2019年10月 7日 (月)

鉄カード

名前は聞いたことがありましたが手にしたことのないものに鉄カードというものがありました。

鉄道の知名度向上や利用促進に繋げるために主にローカル鉄道で作成・配布しているものです。
鉄カードの入手方法は一定金額以上のグッズを購入するとかイベントの時に配布とか会社によって違います。
P1420235 で、Aブログのために阿佐海岸鉄道を利用したわけですが、阿佐海岸鉄道の場合は乗車したことが条件。
運転士か宍喰駅に鉄カード希望の旨を伝えたら入手できます。


グッズの購入はないので入手そのもののハードルはさほど高くはありません。

ただ、地元民でない限り、この路線に乗りに行くのが結構大変ですが。
往路で貰っているのですが、列車の中でカードの写真を撮るのがいいと思ったので、帰りの車内で撮りました。
P1420236ちなみに裏面はこんな感じです。

以前紹介したマンホールカードによく似ています。
鉄道会社は自治体の数ほど多くはないので参加数は限られますが、これも新たなコレクションになりそうな気がします。

私が入手した鉄カードの裏面の最後を読むと「2020年DMV導入に伴い、現在運行している両車輌はDMVと交代いたします。」の文字が…
そうなるとこの鉄カードのデザインも変わるんでしょうね。

2019年10月 6日 (日)

JR四国の企画乗車券を四国以外で購入

今回のブログ記事の写真はどちらも四国再発見早トクきっぷの写真です。

四国で買うことが多いのですが、久しぶりに四国に行くようなことがある場合はわざわざ買いに行くわけにもいきません。
JR四国の企画乗車券ですから他のJRのみどりの窓口では購入できません。

私のように四国以外の在住者がJR四国の企画乗車券を購入する方法は2つあります。
1 ワープ梅田支店で購入
Warp ワープはJR四国が運営する旅行センターです。

先日、営業を終了したワープがある中で唯一四国以外に存在するワープ支店。
昔は大阪駅構内にありましたが、今はJR西日本本社の近くにあるビルにあります。
(この中にJR四国の大阪営業部があるわけですが…)

日曜・祝日休業でかつ17:30までなので行ける方は限られますが、購入期限ぎりぎりまで購入できるのが魅力。
後述する方法の方が多いと思いますが、私はワープ梅田支店で購入する方が多いです。
2 JR四国ツアーを利用する
Yumishikoku JR四国ツアーはJR四国が運営するサイトです。
これを利用するのに会員登録が必要、送料がかかる、余裕をもって購入しなければいけない点がありますが、全国どこからでも申し込めるのが魅力。

また営業時間内に行けない、行けても梅田までの交通費を考えると簡易書留の送料の方が安くつきます。
(書留の受け取りが大変という方もいるとは思いますが…)
どちらもこのきっぷの値段は2,060円ですが、これは消費税率8%の話で今は2,100円です。
バースデイきっぷを筆頭に魅力的なフリーきっぷを販売しているので個人的にはJR四国に愛着を感じています。

2019年9月29日 (日)

Tokyo Subway Ticket 24-hour

P1420182 東京メトロと都営地下鉄が24時間乗車できるTokyo Subway Ticketです。

東京メトロだけ24時間乗車できるチケットは誰でも購入できますが、こちらは都営地下鉄も24時間乗車できるものです。(東京メトロ・都営地下鉄共通一日乗車券とは違いますし、販売価格も共通一日乗車券のほうが大人だと100円高いです。)

ただし、このきっぷを購入できる人は関東1都7県では購入できません。
東京に行く旅行商品(私の場合はトーキョ―ブックマーク)にこのチケットが付いていたプランでしたので追加費用無しで手にしましたが別途で購入する場合24時間券は800円、48時間券は1,200円、72時間券は1,500円です。

しかし、写真のチケットには引き換えが必要で駅事務所で引き換えるときに名前と連絡先の電話番号を書かされました。

1日乗車券は始発から終電までで、極端な話、23時から使用した場合は1時間や2時間しか使えません。そういう意味では1日は24時間ではないということになります。

写真のタイプは最初に改札機に投入してから24時間乗車できます。
1泊2日の旅行でわざと開始時間をずらすと帰りの交通機関ぎりぎりまで利用できます。
旅行者の悲しいところは東京の地下鉄の駅構造が分かりにくいところ。
同じ駅だと思っても、結構歩かされるところが多かったりするので使いこなすのが大変かもしれません。

言うまでもなく、地下鉄の走っていないところはフリー区間ではないので行き先によっては役に立たなかったり、地下鉄で行くよりもJRの方が便利なところも結構多いのが難点。
他都市の地下鉄と比べてバリアフリー化が遅れていたのでバリアフリー度は若干低い評価をしていましたが、急速にバリアフリー化が進んだという印象を受けます。
バリアフリー度は★★★と半分とします。


2019年9月 1日 (日)

御朱印について

Shuincho1 小学生の頃、ハイキングに行って、たまたま1人でハイキングに来ていた初老の方に朱印帳を見せてもらったことがあります。

なので御朱印の存在は知っていました。

御朱印を貰うのにお金がいることも含めて。

小学生の身では交通費だけでもアップアップの状態でとても御朱印を集める気にはなれませんでした。

それから御朱印を集める気になれなくて現在も集めていません。
しかし、御朱印集めが流行っていることは知っています。
なので今回は御朱印について話したいと思います。
主に参詣者に向けて押印される印章が朱印で歴史は意外と古く、室町時代にはあったそうです。
Shuincho2 令和の時代に朱印の存在を知った姪に親である姉は「有料スタンプラリー」と罰当たりな発言をしてました。

この写真は姪が金沢にある尾山神社に行った時に神社で御朱印長を購入し、朱印を貰ったものです。

特に平成最後と令和最初にはこの朱印を貰う方が多かったようです。
朱印帳と朱印で2,000円近くしたらしいのですが、旅の記念にはいいかもしれません。

折角なので最初は少々値が張っても朱印帳を購入した方がいいと思います。
ノートでは受け付けてくれないところもあるようです。
変わり種で言えば、東京の神田明神は時々、アニメとコラボした朱印帳があるそうです。
そういう変わり種でなくてもオリジナルの朱印帳が売っていることもあり、中には朱印だけでなく朱印帳そのものを集めている人もいるそうです。
ただ、私はじっくり焦らずに朱印を集めるのが本来の朱印の集め方かなと思います。

2019年8月12日 (月)

お盆一日フリー乗車券(愛知環状鉄道)

P1410640愛知環状鉄道の8月10日から18日までしか発売しないお盆一日フリー乗車券です。

岡崎から高蔵寺まで50㎞弱の距離のフリーきっぷで1,500円しますが、いつもはフリーきっぷそのものを発売しないので、つい使ってしまいます。

どちらかと言えば住宅地を走っているので、観光向けではありません。

とは言え、岡崎から高蔵寺まで乗り通すと普通運賃が870円する鉄道路線なので、元が取れやすい方もいるとは思います。

発売駅が限られており、JRとの連絡駅である岡崎と高蔵寺では購入できません。

私のようにJRのきっぷを持っている場合、岡崎か高蔵寺から発売駅まできっぷを購入します。
岡崎の場合なら中岡崎、高蔵寺の場合なら瀬戸市駅までそれぞれ230円、280円のきっぷを購入。
発売駅まで乗車したら改札機にきっぷを投入せずに窓口でこのフリーきっぷを購入する旨を伝えます。
そうすると発売額から購入済みの運賃分を引いて発売するか、先に運賃を返してから改めてきっぷ代を請求するかのどちらかになります。
車いすの方の場合、エレベーターの設置駅が限られているのでエレベーターのある三河豊田、新豊田、八草、瀬戸市で購入するのがいいでしょう。
障害者割引が受けられる方がこのきっぷで元を取るのは難しいうえにエレベーター設置駅も少ないので、バリアフリー度は★★とします。

2019年8月 5日 (月)

むれ源平石あかりロード2019

高松に行ってきました。
高松と言っても平成の市町村合併で高松市に編入されたエリアです。

P1410630 ネットで見て気になったので行ってみることにしました。

行ったイベントはむれ源平石あかりロード2019です。
8月3日から9月14日まで、ことでん八栗駅から駒立岩までの道で行われています。

京都の(東山・嵐山)花灯路や松江の水燈路のように道に置いている行灯のように石でできた照明を飾っています。
今は高松市に編入された牟礼町は同じく高松市に編入された庵治(あじ)町とともに世界一高価な花崗岩である庵治石の産地だそうで、石のまちで有名だそうです。

そして、高松市のマンホールの蓋のデザインにもなっている那須与一の「扇の的」の現場という源平合戦の史跡がある街なのです。
その史跡を石の灯りで結ぶのがこのイベントの始まりで今年で15回目になるそうです。
家に帰る電車の関係で早めに現地に行ったので、灯りと言うにはほど遠い作品もありますが、数点紹介したいと思います。

P1410614
P1410615
P1410621
P1410622
P1410623
P1410625
P1410628
P1410631

ちなみにこれらの作品は購入できるそうです。
もちろん、現品のみです。値段の方はHPの石あかり作品紹介に記載されています。
P1410626 一応、駒立岩に行ってみました。

当時は海中にあった岩ですが、今は陸地にあります。
(満潮時には沈むとは書かれていましたが…)

的になった場所も船が浮かぶところではない為、源平の合戦の頃と風景が全く異なっています。
土産物屋があるわけでもないので過度な期待をしない方がいいかもしれません。
車いすトイレはこの沿道にはなく、近くのマルナカ八栗店の車いすトイレを使用することになります。
公式HPでそのように案内されているので問題はないでしょう。
(お店の許可は得ている旨が書かれています。)
実際見てきましたが、トイレの床面が長方形でなく変則的な床面でしたがそこそこ広さのあるトイレでした。
アクセスとなるtことでん八栗駅はスロープでアクセスできますのでバリアフリーの面では申し分ないかと思います。
土曜日のみ運行する無料循環バス(と言う名のシャトルバス)は車いすのまま乗るのは難しいですが、それでも平坦な道ですので端から端まで1kmぐらいなので暑さ対策をすれば問題ないでしょう。

2019年8月 4日 (日)

「屋島夕やけい」&「石あかり」サタデーナイトツアー(1日周遊券)

P1410507 写真はことでんが発売している「屋島夕やけい」&「石あかり」サタデーナイトツアー(1日周遊券)です。

購入するときに舌を噛みそうになります。

高松築港駅から琴電志度までのフリーきっぷに屋島山上までのバスの往復がついています。

このきっぷが他のフリーきっぷと違うところは9月14日までの毎週土曜日しか使えないこと。

これはむれ源平石あかりロードのイベント日が土曜日に設定されているから。

個人的には日の入りが遅いので、1番行きたくない日が8月3日でしたがこのきっぷの紹介をしたかったので敢えてこの日にしました。
いつもながらことでん志度線の駅に乗ったり降りたりしていましたが、やはり、このきっぷの趣旨である、屋島と石あかりには行こうと思いました。
P1410599 石あかりは別の記事にするとして、屋島へはJR屋島駅か琴電屋島駅からシャトルバスに乗車します。

本当はもっと夕暮れ時に行きたかったのですが、石あかりがある上に宿泊する訳でもなかったので不本意ながらまだお日さまが照っている時間に屋島山上に行きました。
ちなみに私が行った8月3日も含めてこのきっぷが使える日は屋島山上に行くバスも通常の便の後に夕暮れ時を楽しむ時間まで動いています。
P1410600ちなみにバスはノンステップバスでした。

道中は車いすごと動かないようにしっかりと固定する必要がありますが、屋島山上にはバリアフリーで行けます。

山上には一応、車いすトイレもあります。
(あまりきれいとは言えませんが…)
恐らくバスは1台で運行していると思われるのでノンステップバスで運行しているとは思いますが、行かれる方はことでんバスに問い合わせをした方がいいかもしれません。
P1410607 本当は夕焼けを見たかったのですが、夕焼けではなかったのであまり参考にはならない写真を1枚。

説明によると手前は屋島と同じ高松市の庵治(あじ)地区、奥には小豆島が見えるはずが…写真では分かり辛いです。
このあと、バスで琴電屋島駅まで戻り、八栗に向かう西九条でした。

 

2019年7月14日 (日)

フリーズドライ納豆

最近、健康のため納豆を毎日食べるようにしています。

身体にいいのは分かっているけれど、日本人でも好き嫌いの分かれる食べ物です。
大阪人でありながら納豆は嫌いでない為毎日納豆を食べることそのものは苦痛に感じません。
むしろ、外出することが多い私が毎日納豆をどうやって食べるのかというほうが課題になります。
始発電車に乗る私が自宅で納豆を食べるのはほぼ不可能。
だからと言って乗り物に乗っているときに納豆のパックを開けるのは絶望的。
外出先の食事処で食べるか、宿泊施設の朝食で食べるか…と選択肢が少なくなっていきます。
(私の場合、圧倒的に日帰りが多いので、宿泊施設と言う選択肢があまりありません。)
P1410334 そこで登場するのがフリーズドライの納豆と言うことになります。

これだと臭いが控えられているので乗り物の中でも食べられます。
(とは言え、臭いが全くしないわけではありませんので、納豆の臭いが全く受け付けられない方はフリーズドライの納豆でも食べられないと思われます。)

意外なハードルがあるとするとフリーズドライの納豆を売っているところを探すこと。
私もスーパーを何軒か見てみましたが、なかなか売っていません。

ようやく見つけた場所は駄菓子専門店の中にある豆菓子やおつまみのコーナー。
メーカーを見たらカンロと書いてあったのでお菓子屋さんだと販路があるなと思いました。
ちなみにカンロのHPを見たら、写真のドライ納豆の他に容量を少し少なくした100均ショップ販売用のドライ納豆も製造しているみたい。
納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれており、これが血栓を溶かす作用があるそうです。
小さな血栓が肺の静脈を詰まらせたのがエコノミー症候群です。
同じ姿勢を長時間いるときに発生するので軽い運動をするのがいいのですが、飛行機のエコノミークラスだとそれがままならないのでエコノミー症候群と名前がついていますが、言うまでもなくエコノミークラスだけで起こるものではありません。
帰省シーズンで通路にも人が立っているような特急電車の車内でも起こりえる話です。
起こらないに越したことはありませんがエコノミー症候群対策にフリーズドライ納豆をカバンに入れておくのもいいと思います。
実際に日本航空の国際線にエコノミークラス症候群対策のために機内サービスで用意していたりします。

購入の際、注意しなければいけないのは納豆に含まれるナットウキナーゼですが、熱には弱く、油脂で揚げたドライ納豆や納豆ふりかけはナットウキナーゼが壊れてありません。
ですので、高温製造しないフリーズドライの納豆や干し納豆にしてください。
それと実際に持って行く前に一度その商品が口に合うか確かめてください。
折角準備したのに辛くて食べられなかったら意味がなくなりますから。

2019年7月11日 (木)

青春18きっぷをチケットショップに売却

P1010456 今季の青春18きっぷが発売されました。

昔は写真のようなタイプの青春18きっぷ(常備券)を使用していたのでJRの駅で購入していましたが、今は常備券がなくなって発売時に印字されるタイプしか売らなくなりましたのでチケットショップで購入しています。

幸い、梅田と言う日本で1位2位争えそうなくらいチケットショップの多い地区が近いので梅田のチケットショップで購入しています。

JRのみどりの窓口などで青春18きっぷを購入すると今季までは1枚(5回分)11.850円ですが、私が今回購入した18きっぷは1枚(5回分)で11,450円です。今回2枚購入しました。
(10月に消費税率が上がるので、投稿日現在、今冬の18きっぷの発売額の正式発表はされていませんが発売額が上がると思われます。)
投稿日現在、今期の青春18きっぷはまだ使えないので(7月20日からしか使えません)、5回分しか発売されていません。

言うまでもないですがチケットショップまでの交通費がかかると安く手にする意味がないので、素直にJRの窓口で購入しましょう。
ちなみに私の場合は大阪駅前第4ビルの特設会場というジャンボ宝くじの1等の当選本数が日本一出るところで宝くじを購入するので宝くじの購入のついでがあるので交通費がかかるという事情は無視しています。

ここからが本題。
チケットショップでない限り5回分の青春18きっぷしか売っていません。
そして、1回でも使うとJRの窓口では払い戻しはしません。
私は今期の青春18きっぷを2枚購入しましたが、10回乗れると思っていません。
土曜日か日曜日に18きっぷを使う私は余った回数は売ろうと思っています。
有効期間を過ぎた18きっぷはただの紙切れです。
なので、紙切れになる前に売ります。
で、私が今回18きっぷを8回使う予定です。
ですので、2回分を売ることになります。
実は残り1回分の18きっぷは意外と需要があります。
私がよく行く梅田のチケットショップは既に買取価格も表示されています。
残り1回分の買取価格は3,000円。
残り2回分の買取価格は5,400円。
これが梅田付近の衛星都市の駅前にあるチケットショップで売却すると1,000円近く安い金額でしか買い取ってくれません。
この場合は電車賃を払ってでもチケットショップの激戦地で売る方がいいでしょう。
ここまでの話だと8回使う私の場合、残り1回の18きっぷを2枚にして売ったら買取価格は6,000円で万々歳…
とはいきません。
チケットショップも商売です。
有効期限が切れた青春18きっぷはただの紙切れになります。
9月の7日か8日に使い、9月9日にチケットショップに売りに行ってチケットショップが買い取ってくれるとは思えません。
今期の青春18きっぷの有効期限は9月10日ですから。
なので私の場合、3回使って残り2回分を売ってしまい、残りの5回分を使い切るという方法を取ります。
買取価格が高いのはお盆前ぐらいでそれから買取価格は下がるので状況に応じて売却を考える必要があります。
私の場合は1人で使うから敢えて残り2回分の状態で売却しますが、これが複数人で使うような場合なら残り1回分を2枚にした方が売りやすいし買取価格も高いです。
またチケットショップの激戦地の場合だとあと1回分だけ追加でほしい場合、残り1回分を購入するより、残り2回分を売り、残り3回分を購入するという手もあり、その方がトータルで安くなることもたびたびあります。
ただし、残り4回以下の青春18きっぷは誰かが使って売却しないとお店に在庫がないということもあるのでそのあたりも念頭に置いた方がいいでしょう。

2019年6月27日 (木)

旅行会社に物申す

同僚がとある旅行会社主催のバス旅行に参加してきました。

バス旅行の行き先は今回の話に全く関係がないので割愛いたします。

内容はとある飲食施設でのグルメを含めた日帰り旅行だったそうですが、バスでの団体旅行という性格上、参加者の平均年齢は高めだったそうです。
問題は食事先でした。
食事の内容はともかく、足の悪い参加者がいることが容易に想像できるにもかかわらず、座敷・会場までのアクセスは階段のみで文句を言う参加者が出たみたいです。
旅行費用のこともあるので一概にバリアフリーに配慮しろとまでは言わないですが、食事場所がテーブル席か座敷のみか、エレベーターでアクセスできるか1階の会場で行うのかどうかの情報を旅行募集の時点で記載すべきと話していました。

なるほど。

車いすで観光バスだと難しいケースがありますが、杖を突いている人だと観光バスには乗車できます。
しかし、椅子席でないと難しい人に座敷だけと言うのは酷であります。
特にグルメ旅行の場合だと、食事会場如何で楽しい食事が楽しくない食事になります。
そして、その基準は人によって違う以上、情報を提供するのは旅行会社の義務だと思います。

«上越市立水族博物館 うみがたり