« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月30日 (金)

無地ノートをスタンプ帳に

P1340477A5サイズのリングノートです。

全く個人的な話ですが、私はA5サイズのノートを使用していま す。

これより大きいとカバンに入りにくいというのが理由です。

今回はスタンプ帳にする話なので別にサイズや形状のことなんて個人で決めていただいた方がいいのですが、参考までに私の場合ということで書かせていただきます。
実際、ノートに記入するときは使いやすさや表紙にもこだわりを持つのですが、スタンプ帳にするなら罫線はない方がいいので無地というのが条件になります。
P1340481ノートの大きさはスタンプそのものがノートの大きさよりも大きいとスタンプそのものが押せないのであまり小さいノートは適さないと思います。

スタンプの大きさなんて設置場所によって千差万別で行ってみないとわからないのが現実。

とは言うものの、あまりにも大きいスタンプは押すのも大変なのでA5サイズで十分かと思います。
写真はA5サイズのノートを使って実際にスタンプを押しました。
スタンプは環状線西九条駅のスタンプです。
P1340478変わってこちらはB6サイズのリングノートです。

比較の対象でこちらにも同じスタンプを押してみました。








 
P1340480A5サイズよりもB6サイズの方が小さいため、同じスタンプを押しても余白が少ないのが分かっていただけます。

どちらがいいのかは好き好きなので割愛しますが、サイズはともかく、リングノートにしている方がスタンプが押しやすいと思います。
裏映りがあるので1枚の両面にスタンプを押すのではなく片側に押すのがいいでしょう。

 
P1340482最近、スタンプ台が固定されているところも多くなりました。

スタンプの押す方向が一定している反面、ノートの下の方に押せなくなる欠点もあります。

事実、上のノートでも西九条駅の下にはこの手のスタンプを押せませんでした。

なので、縦のノートでも横に使うのがいいと思います。
旅の記念としてもいいですし、スタンプラリーのように押すのもいいですし身近な駅や観光施設に置いているので誰でもいつでも楽しめます。
ノート代もさほど高くないので、地方別やテーマ別にスタンプ帳を作ってコレクションにしても面白いかもしれません。

 

2017年6月 8日 (木)

土渕海峡

P1340457写真は小豆島にある土渕(どぶち)海峡です。

これくらいの幅の川でさえ珍しくないのですが、海峡です。

世界一幅の狭いという形容詞が付きますが。

1番狭いところは幅が993㎝しかありません。

写真では見えにくいですが、「世界一狭い 土渕海峡 ギネスブック認定」と書かれています。

平成8年1月に認定されたらしく、まだ認定されてから20年ちょっとしか経っていません。
土渕海峡の左隣に映っているのが土庄町役場で、証明書を発行してくれるのですが、閉庁日に行ったので諦めました。

スロープもあるので写真の部分に車いすで行くことも可能ですが、あまりにも簡単に行けるので感動は薄いでしょう。

折角なのでこの海峡近くに
迷路のまちというのが小豆島の新たな観光スポットとして売り出しているようなので合わせて行ってみてはどうでしょうか?

2017年6月 6日 (火)

エンジェルロード

P1340448 小豆島にあるエンジェルロードに行ってきました。

潮の満ち引きで砂州が出現したり消滅します。

干潮時の時に道ができるので渡るなら当然干潮時ということになりますが、潮干狩りでも同じことが言えますが、日によって満潮時刻と干潮時刻は違うので事前に調べておく必要があります。

他にもサイトはありますがエンジェルロードのそばにある
小豆島国際ホテルのHPから干潮時刻が検索でき、干潮時刻から前後2時間は渡れると書いてあります。
P1340452実際干潮時刻を目掛けて行きました。

そうすると観光パンフレットの写真と様子が違います。

観光パンフレットは2人が並んで歩けるほどの細い道が映っていますが、この写真だとコントロールのいいもの同士ならキャッチボールができそうです。

難なく渡ることはできましたが…

とは言え、砂州なので正直言って車いすで渡るのはかなり困難。
非常にもったいないと思いました。
私が昔紹介した、鳥取砂丘でのランディーズという車いすをここでも導入できないだろうか?
近くに観光案内所があるうえ、広くはないけれど車いすトイレもある場所なのですが、観光案内所がもう少し大きかったらランディーズを置けたのかなと思えて仕方ありません。
P1340458その観光案内所でエンジェルロードに来た証明書も有料で発行しています。
1枚100円で日付を入れても入れなくても売ってもらえますが、残念な筆跡なので写真に撮るまでは筆跡が分からないようにしました。

ここにも外国人観光客が訪れていて、日本人が思っているよりも日本のことをよく知って来日しているのだなぁと感心しました。


 

2017年6月 4日 (日)

舞洲ゆり園2017

P1340422 7月5日まで開園している舞洲ゆり園に行ってきました。

この季節の年中行事という感覚で行っています。

ただ、写真で見ての通り、今のところあまり百合が咲いていません。

公式HPを見るといつでも見頃とは書いているのですが…

午後7時まで営業しているのが土・日のみでその土曜日に行ったのですが、夕暮れというには少し早い時間帯に行きました。
バリアフリーに関する情報も昨年の記事と大差ありません。
なので、いつもの写真と違った写真を公開したいと思います。
P1340426
いつもは全体を取っているゆり園の写真ですが、ゆりの花が少ないこともあって、反対に咲いているゆりに絞って撮影。









 
P1340438カサブランカ(白ゆり)のソフトクリーム。

バニラやマンゴーのソフトよりも150円高いのですが、ここしかないものだと毎年納得して購入。








 
P13404396月17日までの毎週土曜日にいけばなライブパフォーマンスがあります。

パフォーマンスで出来た作品です。

実はパフォーマンス中はゆりの花を見ていたので作業中は見ていないのですが、個人的には伝統を守りつつ、未来に進化を遂げるという意気込みを作品から感じました。



 
P1340441入口でもらえたポストカードです。

ポストカードは入場した週によってデザインが違うそうです。(全5種類)

あとヘリコプターの運行や気球の運行もあるのですが、私が行った日は気球の運行は天候のためなかったです。

イベントが多くなってきたと思う反面、食事関係は少なくなっているような気がしました。
ゆりの好きな方は是非。

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »