« 第6回氷の祭典 | トップページ | しあわせ回廊 なら瑠璃絵 »

2010年2月12日 (金)

奈良・斑鳩1dayチケット(大阪市交通局版)

 

P1090354 奈良・斑鳩1dayチケット(大阪市交通局版)です。
奈良・斑鳩1dayチケットは各社局で発売されていますが、個人的には大阪市交通局版が一番安いかなと感じています。
(実際の販売金額は京阪版の1,500円が最も安いのですが、京阪版だと奈良に行くのに丹波橋まで行かなければなりません。)

どの
奈良・斑鳩1dayチケットでも近鉄電車と奈良交通バスのフリー区間は同じです。
近鉄電車のフリー区間は大阪難波から近鉄奈良と長田から生駒、近鉄京都から大和西大寺を経て筒井駅までです。
また生駒ケーブルも乗車できます。
奈良交通バスのフリー区間は学園前以東で近鉄奈良線の南側、筒井駅を南端とする(法隆寺を経て王寺駅までの路線は乗降可)エリアです。

奈良交通独自で発売している
奈良・西ノ京・斑鳩フリー乗車券(1,000円)で乗れる範囲とほぼ同じです。(若干、奈良交通独自のフリーチケットのほうがエリアが広いです)

スルッとKANSAI2day・3dayチケットでは奈良交通のバスには乗れないので、バス奈良市内を回るのには重宝します。
最近、奈良市内もノンステップバスが増えてきたと思いますので、バスも活用できたらいいのですがバスの有効区間は別紙に書いてあってもバスの路線図まではないので、不親切といえば不親切です。

ちなみに近鉄電車の運賃は大阪難波から奈良まで540円、京都から奈良まで610円であまりいないかもしれないけれど奈良行って京都に行き、近鉄で難波に戻ると540円+610円+920円=2,070円で、大阪地下鉄も全線乗れるので、障害者割引を受けられる人も元が取れないこともなさそうです。
フリー区間の近鉄電車の駅もバリアフリー化されたところが多いので、使い勝手がいいかもしれません。

バリアフリー度:
★★★
理由:近鉄の駅がバリアフリー化されていない駅が若干あることと増えてきたとはいえ、バスのバリアフリー化が遅れている。また、障害者割引を受けられる人が元をとるのはちょっと大変。

« 第6回氷の祭典 | トップページ | しあわせ回廊 なら瑠璃絵 »

お得なきっぷ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第6回氷の祭典 | トップページ | しあわせ回廊 なら瑠璃絵 »