛丼のごはんのままでいました。
気軽に食べられるイメージのある牛丼ですが、これは伊賀上野のご当地グルメと言っても差し支えないでしょう。
とは言え、寒い時期になったら牛鍋定食を味わいたいなと思っている西九条でした。
 
つかさ
伊賀市上野丸之内39番地16
11:00-16:00
月曜不定休

2022年7月20日 (水)

元・駅弁の実力

Yanagiyakakinohazushi1 吉野口駅前の柳屋さんの柿の葉寿司(鯖・鮭のミックス8個入り)です。
 
1,280円しましたが、迷わずに購入しました。
 
昔は吉野口駅の構内で売っていました。
いろんな意味で変わっていて、奈良駅にもなかった駅弁が吉野口駅にはあったこと。
そして、JRの特急が来ない駅で駅弁を販売していたことも風変わりです。
(近鉄特急は停車しますが…)

しかし、数年前に駅前のお店で販売するようになり、さらに日本鉄道構内営業中央会も退会しているので駅弁とは言えませんが、テイストは変わりません。
Yanagiyakakinohazushi2 早速食べることにしました。
 
写真ではどちらが鯖でどちらが鮭か分かりませんが、左半分が鮭で、右半分が鯖です。
 
久しぶりに食べるのでミックスにしましたが、個人的には鯖の方が生っぽさがあり、とろける風味があり好きです。
もちろん、あたりやすい鯖なので酢で絞めているのですが、酸っぱさが無く、絶妙な塩加減が吉野口で降りてよかったと思えます。
元・駅弁の実力は伊達ではないと感じた一品でした。
 
柿の葉寿司 柳屋
御所市古瀬5番地
7:00-17:00
定休日:毎週火曜日

2022年7月 6日 (水)

ご当地グルメシリーズ-岡山編vol.3

バスで天満屋バスセンターに到着した私は久しぶりにデミカツ丼を食べようと思いました。
 
岡山を代表する繁華街である表町なら食事に困らないだろうと思い、ネットで探したら、評判のいいデミカツ丼を味わえるということでバスセンターから歩いてお店に行きました。

ラーメン店ですが、デミカツ丼も2枚看板の様に売っていました。

Omotemachiyamato 当然、注文したのはカツ丼(大)・980円です。
(お店のメニューには「カツ丼」と書かれていますが、中身はデミカツ丼です。)
 
カツ丼が来たので早速いただきました。

とんかつそのものはあっさり目でデミグラスソースを考慮しているのだと思いますが、デミグラスソースは甘めというのが第1印象。
 
私はこれしか注文しませんでしたが、中華そばとカツ丼(小)・550円とセットで食べる人が珍しくなく、セットで食べても胸やけを起こさないように作られているのかなと思いました。
 
なので、今度は中華そばとセットで食べてみようかと思います。
 
食堂やまと
岡山市表町一丁目9番7号
11:00-19:00
(ただし、15:00-16:00は麺類のみ提供)
定休日:毎週火曜日

2022年7月 2日 (土)

ご当地グルメー神戸編vol.1

神戸街めぐり1dayクーポン(神戸エリア版)を使っていた時のこと。
 
某YouTubeを見て気になっていたお店がありました。
地下鉄に乗って新長田駅へ。
ぼっかけ焼そばが美味しいらしいのですが、長田ということもあり、そばめしをいただくことに。
(ぼっかけ…牛すじ肉とこんにゃくを甘辛く煮込まれたもの)

でも、ぼっかけも長田発祥と聞くのでぼっかけも欲しい。
そんな欲張りの私が注文したのは…
Shinnagataikari そばめし・大(800円)のぼっかけトッピング(270円増)です。
 
食券制でないのに先払いという風変わりなシステムですが、人を捌くために仕方がありません。
 
ちなみに飲食は30分以内というルールもあります。
 
そのせいもあるのか食事の提供は早く、待つことなく出てきました。
 
味付けは薄めにしてあり、足りないと思ったらソースをかけるスタイルです。
 
早速いただきます。
確かに薄めに味付けされているのでソースをかけてみます。
でも…
ソースを少し欠けただけでソースなしで食べました。
トッピングのぼっかけで味が足りたことと、薄味のそばめし自体にコクがあり、ソースなしでも美味しいから。
すぐに食べきり、10分もかからずにお店を後にしてました。
今度はぼっかけ焼そばをいただきたいと思います。
 
イカリ
神戸市長田区若松町五丁目2番1号 アスタプラザファースト1階
10:30-21:30
定休日:なし

2022年6月29日 (水)

ご当地グルメシリーズ 名古屋編 vol.11

久々に名古屋でご当地グルメをいただきました。
本当はもう少し早い時期に公開したかったのですが、お店が閉まっていたり、美味しいと思えなかったりで前回の名古屋のご当地グルメシリーズから6年経ちました。
 
名古屋自体はしょっちゅう訪れていますが…
 
今回はあんかけスパゲティになります。
金山総合駅の近くにあんかけスパのお店があるのを知ったので行ってみることにしました。
 
Kanayamayuzen食券制のため、店の表のメニューを見て散々迷った結果、注文したのはベーコンエッグ(のあんかけスパゲティ)880円のダブル(200円増)にしました。
 
しばらく待った出てきたのがこれ。

比較するものが無いので分かりにくいのですが、量の多さに後悔しました。
パスタってあまり量が多くないというイメージで注文したら思いのほか量が多くてという情けないパターンに突入しました。
 
あんかけソースは多いように見えますが、これにソース増し(100円増)もあります。
 
さらに、ストロングと言って辛さが増すやつは同値段でできるらしいのですが、ノーマルなものです。
少しピリ辛のソースにもちもちとしたスパゲティがよく絡み、こういう品物もアリかなという気になります。
トッピングも豊富なので今度はトッピングも注文したいと思います。

ユウゼン金山店
名古屋市中区金山一丁目18番8号
11:00-22:00(L.O 21:30)
定休日 なし

2022年6月28日 (火)

ご当地グルメシリーズー清州編その1

(西)枇杷島で名鉄からJRに乗り換える前に昼食をいただきました。

名鉄西枇杷島駅の近くに飲食店があるのは某グーグルマップを見て分かっていましたが、気になるメニューを発見しました。
清州からあげまぶしというメニューです。

「清須市観光協会と共同開発致しました。」というくだりを見て清須市観光協会のHPを見てみました。
ハッキリとは書かれていませんが、観光協会と清須市内の飲食店が地元を盛り上げるために作り上げたご当地グルメのようです。
だから、店舗によって出されるものが違います。
 
安易なご当地グルメの創作に不満を持つ方もいらっしゃいますが、地元を活性化しようと思う気持ちや町おこしの手段でご当地グルメを創作するのはそこに地元に対する思いが込められているので私は一向に構わないと思っています。

Nishibiwajimanobunagashokudo1そんな情報を知っていたので、注文するのは昼限定の清州からあげまぶし(1,628円)一択。
 
ちょっと目移りはそましたが…

出てきたのは見た目もひつまぶしの亜流ですが、食べ方もひつまぶしの亜流でした。

しかし、ここから創作ご当地グルメの良いところを発揮してくれます。
味付に味噌が使われていますが、隣の豚汁も含めてナカモの味噌を使っています。
(ナカモは西枇杷島町にある会社で味噌を作っていますが、派生商品である「つけてみそかけてみそ」を製造しています。名古屋のお土産屋にも売っているくらい有名な商品です。)

もちろん、つけてみそかけてみそをそのまま使っているわけではありませんが、アレンジしたみそソースで味付けしているのが分かります。
味が濃い目ですが、そのままでもコクがあり、美味しくいただきました。
守口漬を食べて、薬味を添えて2杯目。
ちなみにひつまぶしの場合、私は薬味を入れて食べる2杯目が好きです。

そして3杯目。
Nishibiwajimanobunagashokudo2 出汁をかけて食べるのですが、玉子が入っていて、あんかけ親子丼のような感覚で食べるような気分で1粒で2度美味しい見本のような食べ物です。

ここまで食べると決してひつまぶしの亜流なんて言葉が過ぎると感じました。

このお店のからあげまぶしは3杯目が一番好きな食べ方でした。
今度は信長御膳かどえりゃ~丼を注文したいと思います。


信長食堂/炉ばたいちもんじ
清須市西枇杷島町住吉53番地
11:00-15:00(信長食堂)
17:00-22:00(炉ばたいちもんじ)
定休日:毎週水曜日

2022年4月16日 (土)

小松にあるけど金沢カレー

小松で途中下車しました。
久しぶりに金沢カレーを食べようと思ったのですが、どうせならまだ食べたことのないところがいいと思い、金沢百番街の中にあるゴーゴーカレーではなく小松駅の高架下にあるアルバにしました。

そう言えば、ゴーゴーカレーは松井秀喜の背番号55からきているくらいオーナーが松井秀喜を応援しているのですが、当の松井秀喜は高校時代、今回紹介する別のお店に良く行っていたという話であります。

小松に本店のあるアルバですが、(注・秋葉原本店と名乗っているのはフランチャイズ企業が運営する本店)ここも金沢カレーと呼ばれています。

当然のことながら、例の特徴を外していません。
私が注文したカツカレー大(920円)の写真を見てください。
Komatsustnalba そう、これです。

ステンレスの器に先割れスプーン、千切りキャベツが別盛でなく一緒に載っているところ。

しかしカツにソースはかかっていません。

このあたりは他とは違います。
早速いただきした。
カレーのお店なので辛いのですが、どちらかと言うとマイルドな辛さ。
カツは薄目でどこか家庭的な感じがします。
コクがあり、ドロッとした食感でもスーっと喉を通ります。
「カレーは飲み物」と表現する方には伝わるのかもしれません。
 
ベースとなるカレールーは同じでしょうから、どのカレーを食べても喉通しがいいのだと思います。
また小松駅で途中下車をしたくなりました。
 
カレーの市民アルバ 小松駅店
小松市土居原町466番地 小松駅内
11:00-20:00(通常の営業時間)
無休

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

うどん おすすめサイト お土産 お好み焼き お酒 ご当地グルメ そば たこ焼き/明石焼 アイスクリーム/かき氷 カフェ カレー グルメ スイーツ パン ラーメン 三重県中勢地域(津市を除く) 三重県伊賀地域 三重県北勢地域(四日市市を除く) 三重県南勢地域 三重県東紀州地域 京の町屋ごはん 京都市上京区 京都市下京区 京都市中京区 京都市伏見区 京都市北区 京都市南区 京都市右京区 京都市山科区 京都市左京区 京都市東山区 京都市西京区 京都府中丹地域 京都府中部地域 京都府丹後地域 仙台市青葉区 佐世保市 信州そば 倉敷市 兵庫県中播磨地域 兵庫県北播磨地域 兵庫県東播磨地域 兵庫県淡路地域 兵庫県西播磨地域 兵庫県阪神北地域 兵庫県阪神南地域 北九州市八幡西区 北九州市小倉北区 名古屋市中区 名古屋市中村区 名古屋市千種区 名古屋市東区 名古屋市熱田区 名古屋市西区 和歌山市 和歌山県伊都地域 和歌山県東牟婁地域 和菓子 地下鉄グルメ 堺市中区 堺市北区 堺市南区 堺市堺区 堺市東区 堺市美原区 堺市西区 大分県北部地域 大分県大分地域 大津市 大阪市中央区 大阪市住之江区 大阪市住吉区 大阪市北区 大阪市城東区 大阪市大正区 大阪市天王寺区 大阪市平野区 大阪市旭区 大阪市東住吉区 大阪市東成区 大阪市東淀川区 大阪市此花区 大阪市浪速区 大阪市淀川区 大阪市港区 大阪市生野区 大阪市福島区 大阪市西区 大阪市西成区 大阪市西淀川区 大阪市都島区 大阪市阿倍野区 大阪市鶴見区 大阪府三島地域 大阪府中河内地域 大阪府北河内地域 大阪府南河内地域 大阪府泉州地域 大阪府豊能地域 奈良市 奈良県中和地域 奈良県北和地域 奈良県南和地域 奈良県宇陀地域 宇治市 宮城県仙台地域(仙台市を除く) 富山市 富山県富山地区(富山市を除く) 富山県新川地区 富山県砺波地区 富山県高岡地区(高岡市を除く) 小樽市 山形市 山梨県峡北地域 山梨県峡央地域 岐阜県東濃地域 岐阜県西濃地域 岐阜県飛騨地域 岡山市 岡山市中区 岡山市北区 岡山市南区 岡山県井笠地域 岡山県岡山地域(岡山市を除く) 岡山県東備地域 岡山県津山地域(津山市を除く) 岡山県真庭地域 岡山県阿新地域 岡山県高梁地域 広島市中区 広島市南区 広島市安佐北区 広島市東区 広島市西区 広島県備北地域 広島県呉地域 広島県尾三地域 広島県広島地域(広島市を除く) 広島県福山地域 徳島市 徳島県南部地域 徳島県東部(徳島市を除く) 愛媛県今治地域 愛媛県西条地域 愛知県尾張地域 新潟県上越地域 新潟県上越地方 新潟県糸魚川地域 期間限定 期間限定ショップ 札幌市中央区 東京都台東区 東京都墨田区 東京都杉並区 東京都江東区 東京都港区 東京都荒川区 松山市 松本市 松江市 沖縄県中部地方(沖縄市を除く) 津山市 津市 浜松市中区 浜松市北区 浜松市天竜区 浜松市浜北区 浜松市西区 滋賀県東近江地域 滋賀県湖北地域 滋賀県湖南地域 熊本市中央区 熊本市西区 熊本県阿蘇地域 石川県南加賀地域 石川県石川中央地域 石川県能登中部地域 神戸市中央区 神戸市兵庫区 神戸市北区 神戸市垂水区 神戸市東灘区 神戸市灘区 神戸市西区 神戸市長田区 神戸市須磨区 福井県丹南地域 福井県二州地域 福井県坂井地域 福井県奥越前地域 福井県福井地域 福岡市中央区 福岡市博多区 福岡市西区 茨城県県央地域(水戸市を除く) 調味料 讃岐うどん 豊橋市 道の駅グルメ 金沢市 長崎市 長野市 長野県上伊那地域 長野県下伊那地域 長野県木曽地域 長野県松本地域(松本市を除く) 静岡市清水区 静岡市葵区 静岡市駿河区 静岡県中部地域(静岡市を除く) 静岡県東部地域 静岡県西部地域 静岡県賀茂地域 食材 飲み物 香川県中讃地域 香川県東讃地域(高松市を除く) 香川県西讃地域 駅弁 高松市 高知市 高知県安芸地域 鳥取県中部地域 鳥取県因幡地域 鳥取県西部地域 鹿児島市 鹿児島県大隅地域

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のコメント

最近のトラックバック