« うずしおクルーズ(咸臨丸) | トップページ | 金閣寺 »

2023年7月 6日 (木)

新幹線eチケットサービス

Shinkanseneticket 新幹線eチケットサービスが導入されてから3年ちょっと経ちましたがやっと使う機会が訪れました。
 
このサービスはえきねっともしくはe5489で全国相互利用できる10の交通系ICカードをあらかじめ登録し、ネット上で決済したら、普通では乗車できないICカードで乗車できるサービス。
 
えきねっとは東北・上越・北海道・北陸新幹線・山形・秋田新幹線の区間(ただし盛岡以北と山形新幹線の福島以北の特定特急券は未対応)で利用できますが、e5489は北陸新幹線区間のみ利用できます。
(e5489では東北新幹線などの予約そのものができません)
 
私は投稿日現在、えきねっとの会員ではないため、e5489で予約しました。
ですので必然的に北陸新幹線の区間の乗車になります。
 
乗車区間は糸魚川から黒部宇奈月温泉までのちょこっとの区間。
 
指定席だと通常よりも200円安いのですが、それ以上に自由席の値段の方が安いので自由席です。(隣の駅なので新幹線自由席特急料金は880円になりますが、指定席だと通常期で2,400円になります。)
 
本来、自由席だと乗車列車に記載はないのですが、eチケットには乗車列車の記載があります。
もちろん、自由席は記載列車でなくても乗車できます。
 
糸魚川発のこの時間、並行在来線に当たるえちごトキめき鉄道の列車まで待つとなると大阪まで帰れないのでこの区間だけ新幹線を利用して黒部宇奈月温泉駅とほぼ同一にある新黒部駅から富山地鉄で新魚津まで行き、そこから北陸おでかけtabiwaパスと敦賀から先の乗車券を使って大阪に帰りました。
 
先に決済をしているので交通系Cカードに残額が足りなくても乗車できます。
 
急いで新幹線に乗車するときに電車の中でも決済できるので便利ですが、JR乗車区間と新幹線乗車区間が違うと高くつくケースが多いのが欠点です。
 
また、現状では障害者割引が使えないのですが、来年には障害者割引が使えるようになります。

« うずしおクルーズ(咸臨丸) | トップページ | 金閣寺 »

e5489専用」カテゴリの記事

えきねっと専用」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うずしおクルーズ(咸臨丸) | トップページ | 金閣寺 »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック