« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月21日 (日)

大阪まいしまシーサイドパーク ネモフィラまつり

P1400704 5月6日まで大阪まいしまシーサイドパークで行われているネモフィラまつりに行ってきました。

昨年まで舞洲ゆり園と呼ばれていた場所です。

昨年の台風20号でゆり園に海水が入り、塩害を起こしてゆりが植えられなくなったのでネモフィラという北米原産の植物にしたそうです。
ゆり園の頃は6月でしたが、2ヶ月ほど早まった感じです。
開園時間は9:00から17:00までですが、昨日と今日は特別に18:30まで行われているそうです。

舞洲ゆり園だった場所そのままの為、栽培がゆりからネモフィラに変わっただけなのでルートは同じでバリアフリー関係も同じです。

ただ、入場エリア内には今まであったトイレがないため(今までは簡易トイレがありましたが)、どなたも入場前にトイレに行っておいた方がいいと思います。
入場前も基本的には車いすトイレも含めて簡易トイレなので、気になる方は近くにある舞洲陶芸館のトイレを拝借することになります。
(公式HPにもそのような文言があるので問題ないでしょう。)
P1400709 ゆりと違うのは花の大きさでしょう。

ゆりの可憐という表現が合うなら、ネモフィラは可愛いという表現が似合うと思います。

舞洲の海と同系列の色なので合わないと言っていた人もいましたが、空の青と海の青が合うように、これはこれで映えると思います。

話はあまり関係がありませんが、オープンしてから1週間しか経っていないのに中国人観光客と思われる方もいらっしゃいました。

情報が早いなと感心してしまいました。 
P1400725 ゆり園ではないのでカサブランカのソフトクリームではなくて、ブルーアイという名前のソフトクリーム。

ネモフィラのエキスは入っていないと思いますが、ブルーがかった色がネモフィラの色に見立てたのでしょう。

普通に美味しくいただきました。

ちなみにこれを買うのに10分程並びました。

他のソフトクリームも売っていましたが、大半の人はこれを購入していました。

P1400758 4月なので日の入りがゆり園の頃よりも早いので、比較的早い時間に夕陽が拝めます。

しかし、ゆりと違って花が小さいことが災いして花が暗く見えてしまいます。






P1400760 やはり、夕陽でも陽の当たるような構図の方が合うのかもしれません。

私も知らなかったネモフィラという花。

大阪人の間でネモフィラの知名度が上がったかもしれません。




2019年4月20日 (土)

京阪七条ー京都ステーションループバス

Shichijoloop 2019年4月1日、京阪七条駅と京都駅(ザ・サウザンド キョウト)を結ぶ路線バスが開業しました。

その名も京阪七条ー京都ステーションループバスです。

京都駅から一番近い京阪の駅は七条駅になります。
京阪沿線の人間が京都駅に行くのにいくつかルートはありますが、七条駅から歩くという選択をする人もいます。

今回はそういう層を狙っているのか、丹波橋乗換にせよ、東福寺乗換にせよ、はたまた山上から地下鉄に乗り換えるにせよ、京阪電車を降りた時点で京阪とは関係のない交通機関に乗車することになります。
京都駅まで京阪オンリーで乗車してもらう戦略なのか、このバスの運行は京阪バスになっています。
また、ザ・サウザンド キョウトも京阪グループのホテルであり、このホテルと近くにある京都センチュリーホテル(こちらも京阪グループのホテル)の利用者および、京阪電車の利用者は写真の乗継割引券と現金100円でこの区間のバス(片道)に乗車できます。
(ちなみに乗継割引券がない場合は230円ですし、ICカードを使っても230円になります。)
また言うまでもありませんが、この区間を走っている市バスには乗継割引券は使えません。
 
このバスの凄いところは7時から21時まである運行時間帯、15分間隔で運行。
両駅間は無停車なので意外と時間が読めるのがメリットでしょうか。

オリジナルの塗装で運行しているので乗るバスはわかりやすいのですが、七条駅ののりばがわかりやすい位置にあるとは言え、地下駅である七条駅からバス停までの案内が不親切。

京阪電車に乗車してからこのバスに乗るのは乗継割引券がもらえますが、このバスに乗ってから京阪電車に乗るときには乗継乗車券が発行されないデメリットがあります。

1台で運行しているわけではないとは思うのですが、私が乗ったバスはワンステップバス(スロープ付き)だったので、乗車時間が5分そこそこなのにスロープを設置するのに同じだけ時間がかかりそう。
ノンステップバスにしてできるだけ乗降時間を短縮できるようにした方がいいと思われます。
京阪電車を利用したら100円で乗車できるのはメリットであり、具体的に京橋から京都駅までの運賃計算をすると…
京橋-七条ー京都(本バスルートを使用した場合) 400円+100円=500円
京橋―丹波橋―京都(丹波橋で近鉄に乗り換え)  390円+210円=600円
京橋―東福寺-京都(東福寺でJR奈良線に乗り換え)400円+140円=540円
京橋―(大阪)-京都(環状線で大阪まで出てから京都まで行くJRオンリー)800円
念のために出発地を京橋から枚方市や寝屋川市に変えてもバス利用のルートが一番安かったです。
乗り比べても面白いかもしれません。

2019年4月 5日 (金)

フックフックフック

ある日のこと、ちょっと遠出をした時に普通電車の取っ手の部分にS字フックをかけてコンビニで購入したと思われるお菓子やペットボトル飲料が入ったレジ袋をかけていました。
なるほどと感心しました。
車内にフックがあればいいのですが、普通電車だとフックなんてないことが多いですし、あっても飲み物やお菓子ではなく、コートをかけるような場所にフックがあるので座りながら物を取るというわけにはいきません。
そこで、今回は100均で購入できるフックを採りあげたいと思います。
Hookb1 まずは冒頭のS字フックを少し見た目を良くしたもの。

また、どんくさい私はS字フックそのものを落とすことがよくあるので、床に落とすリスクが少ないマジックテープで止めるタイプのもの。

よくベビーカーにこれを付けてスーパーで買い物をした食料品をこれに引っ掛けています。
マジックテープで取り外しができるので車内の取っ手にもすぐに取り付けられます。
この写真の商品の場合、耐荷重は2kgなので、ペットボトルを何本も入れない限り壊れることはないでしょう。
S字フックと違い、フック部分の方向が変えられるので向きを変えて袋の中が取りやすいです。
Hookb2取り付け例です。

この商品のありがたいところはフックの大きさが2つあり、その気になれば2つかけられることです。

リクライニングができる特急車両の場合だと取っ手の部分がげんこつのようなタイプになっていることが多く、この商品もS字フックも取り付けられません。

普通電車ならではだと思います。



 
Hooka1 次に吸盤タイプのフックと採り上げたいと思います。

通路側に座れば先程のフックでもいいのですが、窓側には手すりがないので、役に立ちません。

そういう時はこちらの吸盤タイプのものでガラス面に八付ける方法です。
この写真の商品の場合、耐荷重は3kgです。
ただ単に吸盤に貼り付けるのではなくフックの部分を上から下におろして吸盤力を上げることで耐荷重を確保できています。
Hooka2 こちらも取り付け例です。

最近の車両は窓枠の部分にペットボトルくらいなら置けますが、古い車両の場合やお菓子はさすがに置けません。

このタイプだと吸盤を取るのに少々時間がかかるので、慌てて取り外さなくてもいいように早めにとるのがいいでしょう。

どちらの商品もプラスティック製なので雑に扱うとフックが折れることがあります。
100均で購入できるとは言え、電車の中でフックが折れると100均までの道のりが長かったりします。
意外と重宝するグッズになるかもしれません。

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »