期間限定

2021年9月15日 (水)

関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ

Kansai_kinko

e5489で購入した関西近郊 休日ぶらり旅きっぷです。
投稿日現在、9月26日(日)までの期間限定です。
 
乗車日の前日までに購入しなければいけないきっぷですが、e5489で予約してクレジット決済やコンビニで入金したらきっぷへの引き換えは当日でもOKです。
 
関西1デイパスとJRのフリー区間は同じです。

しかし、関西1デイパスでは特急券を購入したら(在来線の)特急に乗車できましたが、この切符ではできません。
そして、私鉄のフリーパスなどにも引き換えができません。
また、関西1デイパスと違い、使用日が土・休日しか使えません。
意外な盲点と言えば、フリー区間のみどりの券売機で購入できる関西1デイパスと違い、こちらはフリー区間といえどきっぷの引き換えもできない場所がある点です。
(主なところだと滋賀県内や大久保以西では引き換えできません。)
 
その分きっぷ代が2,500円と関西1デイパス3,600円の1,100円安いです。
関西1デイパスだとフリーエリアの中心に住んでいる人だとあまりお得感が無かったのでしょう。
きっぷ代が安くなったので、元が取りやすくなったと考えるか、私鉄に乗車できなくなって要らないと思うかはその方次第ですが、個人的には安くなった分、障害者割引が受けられる方も元が取りやすくなったと考えるタイプです。
とは言え、エリアが広い分、バリアフリー化されていない駅も多いのでバリアフリー度は★★★と3つにしておきます。

2020年2月 3日 (月)

京阪・Osaka Metro一日フリーチケット

P1430201 昨年の10月1日から今年の3月末まで発売している京阪・Osaka Metro一日フリーチケットです。
(有効期限は4月の末までです。)

今までありそうでなかった企画乗車券で、大人1,600円です。

フリーエリアは京阪線(京阪本線・鴨東線・中之島線・交野線・宇治線)及び石清水八幡宮参道ケーブル、Osaka Metro全線、大阪シティバス全線(ただし住之江公園―USJ間のバスとIKEA行きのバスを除く)が1日乗り放題です。

京阪線でのみ使用できる「京阪電車 大阪・京都1日観光チケット」は1,300円なので、期間限定とはいえ、300円の追加でOsaka Metroと大阪シティバスに乗車できるのはありがたいです。

特典は「京阪電車 大阪・京都1日観光チケット」とOsaka Metroのエンジョイエコカードの両方の特典があります。
購入できる場所が限られるので購入時は大変ですが(特に京阪側の発売駅。Osaka Metroは全駅にある駅長室で販売)、「京阪電車 大阪・京都1日観光チケット」とは違い、予め購入できて改札機に投入した日が有効日なので使い勝手はいいです。

Osaka Metroの方は全駅バリアフリー駅なので問題はないですが、京阪側はバリアフリー化されていない駅があります。(鳥羽街道駅、現在、伏見桃山駅の改札外エレベーターが使えません)、また石清水八幡宮参道ケーブルも階段があります。
なので、バリアフリー度は★★★とします。



2019年12月 1日 (日)

いい古都チケット(阪急阪神版)

Iikotohankyuhanshin 写真はいい古都チケット(阪急阪神版)です。

毎年春と秋のシーズンに発売され、今回の分は今月の23日までです。

このチケットを使った主な理由はAブログの為ですが、それでは阪急阪神1dayパスでもいいわけですが、期間限定であるこちらのほうが割安感があったのでこちらにしました。
いい古都チケットの有効区間は京都の市バス・地下鉄全線と京都バスの特定区間(とは言え、使えないのは市原・大原以北・西山高尾・比叡山程度)
以前に紹介した京めぐり②と地下鉄とバスのエリアは同じです。
これに阪急阪神版は阪急および阪神全線(どちらも神戸高速線を除く)がフリーエリアになります。
神戸高速鉄道版や山陽電鉄版、神戸市営地下鉄版、神戸電鉄版、能勢電鉄版、北神・神鉄版とありますが、阪神電鉄に乗れるのは今回紹介している阪急阪神版のみ。
なので、1番お得感があります。
阪急阪神1dayチケットが1,200円、いい古都チケット(阪急阪神版)が1,600円(いずれも投稿日現在の値段)なので、阪急阪神1dayチケットを持って、四条烏丸から地下鉄で京都駅まで往復乗ればいい古都チケット(阪急阪神版)よりも高くなります。
チケットのQRコードを読み取るとこちらのサイトにアクセスできます。
地下鉄は言うに及ばずバスもノンステップバスが増えたのでバリアフリー度が上がってきました。
最近、バスが渋滞で定時運行が難しいので、地下鉄や阪急とバスとの乗り継ぎがかえってスムーズになりケースが多いです。
京都市交通局発行の地下鉄・バス一日券とは違い、京阪バスには乗車できませんが、使い勝手のあるきっぷだと思います。

2019年8月12日 (月)

お盆一日フリー乗車券(愛知環状鉄道)

P1410640愛知環状鉄道の8月10日から18日までしか発売しないお盆一日フリー乗車券です。

岡崎から高蔵寺まで50㎞弱の距離のフリーきっぷで1,500円しますが、いつもはフリーきっぷそのものを発売しないので、つい使ってしまいます。

どちらかと言えば住宅地を走っているので、観光向けではありません。

とは言え、岡崎から高蔵寺まで乗り通すと普通運賃が870円する鉄道路線なので、元が取れやすい方もいるとは思います。

発売駅が限られており、JRとの連絡駅である岡崎と高蔵寺では購入できません。

私のようにJRのきっぷを持っている場合、岡崎か高蔵寺から発売駅まできっぷを購入します。
岡崎の場合なら中岡崎、高蔵寺の場合なら瀬戸市駅までそれぞれ230円、280円のきっぷを購入。
発売駅まで乗車したら改札機にきっぷを投入せずに窓口でこのフリーきっぷを購入する旨を伝えます。
そうすると発売額から購入済みの運賃分を引いて発売するか、先に運賃を返してから改めてきっぷ代を請求するかのどちらかになります。
車いすの方の場合、エレベーターの設置駅が限られているのでエレベーターのある三河豊田、新豊田、八草、瀬戸市で購入するのがいいでしょう。
障害者割引が受けられる方がこのきっぷで元を取るのは難しいうえにエレベーター設置駅も少ないので、バリアフリー度は★★とします。

2019年2月18日 (月)

鳴門満喫きっぷ

Narutomanyu鳴門に行ってきました。

今年の3月31日まで発売されている(注・発売期間が延長される可能性はありますが投稿時の発売期間はこの日までです。)「鳴門満喫きっぷ」です。

大阪と神戸から徳島行きの高速バス(徳島バス及びその共同運行会社)で高速鳴門(往路のみ鳴門公園口で下車も可)までの往復に100円を加えるだけで鳴門市内を走る徳島バスの路線バスが2日間乗り放題のきっぷが付いています。

同じ高速鳴門のバスストップに到着してもJR系のバスにはこのきっぷの販売はありません。
ちなみに私は神戸からこのきっぷを使いました。
理由は以前、このブログで書いた通りです。

このきっぷの注意点は以下の通りです。
1 インターネットでの販売はないので直接窓口(具体的な場所は後述)に行くか、予約センターに電話をかけること。
2 予約センターに電話をかけますが、きっぷの受け取りは取扱窓口は大阪側はなんばにある南海高速バスターミナル、梅田にある阪急三番街バスターミナル、ハービスOSAKAで、神戸側は神姫バス神戸三宮バスターミナルです。(言うまでもありませんが鳴門側ではこのきっぷは販売していません。)
3 鳴門市内を走っている路線バスは徳島バスの路線だけで、鳴門市地域バスには乗車できないことと乗り換えなしで徳島市内に行けても基本的には鳴門市以外まで乗車するときは鳴門市にある最後のバス停からの乗車運賃を別途払うことになっています。
(ただし、もともと鳴門市営バス路線だった鳴門大麻線と引田線は全線乗車できます。)
4 高速舞子を乗降地とする鳴門満喫きっぷの販売はありません。
5 意外なことですが、往復割引よりも安い運賃で行ける早割7があり、行く場所によっては早割7と鳴門市内でその都度運賃を払う方が安いこともあります。早割7の購入期限を過ぎた場合はこちらしかないですが、私のようにバスに乗りまくることが目的でないなら運賃計算をする方がいいでしょう。

このきっぷでいろんな施設で割引やサービスが受けられるのでそれらを活用したり、フリーきっぷの良さはいちいち小銭を用意しなくてもいいところでもあります。
ちなみにこのきっぷ、鳴門市内についてからのフリーきっぷ(例えば、鳴門市内バス1日乗車券)はありません。

障害者割引を受けられる方がこのきっぷを購入するメリットはないのでバリアフリー度は「未評価」とします。

2019年2月 3日 (日)

京めぐり②

Kyomeguri2近鉄の指定区間と京都市バス地下鉄全線と京都バスの指定区間に乗車できるフリーきっぷの「京めぐり」です。

一応、期間限定ですが、使えない期間のがひと月もないフリーきっぷで、2019年の場合、1月15日から12月23日まで販売・使用できます。

 

以前に紹介した新春おでかけ京阪奈1dayパスと違い、磁気カードのままです。

タイトルに書いてある通り、このフリーきっぷの写真は京めぐり②です。
①と②の違いは近鉄区間の指定エリアの違いで、きっぷの裏面にフリー区間が記載されていますし、写真の表面にも②の文字があります。
②が使える近鉄の区間は主に京都府と奈良県の近鉄の路線でスルッとKANSAIの使用可能エリアだった区間になります。
もっと具体的に言いますと、近鉄京都線・橿原線・天理線は全線、奈良線・けいはんな線は生駒以西、生駒線は全線、大阪線は関屋から三本松間、南大阪線・吉野線は二上山から壺阪山まで、御所線は全線に乗車できます。
②の方のきっぷ代が2,130円です。

が使える近鉄の区間は主に京都府と奈良県の近鉄の路線で奈良斑鳩1dayチケットの近鉄路線の中からケーブル線が除外されています。
もっと具体的に言いますと近鉄京都線・橿原線は京都から筒井まで、奈良線は生駒以西となります。
①の方のきっぷ代が1,820円です。
大阪に住んでいるので京めぐり①を使うなら奈良斑鳩1dayチケットを購入した方がいいので私がこのきっぷを買うなら②の一択になります。

ただ、このきっぷ販売場所に注意が必要で、京都や丹波橋、生駒は両方売っていますが、近鉄奈良や大和西大寺、大久保や新田辺など①は販売しても②を販売していない駅があります。
発券作業なんてないのに不親切ではあります。

個人的には京都から(大阪線)榛原までの片道が1,070円なので往復したら元が取れるのでお勧めですが、障害者割引が使える方が元を取るのはハードルが高いと思います。
エリア内でバリアフリー化がされていない駅の方が少ないので物理的なハードルは低くなってはいますが…

あと券面に載っているQRコードを読み取ると特典などが掲載されているページにアクセスできます。そういう新しい試みは評価したいと思います。

2018年6月 3日 (日)

舞洲ゆり園2018

P1370745 7月1日まで開園している舞洲ゆり園に行ってきました。この季節の年中行事という感覚で行っています。

ただ、写真で見ての通り、今年は結構ゆりが咲いていましたが全く咲いていないような場所もありました。

公式HPを見るといつでも見頃とは書いているのですが…



午後7時まで営業しているのが金・土・日のみでその土曜日に行ったのですが、今年は夕方に行きました。バリアフリーに関する情報も一昨年の記事と大差ありません。
P1370795 なので、いつもの写真と違った写真を公開したいと思います。

いつもは全体を撮っているゆり園の写真ですが、この写真はゆり園で売っている鉢植えのゆりです。

夕暮れ時に撮影した鉢植えのゆり。

いつもはゆり園の趣旨に沿わないので撮影そのものをしなかったのですが、あまりにもワンパターンなのでこれぐらいしないと…と思い、鉢植えの満開のゆりを撮影しました。

P1370801こちらは鉢植えではありません。

このようなショットを取るために場所取りをしている人たちが結構いました。

その人たちの邪魔にならないように撮影をしたので場所取り組の人たちの写真を比べると見劣りがするかもしれませんが、私自身場所取り組の写真を見ることはないのであまり気にしないようにしています。


 

P1370766期間限定物の記事なのでできるだけ早く現地に行くことが私のモットーなのですが、特に舞洲ゆり園だけは早めに行かないと梅雨のシーズンになるので基本的に屋根なしの施設なので園内散策が大変なのでゆりが咲いていないにもかかわらず早めに行きます。

ただ、今年は生育が早いものは既に花びらが散っているのもありました。

(こう書くと先程と話が違うと言われそうですが、植えている場所とゆりの種類の違いで矛盾はしていません。)
P1370774 カサブランカ(白ゆり)のソフトクリーム。

一応、今年は今年でまた撮影しました。バニラやマンゴーのソフトよりも150円高いのですが、ここしかないものだと毎年納得して購入。

ただ、開園時期が開園時期だけにさっさと写真撮影しないとソフトクリームが溶けてしまうので、時間との勝負です。

インスタする方は撮影場所とカメラの準備をしてからソフトクリームを購入することをお勧めします。
ゆり園と何某かのセット券が増えた半面、ゆり園での食事は貧弱になってきましたので、ゆり園で何かを食べて…というのは難しく、ゆり園自体、食べ物の持ち込みは禁止されているので弁当を広げるといったこともできません。さらに、舞洲全体で見ても供食施設が貧弱のため先程のセット券を購入するか別の場所で食事をするか食事対策を事前に考えたほうがいいと思います。

2017年6月 4日 (日)

舞洲ゆり園2017

P1340422 7月5日まで開園している舞洲ゆり園に行ってきました。

この季節の年中行事という感覚で行っています。

ただ、写真で見ての通り、今のところあまり百合が咲いていません。

公式HPを見るといつでも見頃とは書いているのですが…

午後7時まで営業しているのが土・日のみでその土曜日に行ったのですが、夕暮れというには少し早い時間帯に行きました。
バリアフリーに関する情報も昨年の記事と大差ありません。
なので、いつもの写真と違った写真を公開したいと思います。
P1340426
いつもは全体を取っているゆり園の写真ですが、ゆりの花が少ないこともあって、反対に咲いているゆりに絞って撮影。









 
P1340438カサブランカ(白ゆり)のソフトクリーム。

バニラやマンゴーのソフトよりも150円高いのですが、ここしかないものだと毎年納得して購入。








 
P13404396月17日までの毎週土曜日にいけばなライブパフォーマンスがあります。

パフォーマンスで出来た作品です。

実はパフォーマンス中はゆりの花を見ていたので作業中は見ていないのですが、個人的には伝統を守りつつ、未来に進化を遂げるという意気込みを作品から感じました。



 
P1340441入口でもらえたポストカードです。

ポストカードは入場した週によってデザインが違うそうです。(全5種類)

あとヘリコプターの運行や気球の運行もあるのですが、私が行った日は気球の運行は天候のためなかったです。

イベントが多くなってきたと思う反面、食事関係は少なくなっているような気がしました。
ゆりの好きな方は是非。

2017年5月29日 (月)

岡山・香川休日おでかけパス

Okayamakagawa9月末まで発売(10月1日使用分まで)している岡山・香川休日おでかけパスです。

利用日の前日までに購入しなければいけないのは
吉備之国くまなくおでかけパスと変わりません。
発売場所は吉備之国くまなくおでかけパスで発売箇所(=JR西日本岡山支社管内のみどりの窓口や旅行会社)の他に香川県内のみどりの窓口や旅行会社です。

なので、JR四国のワープであっても香川県内にあっても購入できませんし通信販売もできません。

吉備之国くまなくおでかけパスと違うのは土休日しか使えないこと。
期間限定であること。
香川県内のJRは乗れるのは当然のことですが、吉備之国くまなくおでかけパスと違うのは岡山側のフリー区間は岡山支社の範囲ではなく岡山県内のJRに限られることです。
(吉備之国くまなくおでかけパスは井原鉄道と岡山電気軌道つまり市電にも乗れます)

ですので、吉備之国くまなくおでかけパスとは違い、購入できるけれど購入場所から使えない駅(福山とか尾道など)があります。
とは言え、吉備之国くまなくおでかけパスよりも520円高いだけで瀬戸大橋を渡れるのは魅力です。

特急料金を払えば特急に乗れるのも吉備之国くまなくおでかけパスと同じルールです。
(だたし、寝台には乗車できません)

岡山から高松まで快速マリンライナーに乗車したら片道1,510円で障害者割引を受けられない人だとこの区間の往復でフリーきっぷ代の2,500円の元が取れます。
障害者割引が受けられる方だと岡山から高松の往復と片道1,000円くらいのところに移動しなければ元が取れないので難易度が高いです。

2017年4月18日 (火)

あおなみ線一日乗車券

P1340111あおなみ線一日乗車券です。

現在発売されている一日乗車券は5月7日までの期間限定です。

今まであおなみ線は一日乗車券の類を発売してこなかった記憶があります。

それが昨年の夏に期間限定で発売されました。その時は既にほかのスケジュールが決まっていたので諦めましたが今回はスルッとKANSAI3dayチケットが終売していたこともあり、こちらのきっぷを買うことにしました。
(今までならこの時期はスルッとKANSAI3dayチケットを使って移動していたので名古屋に行かなかったと思います。)
この一日乗車券がなかったので利用するときはポートメッセなごやに行くときしかあおなみ線を使うことがなかったのですが、これを使って他の駅を降りることができました。
この一日乗車券は800円で名古屋から金城ふ頭まで片道350円なのでポートメッセの帰りにどこかに立ち寄れば元が取れるのですが、障害者割引が受けられる方が元を取るのは厳しいかもしれません。
(エレベーターは全駅に設置しているので移動そのものは問題ありませんが…)
ちなみに私はラブライブのイベントに行っていないことを付け加えておきます。

より以前の記事一覧

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のコメント

最近のトラックバック