« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月19日 (木)

阪急阪神1dayパス

P1070212阪急と阪神全線乗れる1日フリーきっぷです。
経営統合前ならありえないようなきっぷですが、1,200円で発売されています。
もちろん、今日開業の阪神なんば線にも乗車できます。
(それが目的で購入しています。)

三宮から河原町まで阪急で行くと片道600円ですので、この区間を往復して元が取れます。
ということは、障害者割引が受けられる人がこのきっぷで元をとるには2往復する必要があります。
とはいえ、そういう使い方をする人はいないと思います。
阪急区間と阪神区間の両方使うことでこのきっぷを活かせると思います。

河原町から甲子園とか、宝塚から(今津まわりで)難波とかこまめに乗降するのがいいと思います。

料金面以外ですとフリー区間内の駅はバリアフリー化された駅も多いのがうれしいです。
特に阪急区間はバリアフリー化された駅も多いから利用しやすいです。
ただ、阪神三宮駅はバリアフリーになっていないので注意が必要です。

バリアフリー度:
★★★
理由:バリアフリー化された駅が多いけれど、全駅というわけではないのともともとの運賃が安いので障害者割引を受けられる人だと回数を乗らないと元が取れない。

2009年3月14日 (土)

京都・東山花灯路2009

昨日から開催しています、京都・東山花灯路に行ってきました。

P1070104 毎年、春の初めに行われていますこのイベント。

青蓮院から清水寺まで行灯が並ぶだけですが、結構な観光客が集まる行事になっていて、今年でまだ7回目なのですが、春の恒例行事になったといって過言ではありません。

P1070109 ライトアップされた知恩院です。

ここの前の駐車場のところに車いすトイレがあります。

期間中は夜の特別拝観がありますが、車いすでの拝観は難しそうです。

P1070116 円山公園に作られる「竹灯り・幽玄の川」です。

幻想的な灯りが魅力的です。

円山公園ではいけばな展もあります。

P1070126 高台寺公園の近くの石塀小路です。

人が多かったので、他の人の顔が映らないように撮影するだけで精一杯でした。

ちなみに高台寺公園の中に車いすトイレがあります。

車いすの方がこの花灯路に行くにあたってネックなのは、階段しかない二年坂・産寧坂です。

P1070130 二年坂のほうは八坂の塔を回れば回避できます。

ただ、こちらも決して楽な道ではありません。

ねねの道から直接二年坂に行く人が多いため、意外と人通りが少ないのは救いかもしれません。

産寧坂は少しややこしくなりますが、産寧坂の手前の四つ角で車が横切るため、ガードマンが立っています。

その人たちのところを産寧坂方面に向かって右に曲がり清水道に出てから清水寺のほうに向かうと行けます。

とは言うものの、楽な上り坂ではないため、車いすをタクシーに載せられるなら、清水寺から北行きの一方通行で行かれることをお勧めします。

また、車いすトイレの設置場所は限られているため、トイレに行っていない時間が長かったら行っておいたほうがいいでしょう。

21時までなら東山区役所のトイレを使うことも考えておいたほうがいいかもしれません。

近藤悠三記念館の近くのトイレは有料トイレです。

バリアフリー度:★★

理由:仕方がないとはいえ、二年坂・産寧坂の階段回避は一苦労。

沿線沿いに車いすトイレが少ない。

2009年3月 5日 (木)

3月31日と4月1日の差

卒業シーズンです。
電車やバスは12歳の小学生は子供運賃でいけるのは知っていると思いますが、いつまで小学生なのかと言いますと、3月31日までです。
ですので、卒業式を迎えても3月31日までは子供運賃です。

逆に言えば、4月1日からは中学の入学式を迎えていなくても大人運賃になります。

小学校を卒業する児童の場合、3月31日から有効の乗車券なら乗車日が4月になっても有効期間中である限り、子供運賃でいけることになります。

もちろん、これは子供運賃に限ったことではありません。

今年卒業する学生の場合でも、学割で乗車券を買う場合、学割証が3月31日まで有効なので、3月31日から有効の乗車券を購入すると仮に社会人になっても
乗車日が4月になっても有効期間中である限り、学割運賃でいけることになります。
(社会人になってすぐに遠出できる人は限られるとは思いますが)

往復乗車券の有効期間は片道の2倍なので、このときばかりは往復乗車券を使うのがいいかもしれません。

2009年3月 2日 (月)

富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ

P1060934 「富山まちなか・岩瀬フリーきっぷ」です。

富山地鉄の市内電車・富山ライトレールと富山地鉄バスの一部区間(富山駅から270円区間の範囲内)が一日フリーです。
(富山地鉄の鉄道線の電鉄富山駅から南富山駅も利用できます。)

お値段は大人800円・子供400円です。
P1060933 使用日を削るのですが、何故か電車やバスの車内では購入できません。

バスの範囲はチケットに記載されているのがすべてなのかわからない上にバス路線がどのように乗り入れているのかわからないのが不便です。

富山地鉄の市内電車は車両そのものにステップがあるので、車いす障害者が気軽に利用しにくいでしょう。

ですので、車いすの障害者がこのチケットを使う場合、富山ライトレールと富山地鉄バスのノンステップバス車両を使うことになります。

一般の人がこのチケットの元を取るのはライトレールか市内電車に4回乗る必要があります。
障害者割引が使える人がこのチケットで元を取るには8回乗る必要があるので、普通に障害者割引の乗車券で乗るほうがいいかもしれません。

バリアフリー度:
★★
理由:富山地鉄の市内電車はステップがあるので、乗車しにくいことと、元を取るのに多く乗らないといけないので。

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »