« 大久野島のうさぎ | トップページ | 津山まなびの鉄道館 »

2016年11月 9日 (水)

京都イルミエール2016

今年で5回目になる京都イルミエールに行ってきました。
るり渓温泉の恒例行事になったといっても過言ではないでしょう。
来年の4月9日までるり渓温泉で開催しています。
昨年と同様1月9日までの土・日・祝日と1月3日の入場料金が1,200円と言うこと。
その代わり1,200円の日はるり渓温泉発の最終送迎バスの時刻が21:00に繰り下がるのも昨年と同様です。
送迎バスでるり渓に来られる方は送迎バスの乗降場所が平日と休日では変わっています。
平日は本館前に停まりますが、休日はこぶし荘花あかりという別棟の駐車場に停まります。
P1320161入場してすぐの光のトンネルです。
例年このトンネルは変わりません。

このトンネルを抜けると昨年までとは変わっていました。








 
P1320165和をテーマにしていて和傘をライトアップしていました。

仕方がないとはいえ、妖精のオブジェがなくなったのは寂しいです。

また入口付近での電飾が心持少なくなったような気がします。





 
P1320159奥に入るとレイアウトが違いますが、光の海があります。

昨年ルミナリエみたいと称した、祝福のアーチも場所を変えてありました。

できるだけ奥の方に行ってもらうようにしています。
なんだかんだと言ってもこのイベントの目玉は一番奥で上映するオーロラショーだから。


 
P1320152一番奥にある広場のハートのオブジェです。

このハートに入るように写真を撮る方が多かったです。

そして、このハートの場所がオーロラショーを見る上でベストポジションに近いのです。

オーロラショーを見る際、このハートを目印にしたらいいでしょう。

 
P1320151ハートと同じく人気撮影スポットになっていたのがソリです。

このソリには座れるのでなかなか空席が出ずに撮影に苦労したスポットでもあります。







オーロラショーは力を入れているのがわかります。
P1320171 P1320177 P1320179オーロラショーを今年は3枚アップします。
人工的に作ったものではあるのですが、きれいなものはきれいです。

山の中と言うロケーションのため、寒さ対策や道の凍結に注意してください。

« 大久野島のうさぎ | トップページ | 津山まなびの鉄道館 »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 京都イルミエール2016:

« 大久野島のうさぎ | トップページ | 津山まなびの鉄道館 »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント

最近のトラックバック