« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月18日 (金)

阿波おどり会館&眉山ロープウェイ

徳島に行ってきました。

ただ、公開前日まで眉山ロープウェイが検査のために休止でしたので、ブログの公開を見送っていました。

徳島でイメージするものといえば、阿波踊りではないでしょうか?

P1150733

徳島駅から歩いていけるところに阿波おどり会館があります。

阿波踊りの歴史から阿波踊りの実演まであります。

5階建ての建物で、1階が案内情報コーナーと物産店、2階が阿波おどりホール、3階が阿波おどりミュージアム、4階が貸室で5階が眉山ロープウェイの山麓駅になっています。

阿波おどりホールでは実際に阿波踊りを見せてくれるだけではなく、実際に体験も出来ます。(衣装は貸してくれませんが)

ここは昼の部と夜の部がありまして、料金が違う上にセット料金があるのは昼の部だけです。

阿波踊りも昔と今とは違うらしく、その違いも見せてくれるなど楽しませてもらいました。

阿波おどりミュージアムは歴史から各種資料、パネル展示がありました。

個人的にはミュージアムよりもホールの方が良かった後思います。

この会館の中に車いすトイレがありますし、垂直移動はエレベーターがあります。

そして、5階に上ると眉山ロープウェイです。

P1150734

ロープウェイは15人定員のゴンドラが2両つないで山頂駅まで行きます。

(ちなみに写真は山頂駅です。)

P1150738

ゴンドラの中から写真を撮りました。

段差とホームとの高低差も隙間もほとんどありません。

車いすの方でも簡単に乗車できそうです。

また山頂駅でもエレベーターがあり、近くには車いすの公衆トイレもあり、山頂での散策も出来ます。

ロープウェイを降りたところから徳島市街を眺めてみました。

P1150736

時期の関係で夜景が見れませんでしたが、今度はここからの夜景を見たいと思います。

バリアフリー度:★★★★

理由:アクセス面では申し分が無いのですが、ホールに車いすスペースが無いのは惜しいと思います。

2011年2月14日 (月)

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2011

今日までの1週間奈良で行われていました、「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」に行ってきました。

昨年、初めて開催したイベントですが、好評だったのか開催期間を昨年の4日よりも多い1週間開催になっています。

とは言え、昨年の開催で問題が無かったわけではなく、私が気がついた問題だけでも、暗い夜道でかつ、未舗装の場所を歩かせるので、転倒事故の可能性が気になりました。

今年はそういうところを極力歩かせないようにしただけではなく、会場間のバスの運行があり、足の悪い方への配慮がありました。

報告が遅くなりましたが、私は2月11日に行ってきました。

この日は雪が積もり、奈良では雪が溶けずにそのまま残りました。

しかし、この雪が一層幻想的な景色にしてくれました。

P1150836_2

今年は奈良県新公会堂も会場の一部になり、イルミネーションの設置場所も変わりました。写真は浮雲園地の光のオブジェです。

P1150841_2

こちらは新公会堂の庭園に設置された冬七夕ツリーです。

花たんざく(100円)に願い事を書いてここに飾ります。

写真とは違い実際には複数本あります。

P1150848

庭園にも電飾があり、景色に見とれていました。

P1150839_2

しあわせココア(500円)です。

普通のココアと違うのは吉野本葛を使っており、ココアにとろみが付いています。

このとろみが体を温めてくれます。

葛とココアが意外とマッチしていて美味しかったです。

(この組み合わせを考えた人は偉いです。)

P1150853_2

こちらも新公会堂の庭園です。

P1150858_2

これが今年初めてのオブジェである、「瑠璃絵提灯」です。

(球体の形をしているやつです。)

個人的にはもっとあった方が良かったのではないかと思います。

P1150859_2

浮雲園地にある竹あかりのコースです。

私が気がついたのはここだけでしたので、ここ以外の撮影はしませんでしたが、なかなかいいライトアップです。

もちろん、これだけではなく、夜間拝観している場所もあり、真冬の奈良を歩きたくなるイベントでした。

2011年2月10日 (木)

第7回 六甲山氷の祭典

六甲山ガーデンテラスで今日から2月13日の日曜日まで開催されている「第7回 六甲山氷の祭典」に行ってきました。

私と氷の祭典は相性が悪く、一昨年は中止、昨年は雨が降ったわけですが、今年は雨も降らずに無事に見学できました。

P1150780

入口近くの氷像です。

開催初日と言うこともあって(特に初日は15:00から)、氷像の作成過程を見せながら仕上げるところもあり、材料である氷柱が立っているところもありました。

P1150781

12日と13日に須磨水族園からペンギンがやってくるイベントがあったのですが、鳥インフルエンザの影響で中止になりました。残念です。

P1150784

私が気に入った作品を撮ってみました。

この作品は「妖艶」というタイトルがついていました。

P1150788

この作品は「自由に泳ぐ!」というタイトルがつけられていました。

P1150792

この作品は「氷の微笑」というタイトルがつけられていました。

P1150794

この作品は「母の詩」というタイトルがつけられていました。

P1150795

この作品は「守護神」というタイトルがつけられていました。

P1150796

この作品は「氷のハートのモニュメント」というタイトルがつけられていました。

P1150800

この作品は「自由」というタイトルがつけられていました。

P1150808

この作品は「復興への願い」というタイトルがつけられていました。

幻想的な作品ばかりですが、アクセスが不便なのが難点で、会場そのものは車いすトイレが整備されたり、段差が無かったりいいのですが、ケーブルカーがバリアフリーでないので、車いすの方は六甲山ガーデンテラスまで車で直接行ける方に限られてしまいます。

個人的にここからの夜景もきれいです。

P1150812

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »