« 近鉄特急ひのとり | トップページ | りんかい線1日乗車券 »

2021年11月13日 (土)

ずらし旅1day東京

来年の3月末まで(12月28日から1月4日までを除く)東京までの往復の新幹線(ただし列車限定)に日帰り往復するJR東海ツアーズの旅行商品である「ずらし旅1day東京」を利用しました。
平日にしか行われないイベントに行くので何日も有休を取るわけにはいかないので私にとってかなり都合のいい旅行商品です。
Platzurashitabi 列車は限定されますが、朝イチの新幹線でも選択できるし、最終新幹線で帰るのも選択肢に入っているのでありがたいです。

今までこの手のプランだと始発ののぞみや最終のぞみは除外されていたのですがこのプランはどちらも利用できるのがいいです。

新大阪発だと平日出発で19,900円、土・日・祝日出発だと21,200円と普通に東京まで行った場合、片道14,520円(のぞみ指定席・通常期)で、障害者割引を利用しても10,060円と平日出発なら障害者割引を利用してもこちらの旅行商品を使うのが安くなります。

現地で使える電子クーポンが貰えたりするのですが、個人的に要らないと思っていたのですが、東京駅一番街でも使えると知ったのでお土産でもと思い使ってみることにしました。
東京で用事を済まし、東京駅一番街に行きます。
電子クーポンを使うにはスマホが必須で現地に貼られたQRコードを読み取ります。
が、このQRコードの貼られている場所が問題で、東京駅一番街全体で使えるわけではなく、各店舗にQRコードが貼られています。
クーポンは1,000円分なのですが、お釣りなどは出ませんし、1店舗だけしか使えません。
しかも、店内に入ってからQRコードが貼られているのでレジ前まで行ってQRコードが貼られているのを確認してから利用するかどうか決めるので密を避けるためのずらし旅なのに店内が密になっては本末転倒。まだ、実施期間があるので今からでもQRコードを貼る場所を店舗入口付近に改めた方がいいと思いました。
QRコードを読み取るとクーポンの所持者を判別するのにお問い合わせ番号を入力します。
旅行商品なので当然、旅行案内書が送付もしくは手渡しされます。そこに記載されているのがお問い合わせ番号になります。
クーポンを入手して会計時に決済画面を見せるとOKです。
東京駅一番街での利用の場合は事前に予約は要らないですが、一部の体験コースには事前予約が必要です。
(東京駅一番街のクーポンも体験コースという枠に入ります。)
少しダメ出しはしましたが、取り組み方としては面白いので、電子クーポンという手段はこれから定着するのではないかと思います。

« 近鉄特急ひのとり | トップページ | りんかい線1日乗車券 »

事前購入専用」カテゴリの記事

旅行商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近鉄特急ひのとり | トップページ | りんかい線1日乗車券 »