« 市内電車バス1日フリーきっぷ(富山地方鉄道) | トップページ | スーパー早特21 »

2020年4月12日 (日)

baggage160

【注】この記事は後日加筆いたします。

2020年5月20日乗車分から東海道・山陽・九州新幹線でbaggage(バゲッジ)160が開始されます。
もともと東京オリンピックが契機で作った制度ですが、コロナの関係で東京オリンピックが1年延期となりましたが、制度導入の延期のアナウンスがないので、この制度は予定どおり開始されるのでしょう。

既にご存知の方もいらっしゃいますが、改めて説明します。

これから自由に置けた車両の最後部にある座席の後ろのスペースを事前に予約をしなけらば行けなくなります。
ちなみに座席まで配置の決まっている東海道新幹線の場合、以前に書いた通りになります。

事前に予約をしなくて乗車列車にこのスペースを使う場合、税込み1,000円の持ち込み手数料がかかります。
また、券売機やネットでは特定の指定席を選択、みどりの窓口では「特大荷物スペースつき座席」を指定して購入することになります。
注・ここでいうネットとは東海道・山陽・九州新幹線を運行しているJR東海・JR西日本・JR九州が運営しているネットサービスであり、JR東日本が運営している、えきねっとは対象外です。

新幹線の網棚は縦・横・高さの和が160cm以内だと収納できるらしいのですが、ベビーカーの利用者もこの座席を予約できます。

また、事前に予約をする場合、一般の指定席特急料金やグリーン料金と同額です。
自由席や一部の指定席号車にはbaggage160の設定はないのですが、一部の指定席号車というのは個人的には車いすスペースのある場所なのかなと想像します。
わざわざTwitterのアカウントまで用意されていますが、これで周知ができるとは到底思えないのが個人的な感想で、しばらくはこのスペースをむぐってトラブルが起こりそうです。

« 市内電車バス1日フリーきっぷ(富山地方鉄道) | トップページ | スーパー早特21 »

鉄道車両」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市内電車バス1日フリーきっぷ(富山地方鉄道) | トップページ | スーパー早特21 »

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック