« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月14日 (日)

フリーズドライ納豆

最近、健康のため納豆を毎日食べるようにしています。

身体にいいのは分かっているけれど、日本人でも好き嫌いの分かれる食べ物です。
大阪人でありながら納豆は嫌いでない為毎日納豆を食べることそのものは苦痛に感じません。
むしろ、外出することが多い私が毎日納豆をどうやって食べるのかというほうが課題になります。
始発電車に乗る私が自宅で納豆を食べるのはほぼ不可能。
だからと言って乗り物に乗っているときに納豆のパックを開けるのは絶望的。
外出先の食事処で食べるか、宿泊施設の朝食で食べるか…と選択肢が少なくなっていきます。
(私の場合、圧倒的に日帰りが多いので、宿泊施設と言う選択肢があまりありません。)
P1410334 そこで登場するのがフリーズドライの納豆と言うことになります。

これだと臭いが控えられているので乗り物の中でも食べられます。
(とは言え、臭いが全くしないわけではありませんので、納豆の臭いが全く受け付けられない方はフリーズドライの納豆でも食べられないと思われます。)

意外なハードルがあるとするとフリーズドライの納豆を売っているところを探すこと。
私もスーパーを何軒か見てみましたが、なかなか売っていません。

ようやく見つけた場所は駄菓子専門店の中にある豆菓子やおつまみのコーナー。
メーカーを見たらカンロと書いてあったのでお菓子屋さんだと販路があるなと思いました。
ちなみにカンロのHPを見たら、写真のドライ納豆の他に容量を少し少なくした100均ショップ販売用のドライ納豆も製造しているみたい。
納豆にはナットウキナーゼという酵素が含まれており、これが血栓を溶かす作用があるそうです。
小さな血栓が肺の静脈を詰まらせたのがエコノミー症候群です。
同じ姿勢を長時間いるときに発生するので軽い運動をするのがいいのですが、飛行機のエコノミークラスだとそれがままならないのでエコノミー症候群と名前がついていますが、言うまでもなくエコノミークラスだけで起こるものではありません。
帰省シーズンで通路にも人が立っているような特急電車の車内でも起こりえる話です。
起こらないに越したことはありませんがエコノミー症候群対策にフリーズドライ納豆をカバンに入れておくのもいいと思います。
実際に日本航空の国際線にエコノミークラス症候群対策のために機内サービスで用意していたりします。

購入の際、注意しなければいけないのは納豆に含まれるナットウキナーゼですが、熱には弱く、油脂で揚げたドライ納豆や納豆ふりかけはナットウキナーゼが壊れてありません。
ですので、高温製造しないフリーズドライの納豆や干し納豆にしてください。
それと実際に持って行く前に一度その商品が口に合うか確かめてください。
折角準備したのに辛くて食べられなかったら意味がなくなりますから。

2019年7月11日 (木)

青春18きっぷをチケットショップに売却

P1010456 今季の青春18きっぷが発売されました。

昔は写真のようなタイプの青春18きっぷ(常備券)を使用していたのでJRの駅で購入していましたが、今は常備券がなくなって発売時に印字されるタイプしか売らなくなりましたのでチケットショップで購入しています。

幸い、梅田と言う日本で1位2位争えそうなくらいチケットショップの多い地区が近いので梅田のチケットショップで購入しています。

JRのみどりの窓口などで青春18きっぷを購入すると今季までは1枚(5回分)11.850円ですが、私が今回購入した18きっぷは1枚(5回分)で11,450円です。今回2枚購入しました。
(10月に消費税率が上がるので、投稿日現在、今冬の18きっぷの発売額の正式発表はされていませんが発売額が上がると思われます。)
投稿日現在、今期の青春18きっぷはまだ使えないので(7月20日からしか使えません)、5回分しか発売されていません。

言うまでもないですがチケットショップまでの交通費がかかると安く手にする意味がないので、素直にJRの窓口で購入しましょう。
ちなみに私の場合は大阪駅前第4ビルの特設会場というジャンボ宝くじの1等の当選本数が日本一出るところで宝くじを購入するので宝くじの購入のついでがあるので交通費がかかるという事情は無視しています。

ここからが本題。
チケットショップでない限り5回分の青春18きっぷしか売っていません。
そして、1回でも使うとJRの窓口では払い戻しはしません。
私は今期の青春18きっぷを2枚購入しましたが、10回乗れると思っていません。
土曜日か日曜日に18きっぷを使う私は余った回数は売ろうと思っています。
有効期間を過ぎた18きっぷはただの紙切れです。
なので、紙切れになる前に売ります。
で、私が今回18きっぷを8回使う予定です。
ですので、2回分を売ることになります。
実は残り1回分の18きっぷは意外と需要があります。
私がよく行く梅田のチケットショップは既に買取価格も表示されています。
残り1回分の買取価格は3,000円。
残り2回分の買取価格は5,400円。
これが梅田付近の衛星都市の駅前にあるチケットショップで売却すると1,000円近く安い金額でしか買い取ってくれません。
この場合は電車賃を払ってでもチケットショップの激戦地で売る方がいいでしょう。
ここまでの話だと8回使う私の場合、残り1回の18きっぷを2枚にして売ったら買取価格は6,000円で万々歳…
とはいきません。
チケットショップも商売です。
有効期限が切れた青春18きっぷはただの紙切れになります。
9月の7日か8日に使い、9月9日にチケットショップに売りに行ってチケットショップが買い取ってくれるとは思えません。
今期の青春18きっぷの有効期限は9月10日ですから。
なので私の場合、3回使って残り2回分を売ってしまい、残りの5回分を使い切るという方法を取ります。
買取価格が高いのはお盆前ぐらいでそれから買取価格は下がるので状況に応じて売却を考える必要があります。
私の場合は1人で使うから敢えて残り2回分の状態で売却しますが、これが複数人で使うような場合なら残り1回分を2枚にした方が売りやすいし買取価格も高いです。
またチケットショップの激戦地の場合だとあと1回分だけ追加でほしい場合、残り1回分を購入するより、残り2回分を売り、残り3回分を購入するという手もあり、その方がトータルで安くなることもたびたびあります。
ただし、残り4回以下の青春18きっぷは誰かが使って売却しないとお店に在庫がないということもあるのでそのあたりも念頭に置いた方がいいでしょう。

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »