2021年7月18日 (日)

ポートライナー・六甲ライナー共通一日乗車券

P1430984 三宮で購入したポートライナー・六甲ライナー共通一日乗車券です。
 
文字通り、ポートライナーと六甲ライナーが1日乗り放題のチケットです。

お値段は1,220円と路線の長さから考えると少々お高いです。
しかし、ポートライナーはともかく六甲ライナーに乗り放題のチケットはこれと六甲ライナー専用一日乗車券しかありません。
(正確に言えばKANSAI THRE PASSがありますが、インバウンド向けなので私は購入できません。)

私のようにあちこちの駅で乗り降りするために使うのであれば元が取れますが、ポートライナー専用、六甲ライナー専用の一日乗車券を使う方がいいと思います。
(チケットの値段は前者が710円、後者が550円でまとめて購入しても40円しか安くならないです。)
ポートライナーと六甲ライナーは他社路線(JR・阪神)に乗り継がないと双方の路線に乗車できませんが、言うまでもなく他社線の運賃は別払いです。
そのためか運営している神戸新交通のHPでは「お得なチケット」というところではなく、「運賃・乗車券」から一日乗車券の項目があります。
神戸新交通のカード式回数券の発売がなくなっているのに一日乗車券がカード式なのが驚きました。
そういう意味ではレアな乗車券かもしれません。

2021年4月 7日 (水)

MIGACOT(ミガコット)

Migacot

「おはようからおやすみまで暮らしを見つめる」会社のMIGACOT(ミガコット)という商品です。
オフィス用歯磨きセットであるこの商品、テレビCMをみて購入しました。

写真のように使うことは稀ですが、商品を分かりやすくするためにわざとです。

今までのトラベルセットだとコップが付いていないので口をすすぐときに両手をコップ代わりにするかペットボトルに水を入れて口をすすぐと言ったことをしていました。

日帰り旅行やアメニティセットが期待できない宿泊施設に行く場合、長時間歯磨きをしない時間が続くと虫歯のことを気にしないといけなくなります。

最近ではマスクをしていることもあり、臭いのする食べ物を食べた後だとずっと臭って大変です。
だから、旅の途中での歯磨きが重要になっていくのではないかと思います。

キレイかどうかは別として、昔の駅だと駅に洗面台がありましたが、気が付いたらなくなっていました。
この商品も欠点がないわけではありません。
トラベル用の歯磨きセットにも同様のことが言えますが、歯ブラシはともかく、歯磨き粉がなくなったら追加補充が結構大変。
自宅での歯磨きが前提のためかこの手のケースに入る容量のものが少ないこと。
もうひとつは意外とコップの部分が外れやすいこと。だから輪ゴムで止めるかビニール袋に入れることになりますが、ビニール袋に入れたらこの商品の特徴であるケース内の通気性を悪くすることになります。
それでも容器そのもののデザインがいいのとコップ付きということで使っていこうと思います。

2021年2月27日 (土)

複雑怪奇な名鉄の運賃計算ルール

Jr 私が毎年JTB時刻表を購入していたのですが、すでに売り切れていたので今回はJR時刻表を購入しました。

時刻表の巻末には簡素ながら私鉄や路線バスの時刻表が掲載されています。
その中で名鉄の時刻表のページを見てずっとわからないことがあったのです。
 
名鉄犬山線 名鉄名古屋-新鵜沼(犬山経由) 30.1km 620円

名鉄名古屋本線 豊橋-東岡崎       29.8km 570円

名鉄名古屋本線 豊橋-岡崎公園前     31.1km 570円
(距離はJR時刻表に掲載されていた営業キロを抜粋)
同じ鉄道会社の路線なのにどうして運賃が違うのだろうと思っていました。
 
実は名鉄では営業キロではなく、運賃計算キロで運賃計算をします。
この運賃計算キロは営業キロとは似て非なるもので、名鉄の場合、線区ごとに3種類の運賃計算があります。
その区分とは…
A名古屋本線
B西尾線・蒲郡線・豊田線・常滑線・空港線・築港線・河和線・瀬戸線・津島線・犬山線・各務原線・小牧線
C豊川線・三河線・知多新線・尾西線・広見線・竹鼻線・羽島線

Aは運賃計算キロ=営業キロ
Bは運賃計算キロ=営業キロ×1.15
Cは運賃計算キロ=営業キロ×1.25
で計算します。
A・B・C群で計算します。
例えば、豊川稲荷(豊川線)-内海(知多新線)の場合
(ここでは運賃計算キロを表示)
豊川稲荷-国府(豊川線)9.000km
国府-神宮前(名古屋本線)52.6km
神宮前-太田川(常滑線)14.145km
太田川ー富貴(河和線)25.645km
富貴-内海(知多新線)17.375kmになります。

おのおの計算すると
A52.6km
B39.79km
C26.375kmになります。
ここで小数点第2位を切り上げます。
A52.6km
B39.8km
C26.4km
これからA+B+Cをします。
そうすると118.8kmになります。
ここで下の運賃表の登場です。
ちなみに小数点以下は1km単位に切り上げます。なのでこの例の場合は119kmとなります。

運賃計算キロ  旅客運賃(大人)
1~3 170円
4 190円
5~7 230円
8 240円
9~12 300円
13~16 360円
17~20 410円
21~24 460円
25~28 510円
29~32 570円
33~36 620円
37~40 680円
41~44 750円
45~48 810円
49~52 880円
53~56 950円
57~60 1,010円
61~64 1,070円
65~68 1,140円
69~72 1,190円
73~76 1,240円
77~80 1,290円
81~85 1,350円
86~90 1,400円
91~95 1,450円
96~100 1,500円
101~110 1,590円
111~120 1,680円
121~130 1,760円
131~143 1,850円

この表によると1,680円です。
実際にはこれに知多新線・豊田線・羽島線・空港線を利用する場合、これに所定の加算額が必要です。

富貴-内海間の加算額は70円と設定されているので運賃は1,750円になります。

ただし、ややこしいのは学割や障害者単独で乗車する場合は運賃計算キロではなくて営業キロで計算するのでこの場合だと108.3kmになり、100kmを超える距離になるので学割や障害者単独での割引は効きますが、豊川稲荷ー富貴までだと営業キロが100km以下なので割引が効きません。
 
そして、名古屋本線と犬山線の運賃計算区分は双方の分岐駅である東枇杷島駅ではなく、東枇杷島駅と西枇杷島駅の間にある、枇杷島分岐点(東枇杷島駅から0.6km、西枇杷島駅から0.3kmの地点)からになります。
例えば名鉄一宮ー徳重・名古屋芸大の場合
名鉄一宮-枇杷島分岐点 14.9km
枇杷島分岐点-徳重・名古屋芸大8.395kmで運賃計算キロ23.3kmで24kmの運賃区分である、460円になります。
もちろん、枇杷島分岐点に駅はないので東枇杷島で乗り換えても問題がありません。
こういうルールや運賃検索では距離まで出ないケースが多いので公式のHPぐらいは載せてほしいと思います。

2020年7月11日 (土)

わくわく1dayパス(区間指定①)

P1430619 熊本に行った時に使ったフリーきっぷです。

わくわく1dayパス(区間指定①)です。

バスのエリアは熊本市交通局のHPに任せるとして、バス事業者は九州産業交通(産交バス)、熊本都市バス(旧・熊本市バス)、熊本電鉄バス、熊本城周遊バス(しろめぐりん)に乗車できます。
熊本市電は全線ですが、熊本電鉄は堀川以南がフリーエリアです。

わくわく1dayパスは他に区間指定②と熊本県内版があり、バスの路線図を持っていないし(ただし、フリーエリアは裏面に記載しています。)、バスの本数がわからないので電車のフリーエリアが決め手になったと言っても過言ではありません。

HPで見る限り、フリーきっぷの表紙はどれを選んでもくまモンとひごまるの図柄になりますが、背景の色が違います。
P1430620 スクラッチで該当年月日を削るタイプなので事前に購入して始発電車・バスに合わせて使い始めることが可能なのですが、今回の私の場合、熊本についた時点で発売個所はすべてしまっていたので使用当日に購入するしかありませんでした。

市電専用の1日乗車券なら市電の車内でも購入できたのですが、せめて市内のホテルでも売ってくれたらいいのにとは思います。観光客用のフリーきっぷなのだし。

愚痴はともかく、このきっぷを使い始めて桜町バスターミナルがすごい大きくて驚きました。

とりあえずバスに乗車したのは比較的短距離だから問題ないですが、電車で行けても電停そばにあるバス停には行けない場合があるのでバスのフリーエリアには気を付けた方がいいです。

誰もが知っている熊本市内の観光地なら1番エリアの狭い区間指定①で十分だと思います。

2020年6月30日 (火)

トク得!ひかり・こだま+つばめ/バリ得こだま・ひかり・つばめ号

今回のタイトルは新大阪から山陽新幹線・九州新幹線の限定便で行く熊本などへ行く旅行商品名で以前に紹介したバリ得こだま・ひかり/トク得!ひかり・こだま/めっちゃ得!博多・小倉の九州新幹線拡大版です。

トク得!ひかり・こだま+つばめ(JTB)/バリ得こだま・ひかり・つばめ号(日本旅行)でタイトルが以前、日本旅行/JTBの順番でしたが今回はJTBにしたので順序が逆になっています。

また、乗車できる新幹線は大阪発だとひかりが朝の2本のみ。大阪行だと最終ひかりのみになります。
(それ以外はすべてこだまになります。)
これは以前紹介したバリ得こだま・ひかり/トク得!ひかり・こだま/めっちゃ得!博多・小倉も同じでそれに九州新幹線ではつばめが対象になります。
博多から鹿児島中央に行くつばめは博多駅6:10の始発か鹿児島中央駅に24時近くに到着するものしかない為、日本旅行の方では鹿児島中央行きの設定が無くなりました。
(博多駅6:10発だと6時に博多駅にいないと間に合わないので6時以前に新幹線は走れないので博多乗継は物理的に不可能)
ちなみに博多駅6:10に発車するつばめと最終つばめである筑後船小屋行きのつばめだけがグリーン車を連結しています。
なので、JTBにしても日本旅行にしても追加料金でグリーン車に乗れるのは山陽新幹線のひかりだけになります。
Tokutokutsubame1 小倉に行った時にグリーン車が安くで利用できる魅力を感じ、グリーン車にしました。
これらはあくまでも旅行商品であり、通常のきっぷと扱いが違います。

乗り遅れによる救済は一切ありません。

みずほやさくらに乗車できないので必然的に博多駅で乗り換えということになるわけですが、その博多駅だけで使える200円のクーポンが付いています。(もちろん、指定されたお店限定です。)

いろいろ制限があるこの旅行商品。魅力的なのはその値段。
JTBの分で新大阪―熊本間8,900円、日本旅行の分で9,400円。
少し前に紹介したスーパー早特21よりも3,000円近く安くなります。
それでも往路にスーパー早特にしたのは私が新大阪駅から新幹線に乗車してからだと熊本に到着できないという致命的な欠点があるから。
Tokutokutsubame2 しかし、スーパー早特にはない博多駅での途中下車が有人改札経由で可能だというのが魅力的です。

ちなみに乗車券の部分に博多駅の下車印が押印され、博多駅で乗車するときに新幹線特急券の部分に入鋏印が押されます。

私の場合は熊本に滞在したかったので博多駅滞在時間は30分強ですが、その気になれば博多で観光してから目的地に行くということも可能です。
具体的に言えば、JTB版では設定されている大阪から鹿児島中央だと、朝早いひかりで博多に行き、博多で観光してから夕食後につばめに乗車して鹿児島に行くパターン。
大阪行の場合も朝早いつばめで熊本から博多まで行き、博多で観光してから新大阪行きの最終ひかりに乗車ということができます。
乗り換えが必要だからこそ可能なメリットをうまく利用すると充実した旅行になります。

2020年6月26日 (金)

地下鉄御堂筋線新大阪駅 トレインビュースポット

Osaka MetroのYouTubeチャンネルで今年の2月1日に御堂筋線新大阪駅にトレインビュースポットができたという動画があげられていました。

何時か行ってみようかなと思っていましたが行く時期を失ってしまい今になってしまいました。

場所は千P1430450里中央方のホームの端です。

地下鉄新大阪駅は高架駅ですがホームの両端以外は屋根で覆われているために高架駅にもかかわらずホーム上に冷房装置が付いていまして、ベンチもあるので待合室という類のものはホーム上にありませんでした。

千里中央やなかもず方面に行く方はともかく、梅田やなんば、天王寺に行く方は日中でも4分間隔で電車が来るので待合室そのものが不要なのかもしれません。
とは言え、待合室が必要かどうかは運営者側が決めるのではなく、乗客が欲しいと思えば必要なのでしょう。
P1430451 その意見があるかどうかは別として取りあえず作ってみたと思われるトレインビュースポットはホームの端に入口があり、その奥がトレインビュースポットです。

本当は部屋全体を撮りたかったのですが、先客がいて弁当を食べていたので邪魔になってはいけないのでガラス張りの最も端の部分をパチリ。

テーブルもあって、なかなか居心地がよさそうです。
P1430455 ホームの北端の設置したのには訳があり、まずホームの南端は改札につながる階段があり、物理的に設置できないこと、新大阪止まりの電車の待避線がホームの北側にあるので電車の眺めがこちら側の方がいいことでしょう。
写真は千里中央行の電車が走行しているのと待避線で停車している天王寺行きの電車です。
先程のガラス面にカメラのレンズを付けて反射を抑えて撮影しました。
ちなみに新幹線はどうあがいてもここから拝めません。
なので、トレインビュースポットという割には電車にバラエティに富んでいるわけではありません。
とは言え、Osaka Metroの中では御堂筋線が1番走っている車種が多い(3種類)のと、高架駅で待避線のある駅はここしかないので(待避線のある駅はここ以外はすべて地下駅なので、視覚的にトレインビュースポットにならないです。)本数自体は多いので電車を眺めるだけならいい場所かもしれません。
幸か不幸かまだ認知度が低いので、人がいなくてゆったりできます。

2020年5月28日 (木)

スーパー早特21

予めお断りいたしますが、乗車日を消してはいますが、全国的に県をまたぐ移動が解除される6月19日以降の話です。

Superhayatoku21 写真は大阪市内から熊本までのスーパー早得21のきっぷです。

ネット限定の予約でみどりの窓口で受け取ります。

大阪市内から熊本までの場合、12,220円とさくらに乗車した場合(普通車指定席・通常期)、18,880円との比較すると6,660円安くなります。

ちなみに障害者割引が受けられる方が通常のきっぷを使用した場合、さくらに乗車した場合、13,470円とこちらを使った方がお得になります。

しかし、名前の通り、出発の21日前までに予約をしなければいけませんし、きっぷを受け取る取らないを問わず、列車の変更はできません。一旦、払戻ししてから再度購入という縛りもきついのも承知しなければいけません。
出発の14日前までに予約する必要のあるスーパー早得きっぷは同区間の場合、13,100円と880円高くなります。
ただし、払い戻しの手数料などの条件はどちらも変わりません。
ちなみに熊本行きと鹿児島中央行きの場合、のぞみを使う場合、博多でつばめに乗り換えることもできますが、博多駅では途中下車ができないので、博多駅(の新幹線改札内)でショッピングをする目的がない限りは乗り換えなしで全区間ゆったりして乗車できるみずほ・さくらに乗車されることをおすすめします。
仕事が終わってから新幹線に乗車予定なので熊本に着いたらほぼ寝るだけですが、万が一3日前までに仕事の都合がついて早い新幹線に乗車できるなら手数料を支払ってWEB早特3を利用する方法があり、返金が銀行振り込みになるクレジットカード払いではなく、即金で返金してくれるコンビニ払いにしてます。
いずれにせよ指定席が満席でなくてもこのきっぷの席数が限られているので購入できないという可能性があります。
なので、日程が決まればさっさと手配するのが安く旅行に行くコツになります。
もっとも払い戻しのリスク、乗り遅れたときの救済措置はないので条件をよく読む必要がありますが…

2020年4月12日 (日)

baggage160

【注】この記事は後日加筆いたします。

2020年5月20日乗車分から東海道・山陽・九州新幹線でbaggage(バゲッジ)160が開始されます。
もともと東京オリンピックが契機で作った制度ですが、コロナの関係で東京オリンピックが1年延期となりましたが、制度導入の延期のアナウンスがないので、この制度は予定どおり開始されるのでしょう。

既にご存知の方もいらっしゃいますが、改めて説明します。

これから自由に置けた車両の最後部にある座席の後ろのスペースを事前に予約をしなけらば行けなくなります。
ちなみに座席まで配置の決まっている東海道新幹線の場合、以前に書いた通りになります。

事前に予約をしなくて乗車列車にこのスペースを使う場合、税込み1,000円の持ち込み手数料がかかります。
また、券売機やネットでは特定の指定席を選択、みどりの窓口では「特大荷物スペースつき座席」を指定して購入することになります。
注・ここでいうネットとは東海道・山陽・九州新幹線を運行しているJR東海・JR西日本・JR九州が運営しているネットサービスであり、JR東日本が運営している、えきねっとは対象外です。

新幹線の網棚は縦・横・高さの和が160cm以内だと収納できるらしいのですが、ベビーカーの利用者もこの座席を予約できます。

また、事前に予約をする場合、一般の指定席特急料金やグリーン料金と同額です。
自由席や一部の指定席号車にはbaggage160の設定はないのですが、一部の指定席号車というのは個人的には車いすスペースのある場所なのかなと想像します。
わざわざTwitterのアカウントまで用意されていますが、これで周知ができるとは到底思えないのが個人的な感想で、しばらくはこのスペースをむぐってトラブルが起こりそうです。

2020年3月23日 (月)

市内電車バス1日フリーきっぷ(富山地方鉄道)

P1430443 令和2年3月21日に発売を開始した市内電車バス1日フリーきっぷです。

この日より、富山地方鉄道の富山市内線と富山港線(旧・富山ライトレール)が直通で運行を開始し、運賃体系も1本化しました。

そのせいかフリーきっぷの方も1本化し、以前に紹介した地鉄電車・バス1日ふりーきっぷに富山港線のエリアが追加され、富山まちなか岩瀬フリーきっぷが廃止されました。

650円になったので地鉄電車・バス1日ふりーきっぷより30円値上がりしましたが、30円で富山港線に乗車できるとなったらこれぐらいの値上げなら問題になりません。
バスは富山駅から280円区間の区間と言う区間や鉄道線の電鉄富山から南富山までと言う区間は変更ありません。
本来は以前のフリーきっぷと同様にスクラッチで使用日を削るタイプです。
P1430442 しかし、南北接続記念と言うことで特別仕様のフリーきっぷで予め使用日のスタンプが押されている分でした。

台紙付きですが、実際に使用するときは台紙を外して使用しました。

富山港線の部分は全車バリアフリー車両ですが、富山市内線もバリアフリー車両が増えてきているのでバリアフリー度が上がって来ています。
よそ者なのでバス路線を把握していないので使い勝手が悪くなるのは仕方がないとしてもバス利用に関してもう少し詳しく書いてほしいと思います。


2020年3月21日 (土)

IR・あいの風1日フリーきっぷ/あいの風・IR1日フリーきっぷ

P1430281 金沢駅IRお客様カウンターで購入したIR・あいの風1日フリーきっぷです。

IRいしかわ鉄道金沢駅からあいの風とやま鉄道の越中宮崎まで1日乗り放題のきっぷです。
(IRとあいの風全線ではないのは越中宮崎-市振まで使えない為。資産的に富山・新潟県境から市振まではえちごトキメキ鉄道の所有になるためこの区間の利用料をえちごトキメキ鉄道に払わないといけないものだと思われます。)

当日でも購入できますが、使用できるのは土日祝日とお盆と年末年始です。

2,000円なので個人的には青春18きっぷのシーズンで富山に行くときぐらいにしか使いません。

青春18きっぷが使えないときは北陸おでかけパスが2,540円(4月1日発売以降は2.580円)の方がフリーエリアが広いのでこちらを利用するため。

写真のきっぷは金沢駅(つまりIR側)で購入したのでIR・あいの風1日フリーきっぷですが、あいの風側で購入した場合、あいの風・IR1日フリーきっぷと表記されます。(もちろん、有効区間・有効部・発売額は同じです。)
以前に購入したのは青春18きっぷで金沢に到着して、発売場所まで行ってフリーきっぷを購入したら1本後の電車に乗ることになるので貴重な時間を待ち時間に使いたくないから。
もちろん、リスクもあります。
当日に購入したらないリスクに乗車日に交通機関がストップしても私の場合、払い戻しが事実上不可能なこと。
IRいしかわ鉄道のきっぷをJRで払い戻しができないので払い戻すために金沢まで行く必要があること。
2,000円以上の交通費をかけて。
とは言え、金沢から富山まで第3セクター鉄道での運賃は片道1,240円。
往復するだけで元が取れます。
ちなみにこのきっぷのフリー区間の最長区間である金沢―越中宮崎を乗り通すと片道2,260円なので、このフリーきっぷが決して高いわけではないのですが、反対に北陸おでかけパスの安さは特筆ものだと思います。

ただ、バリアフリーの面ではIR区間は倶利伽羅駅を除いてエレベーターの設置駅ですが、あいの風とやま鉄道の区間で階段でのアクセスが目立つので車いすの方がこのきっぷを使うのはハードルがあります。
(富山より東でエレベーター設置駅は魚津駅だけです。)
なので、バリアフリー度は★★とします。

«西九条舞流・コロナ対策外出法

2021年7月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック