« 岡山・香川休日おでかけパス | トップページ | 舞洲ゆり園2017 »

2017年5月30日 (火)

La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)

P1340393La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)に乗車してきました。

 

フランス語で木製の旅行鞄という意味のこの列車、昨年から運行を開始していましたが、正直言って、岡山から宇野までの区間でグリーン車に乗る価値があるのか疑問でした。
(ちなみにこの列車は全席グリーン車になります。)

高松まで運行が決まった時から乗ってみようと思いました。

やはり、景色のいいところを通ってほしいので、ありがたいニュースでした。
ただ、この列車全車グリーン車(指定)のため、青春18きっぷではグリーン券の追加だけでは乗車できず、吉備之国くまなくおでかけパスだと肝心な瀬戸大橋の区間に乗車できない。
で、前回紹介した岡山・香川休日おでかけパスを利用することにしました。

La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ)は毎週金曜日と岡山-尾道間を運行する「ラ・マルしまなみ」として毎週土曜日とお盆時期と金曜以外の祝日は岡山-宇野間を運行する「ラ・マルせとうち」として、そして、私が乗車した毎週日曜日に岡山-高松間を運行する「ラ・マルせとうち」として列車名が設定されています。
(JRの列車ですのでみどりの窓口で発売しています)

P13403952両編成で写真は1号車です。

左下のカウンターが低くなっているところが車いすスペースになっています。

カウンターの座席はフリースペースではなく座席として指定できます。

本当は2号車も写真を撮りたかったのですが、サービスカウンターがあり、従業員がいたので写真撮影を控えました。 

P13403971号車のトイレの部分です。

扉を開けた状態で撮影。

一応、車いす対応なのですが地元の新快速や北陸線の普通列車でこれより広い車いすトイレを見ると狭いと印象があります。

 

P1340399先程も紹介しましたが、車いすスペースです。

右にちょこっと写っている椅子が車いす利用者の座席になります。
この椅子だけは固定椅子ではありませんが、車いす利用者だと車いすのままの方が乗り心地は良さそうな気がします。

左上にあるのがコンセントで、これは車いす席だからではなく窓側の席にはついているものです。
携帯電話やノートパソコンを充電できます。
利用する方はコンセントの準備を。 

P1340401乗車記念証です。

実はこれの裏面がスタンプを押す台紙になっているのを知らなくてこれと台紙(と思っていたもの)の2枚貰ったのです。



  

P1340400先程の記念乗車証の裏面。

印刷物のようにきれいに押されたスタンプに上機嫌の西九条がいました。




  

P1340403電車発車後、しばらくすると紙製のおしぼりをいただきました。

ジュースは発車直前にサービスカウンターで購入した桃のジュースです。

岡山に清水白桃というブランド桃がありましてそれをジュースしたものです。

濃厚で美味しくいただきました。

ちなみにWi-Fiも使えるみたいです。

Lamarg車内改札(検札)です。

車内改札用のスタンプもオリジナルのものでソフト面での演出がすごいと感じ始めました。

ちなみに高松に(讃)がついているのはJRに高松駅が七尾線にも存在し、区別するため。

普通列車用のグリーン券ですので980円。
51kmから100kmまでがこの料金で、グリーン券はおとな・こども同額です。
もちろん、同区間を走るマリンライナーのグリーン車も同額です。 

P1340408列車の両端部に自転車を収納できるスペースがあります。

岡山-高松間のラ・マルせとうちは自転車の持ち込みはできませんが岡山-宇野間のラ・マルせとうちと岡山-尾道間のラ・マルしまなみ(尾道行のみ)は自転車の持ち込みができます。
輪行できる自転車が条件になります。

ちなみに写真に写っている自転車はディスプレイ、つまり飾り扱いです。

マリンライナーに乗ると児島を境に乗務員が変わるのですが、こちらは車掌は変わらずに高松まで乗務します。
児島到着前に瀬戸大橋を渡るときに見える島が描かれたイラストマップの手渡しがあり、瀬戸大橋を渡るときに先程の写真の左下にあるチェキで記念写真を撮ってもらえたりします。
(顔が不自由なのでチェキの写真は公開できません。)
細かい演出が盛りだくさんで楽しく過ごしました。

細かい話になりますが、2両編成の岡山寄りが2号車になります。
岡山行きを進行方向とする場合、1号車は進行方向左側が2人席、右側がカウンター席になり、2号車は進行方向左側がカウンター席、右側が2人席になります。
(複線の場合、進行方向右側だと反対列車を見ることになり、海の景色が見たい場合など反対列車の通過の分だけ景色が遮られます。)

瀬戸大橋は複線なので岡山行きの場合、2人席を希望する場合は1号車、カウンター席を希望する場合は2号車がお勧めになります。
(高松行きの場合は2人席を希望する場合は2号車、カウンター席を希望する場合は1号車がお勧めになります。)

いつもはこの区間はマリンライナーに乗っているわけですが、見える景色が違ったものになっていました。

« 岡山・香川休日おでかけパス | トップページ | 舞洲ゆり園2017 »

観光列車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ):

« 岡山・香川休日おでかけパス | トップページ | 舞洲ゆり園2017 »