« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月24日 (火)

1日乗車券(アストラムライン)

P1120102

広島を走るアストラムラインの1日乗車券です。
自動券売機で発売されているのですが、短距離切符のサイズでよく言えばシンプルですが、正直言って味気ないです。
写真のとおり1日乗車券の料金は900円で、フリー区間は
アストラムライン全線です。

広島の観光名所からはずれているために観光目的で使う人は動物公園か交通科学館などに行く人など限られていると思われます。
最も運賃の高い区間で470円なので、障害者割引が受けられる方が元を取るには最長区間の乗車して2往復しないといけません。


バリアフリー度:
★★
理由:エレベーターなど駅のバリアフリー化は進んでいるのですが、しょうが氏は割引を受けられる方がこの切符で元を取るのは難しい。

2010年8月10日 (火)

鉄道線全線1日フリー乗車券(北陸鉄道)

P1120072

北陸鉄道の鉄道線全線で乗り降りできる「鉄道線全線1日フリー乗車券」です。

金箔仕様ですが、紙の乗車券です。

デザインは私が選んだ(兼六園の)雪吊りの他に鉄道車両・(金沢城)石川門・兼六園があります。

もちろん、係員にデザイン画を見せても有効期日がわかりませんので、下の画像のほうを提示します。

P1120073

このきっぷは1,000円で石川線と浅野川線の両方に乗れるのですが、石川線と浅野川線は離れているので、この間は別払いになります。

(考えられるのは金沢駅からJRで西金沢まで行くか、野町まで北鉄バスで行くことになります)

ですので、両方の線をフルに活用しなければ健常者でも元を取るのは難しそうです。

しかも、バリアフリー化された駅が少ないため、障害者割引を受けられる方が元を取るのは大変です。

正直言って使い勝手が悪いです。

せめて、金沢駅から野町駅までのバスもフリー区間に入れてほしいです。

バスも鉄道も同じ会社なのだから。

両駅間のルート上にある香林坊・竪町にも寄れるので、ショッピングの利用客も使えそうなのですが。

バリアフリー度:

理由:鉄道線が分断されているので、元を取るのが難しいのにバリアフリー化された駅が少ない。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »