« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月25日 (月)

ひなせかき祭2013

P1220170
昨日(2月24日)に、備前市日生町でひなせかき祭が行われました。
実は昨年、このイベントを知り、行きたかったのですが、諸事情から泣く泣く断念したので、今年こそは絶対に行ってやると気合入れていきました。

P1220165
会場の五味の市へはJR赤穂線日生駅から歩くかこの日だけ運行するシャトル船に乗船するかのどちらかでした。このシャトル船は無料でしたので、往路だけ乗りました。
(復路は時間切れで乗れてません)

P1220166
日生港での乗船は段差がほとんど無しで乗船できました。
甲板の上は寒いけれど会場に着くまで段差無しで行くことができます。
JR日生駅が階段しかないことが本当に悔やまれます。

P1220168
五味の市を海側から撮影しました。
この手のイベントだと駅からシャトルバスというケースが多いのですが、駅も会場も港が近い上、アクセスとなる道路がお世辞にもいいとは言えないので、船による運行が便利かもしれません。
下船のときは段差があったのは残念でした。
JRで日生に来たので特別に抽選があり(車で来た方は配布されません)、抽選に参加したら、小さい備前焼のお猪口がもらえました。
かき祭なので、地元特産のかきが味わえます。

P1220169
最近、日生の名物といえばカキオコ。
もちろん、売っていました。
他にも県内や赤穂など日生の近くの街からB級グルメが出店していました。
まるで岡山県内B級グルメ祭のようでした。
しかし、かき祭なのでメインはかきです。
五味の市で購入したかきをバーベキューするコーナーがあり人気でした。
かきご飯やかきの味噌汁なんていうのもありました。
殻つきのかきの販売もありましたが、予定がなければかきを購入したのですが、もち歩きが出来なかったので諦めました。

P1220172
私が帰りの船を諦めてまで待った蒸しがきです。
これが1番人気で私は1時間以上も待ちました。
先に並ぶと他はありつけないと思い、これを最後に回しました。
牡蠣のうまみを凝縮した味わいで、美味という言葉がぴったりでした。
ものすごく賑わったこのイベントですが、食べる場所を確保することを除けば、 五味の市には車いすトイレが付いているので車いすの方も気軽に参加できます。
車で来ていたとは思うのですが、実際、車いすの方もチラホラ見かけました。
 
バリアフリー度:★★★
理由:五味の市周辺も会場の一部でしたがその辺りの段差があったのが減点。

2013年2月 9日 (土)

青空フリーパス

P1210947JR東海の名古屋地区で土・日・祝日と正月3ヶ日に使える「青空フリーパス」です。
 
東海道線は西は米原まで東は豊橋の1つ先の二川(ここまでが豊橋市内の駅)、高山線は下呂まで、中央西線は名古屋から木曽平沢まで、飯田線は豊橋から飯田まで、太多線は全線、南は紀伊長島までなので、結構エリアが広いのが特徴。

私は米原で購入・使用開始しましたが、名古屋から鳥羽まで(伊勢鉄道経由)で2,380円、下呂まで2,210円なので、2,500円のこのきっぷだと比較的元が取りやすいです。

在来線の特急なら特急料金を支払えば特急に乗れるのは青春18きっぷにないメリットです。
(それ以上に伊勢鉄道に乗れるのもメリットと言えます。)
ただ、運賃では元が取りやすいこの切符も駅そのものがバリアフリーではないところも結構あるのが難点です。

名古屋近郊だとバリアフリー化されてますが、意外なところではJR四日市駅がバリアフリーではなかったり、鳥羽駅も降りてから大変だったりします。
 
今回初めてこのきっぷを使ったのですが、事前に購入しなくてもいいのも魅力的です。
私の場合は米原までは別途支払いと言うことになりますが、場所によって関西おでかけパスを使ったほうが安い場合もありますし、チケットショップで米原まで購入したほうが安い場合もあります。
(私の場合は後者です。)
他も購入場所と米原駅との違うところは他は改札外のみどりの窓口ですが、米原駅だけは新幹線との乗り換え改札口付近のみどりの窓口で売っています。
(米原駅の改札外のみどりの窓口はJR西日本のみどりの窓口なのでこのきっぷを扱っていません。)
 
バリアフリー度:★★★
理由:元は比較的取りやすいですが、バリアフリー化されていない駅がローカル線を中心に多い。

2013年2月 8日 (金)

しあわせ回廊 なら瑠璃絵2013

2月14日まで開催している、「しあわせ回廊 なら瑠璃絵2013」に行ってきました。
今年で4回目ですが、奈良の冬のイベントとして定着しそうな雰囲気です。
(と言うものの、年明けぐらいまで開催内容が公式HPに
載ってなかったので心配してました)

P1220023
興福寺の西側の通路です。
今年は少しですが、木にも電飾がありました。
興福寺から春日大社まで無料送迎バスがありました。

P1220024
春日大社あたりは電灯の類が少ないのでこのイベントが終わって消灯したあとは移動も大変なので先に見ておいたほうがいいかもしれません。

P1220025
春日大社のほうから行くと段々明るくなります。

P1220027
今年はこんな光のオブジェもありました。
色が変化してちょっと長居しそうです。

P1220031
ミラーボーラーです。
設置場所は昨年とあまり変わっていませんでした。
もしかしたらこれが一番好きかもしれません。
このあたりまでは昨年と変わらなかったのですが、ここからが違っていました。
今までは新公会堂のあたりでやっていたものが、今年は奈良公園内の浅茅ヶ原で行っています。

P1220034
昨年も同じ電飾を見たのですが、設置場所が全然違います。

P1220033
ここに短冊を飾るのですが、これは形を変えています。

P1220041
くどいようですが、、去年と同じような写真があったように思いますが、違います。
この会場には後述する、しあわせココアの販売以外にも出店があります。
ただ、夏祭りのような出店とは程遠く、少なくて物足りませんでした。

P1220042
毎年売っている、しあわせココアです。
毎年のことですが、吉野葛の入ったココアです。
右にあるのが短冊で先程紹介した短冊と言うのがこれです。
(ちなみに短冊単品も100円で売ってます。)
ただ、私は願い事を書かずに持って帰りました。
ただ気になったのは、今まで新公会堂があったので、車いすトイレの心配をしなくても良かったのですが、ことしは新公会堂が会場に入っていない為、新公会堂の車いすトイレが使えないのが大きなデメリットではないかと思っています。
場所の変更もあり、道中、明るくなったと感じていますが、もう少し明かりがほしいと感じています。
 
バリアフリー度:★★★
理由:車いすトイレの案内が貧弱。またまだ暗い道が多いので歩きにくい。

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »